話題の泉TWF

*

下半身だけ、足だけ痩せることはできないんだぜ。正しい部分痩せの方法。

      2015/07/27

部分痩せ 方法

 

部分痩せ・・・特に下半身!太ももやお尻が気になる!

 

こういう人は絶対に多い。特に女性だ。俺の周りの人間はもちろん、このブログを見てくれている人人達も部分痩せ願望は多い。質問もありますね。いつもありがとう。

当然二の腕や腰回り等の上半身バージョンもあるだろう。「ここがもうちょっと細くなったらグッとスタイルが良くなるのにな~」なんて思ったこと無いかね? 俺はありますぞ!

 

他の記事でチョコっと書いた気がするが俺の下半身は極めてバランスのいい形をしており、学生の頃のイベントで女装をした時なんか友人の女性に羨ましがられるほどだ。すね毛も全部剃る徹底ぶり!よーく見るとスカートからはみ出すマッチョ感がキモいんだけどね!

対して上半身はぷにぷに。特にダイエット直前の太ってる時は完全にモンスターだ。太ももから下だけ細いのに上半身はクリーチャー。神様は俺が嫌いなんだろうか。

 

や、話がそれたがタイトルに書いてあるように結論としては下半身だけ、上半身だけ痩せることは不可能なんですよ。そんなに都合よく人間の身体はできていない。実現したいのならそれこそ脂肪吸引でもするしか無いんですな。

ところが現実に俺の身体は上半身と下半身で全く体型が違う。別人だ。これは俺が特異体質というわけではなく、そういう人達はその辺にいくらでもいる。だからこそ部分痩せを志す。

 

特定の部分だけ痩せるのは不可能、でも実際は違う・・・この辺のからくりをこの記事では書いていこうじゃないか。実際には不可能なはずの部分痩せの方法も書いていく。

特定の部位の脂肪を落とすのは不可能だが、結果的に太ももやお尻を細くしたりする方法はあるんじゃよ。

 

下半身だけ痩せることはできない! 部分痩せの本当の意味。

部分痩せは不可能?嘘? 脂肪消費の優先順位

部分痩せを語るにはまず、どうして部分痩せができないかを知っておく必要がありますな。できないと言っても結局細くすることはできるから安心して欲しい。別に部分痩せを謳う他のブログやサイトも嘘は書いてませんからね。

 

さて、何故部分痩せができないか。理由は単純よ。

脂肪の消費に優劣は無い。 これですな。

 

 

脂肪というのはエネルギーのストックだ。高カロリーでいざという時の肉体の非常食になる。体温の調整にも重要な役割がありますね。

そして脂肪というのは性別や筋肉量、体質なんかでつき方に差が出てくる。男性は内臓脂肪の割合が高く、いわゆるビール腹になりやすくなる。女性は皮下脂肪が多いので全体的にコロコロしてきちゃうんだね。

参照:ビール腹に女性がならない理由。

 

ところが消費の際には別に優先順位とかは決まってないわけよ。差がほとんどでない。

例えば下半身が気になる人がスクワットと食事制限を組み合わせて体脂肪をガッツリ落とすとしよう。スクワットは言うまでもなく下半身のトレーニングだ。効きそうだね。このダイエットが成功したら脂肪はどういう風に落ちるのか?

 

うむ。答えは「満遍なく落ちる」だ。 顔はスッキリ小顔になるし、お腹まわりも落ちるだろう。もちろん下半身も落ちるし体重は当然減る。

これは非常に喜ばしいことだが部分痩せにはなっていない。食事制限が悪いのでは?と思うかもしれないが、食事制限をしなければそもそもスクワットごときで脂肪は落ちない。一日に1000回とかやれば別だけど。

 

じゃあ部分痩せなんて幻想じゃん。無理じゃん。

と思うのは早い。これはあくまで本来の意味の痩せるの話。脂肪を落とすのは無理というだけ。まだ望みは絶たれてないのです。

 

部分痩せは無理。でも実際に身体に差が出るのは何故?

うむ。上で書いたように狙って脂肪を落とすのは無理だ。こればっかりはどうしようもない。脂肪を落としたいなら全体的に痩せるしか無い。

もちろん痩身マッサージとかで狙ったところだけ細くしちゃったりできるんだがこれは誤魔化しているだけで実際に脂肪が落ちているわけじゃない。1kg7000kcalの壁。

 

ところが俺のように「結果的に部分痩せ状態」になっている人は実際にいる。下半身だけ美しいとか。上半身だけスタイリッシュとかね。どうしてこんなことが起きるのか?

 

そうとも。これは脂肪以外の部分が大きく関係しているんだね。むくみや筋肉がそうだ。

 

むくみは肉体の余った水分が細胞の間に入り込んで膨張した状態に見えてしまうこと。外からでは脂肪との見分けはつかない。地味っぽく聞こえるが、このむくみを綺麗さっぱり取り除くだけで数kg痩せることも珍しくないんですぞ!

そしてこいつは(ある程度)部分的に取り除く事ができる。その部分をよく動かしたり、マッサージをしたりすることでまるで部分痩せのような効果を生み出すことができるってことさ。

 

筋肉もそう。筋肉というと最近は基礎代謝がどうこうとかそんな情報しか出てこないが、本質はそうじゃない。(間違ってるわけではないよ!)

筋トレをするのはそれ自体がシェイプアップになるってことなんだ。ぷよぷよ、ぷにぷにの身体を内側から引き締める。だぶついた肉がキュッとすることで結果的に細くなる。試しに腹筋に広く力を込めて欲しい。どうかな?グッと美しく見えないかな??

もちろん筋肉は動かした部分、鍛えた部分だけしか変わらない。つまり脂肪は変わらなくてもその部分は細くなる。不可能なはずの部分痩せが現実になるんだね。うははっ!

 

俺の下半身はいわゆる体操選手型というやつよ。ボディービルダーのような太さは無いが筋肉量自体は多く、そこそこの瞬発力と持久力がある。多少脂肪がついても見た目は殆ど変わらない。もはやここだけ太らないと言っても過言じゃない。

対して上半身は極めて残念だ。昔は違ったんだが下半身と違って動かす機会が殆ど無いので今は明らかにだぶついている。ちょっと腕立伏せや腹筋運動をするだけで死にそうになるほど訛っている。

 

当然体重の増加とともに上半身だけ贅肉祭りになり、結果としてモンスターになってしまうというわけですな。背筋は動かす機会があるので一本の美しいラインが通っている。周りがブヨブヨで台無しになるんだけどね!

 

うむ。こういう風に脂肪は落とせないが部分的に見た目を変えたり、脂肪の目立ち方をコントロールすることは可能ということさ。

これが部分痩せの真実であり、勘違いされやすい部分よ。

 

正しい部分痩せの方法!下半身も上半身も自由自在!

正しい部分痩せ概要 ダイエットとの意識の違い。

ではいよいよ部分痩せの方法を書いていこうじゃないか。

大切なのは部分痩せは通常のダイエットとは違うってことですな。その辺ちゃんと意識してくれたまえ。まあ大体同じなんだけどね!

 

俺の書いた他のダイエット記事のように、脂肪や体重を減らして結果的に見た目がかわるのではなく、見た目を変えることで結果的に体重も減る。似てるようだが違いますぞ。

当然脂肪や体重を再優先にするわけでは無いので辛さ、ダルさ、面倒臭さがちがう。食事も単に減らせばいいのではなく、ちょっと考える必要が出てくるね。

 

トレーニングを重視しなければならない。動かすのではなく「鍛える」必要があるわけだ。部分痩せは修羅の道。

 

もちろん普通にダイエットすれば全体的に細くなるわけで、部分痩せに拘る必要は一切ない。更なる美を追求したいなら挑戦だ。ぶっちゃけ普通にダイエットしたほうが早いし楽よ。

しかもある程度痩せてたほうが結果的に早く変わってくるので一度簡単にダイエットしてからの方がいいかもしれませんな。上手く根性と相談してくれ。

 

さて、前置きが長くなってしまったが部分痩せは

1 その部分のむくみを追い出し、筋肉を刺激する。

2 その部分を鍛えて筋肉を作り、積極的に引き締めていく。

3 なんて美しいんだ! おめでとう!!

 

という3つのステップを経て現実になる。簡単だね!

まずはむくみを追い出してヘナヘナになった筋肉を復活させる。これは部分的にやるよりも全体的に取り組んだほうがやりやすいかもしれん。

とにかく動かすことが大事。これだけで元がやばかった人はある程度変わってくるし、体重も減ったりする。今後の筋肉痛のリスクも減りますね。ここまでは小手調べ。

 

2つ目の筋肉を作るのが大変だ。ある程度いじめないと筋肉は作れないし、ちょっと栄養も考える必要がある。体重も落ちにくいので心がぶっ壊されやすい。

時間もある程度必要だし、別に時間を用意する必要もある。下半身は環境によっては日常生活に組み込めるので若干やりやすいかな。

 

3つ目は・・・うん。ここまで来るのに1.5~3ヶ月と言ったところか。個人差はあるが筋肉はこれくらいの時間でそれっぽくなるからね。長い目で見よう。

 

それではうだうだ言っててもしかたがないので詳しく解説していこう。

まずは一つ目からだ。

 

むくみを取り除き、筋肉を刺激しよう! まずは準備段階。

部分痩せをする前にまずは腐りきった身体を万全の状態にしなければなりませんな。これをやっておかないと効果を実感しにくいし、いざ本番の時にやらなければいけないことが多くなって結果的に失敗を誘発してしまう。
 

といっても特別難しいことをするわけじゃあない。あくまで小手調べだ。

 
部分痩せをしたい場所を中心に筋肉を動かす習慣をつけてもらおう。ストレッチや体操、簡単なエクササイズ。型は特に指定しない。とにかく動かす、刺激するというのが大事なんだね。
 
 
コツは日常生活に上手く組み込む事。歩き方を変えるだけで腰回りから下半身全体に効果があるし、姿勢を意識するだけで上半身を広く刺激することができる。この辺の記事が参考になるかな。
 
参照:中学生のためのダイエットを教えてやろう

  :主婦のため楽で痩せるダイエット

 

 

地味なようだがその部分をよく動かすだけでもむくみを解消し、大きな引き締め効果があるんだ。これをやるのとやらないのでは大違い。結果的に消費カロリーも跳ね上がり、そのままダイエットにもなりますぞ。

また、余裕が出てきたら少しずつ量を増やしていくのが理想だ。

 

そしてもう一つ。食事の習慣を変えていこう。

まず間食とジュースは絶対禁止。この辺を妥協すると一生痩せないし、部分痩せなんて夢のまた夢。失敗する人は大体ここでやらかしている。スポーツドリンクもだめだからね。
 
そして食事の量をガッツリ減らす。食事制限だ。むくみを取り去り、内臓の調子を整えて正常な代謝を作りだす。ダイエット効果も抜群だ。これは部分痩せが完全に終了するまで崩さないように。

正しいやり方はこちらを参照。だがチャレンジャブルで無い方・・・一日に三食食べるパターンにして欲しい。通常のダイエットと違ってただ減らせばいいのではなく、部分痩せにはタンパク質が重要になってくるからね。

参照:食事制限で痩せないなんて嘘だ!
 

具体的には脂肪分を減らして、タンパク質を多く摂るような食事にする。糖質は余り考えなくていい。
鳥のささ身、枝豆や豆腐などの豆類あたりがいいですな。魚もグッドだ。だが鳥も魚も美味しい皮の部分は食べないようにしよう。辛いけど我慢だ!

 
タンパク質が多くなる食事を少なく摂っていく・・・ということですな。この食事習慣に慣れるのが部分痩せ最大の近道。あんまりガチガチに考える必要はないが、ちゃんと意識して欲しい。これが後で効いてくるからね。よ~くかんで食べるように。

 

この生活を2週間ほど頑張るとむくみはとれてだいぶ引き締まってくる。体重も減ってきてると思う。
特に意識しなくても筋肉を動かす習慣がついていれば完璧だ。 

そしていよいよ本格的な部分痩せに突入していく。

 

部分痩せ本番! 部位ごとのトレーニング・エクササイズ。

さて、上で書いたとおり筋肉を動かす習慣がつき、食生活が変わっていれば準備万端。既に引き締まってきている人もいるんじゃないだろうか?

ここからが本番だ。今まではただむくみを摂って死んだ筋肉を取り戻しただけ。これからは積極的に気になる部分を引き締めていく。筋肉を作っていくわけだ。

 

だが筋肉を作ると言っても目的はあくまで引き締めて美しいラインを作り出すのが目的よ。つまり正しい方針でトレーニングをしていく必要がある。

 

うむ。筋肉のトレーニングは大きく分けて2つありますな。

強く、太くするパワー系のトレーニング

引き締めてしなやかにするエクササイズ系のトレーニングだ。

 

当然後者で攻めていく。目的はあくまでも部分痩せ。気になるところを美しく見せるのが理想ですからね。前者はどうでもいいのでここでは語らない。

 

どの部位でも共通の大まかな概要としては

大きな負担のかからない軽い負荷をかけること

その分回数を多くすること。

短い間隔で継続して取り組むこと。

 
 
この3つが重要になってくる。イメージとしては薄く何度も鍛える感じだ。

 

実際にやってみると実に地味だが、これも立派なトレーニング。継続しなければ一生結果が出ない。難しいことは考えなくてもいいからとにかく諦めずにひたすら頑張るのが重要ですぞ。

また、基本的に毎日やること。本来はちゃんと回復期間を作ってやるのが正しい形だが、習慣づけて無理矢理にでも毎日やったほうが結果的に失敗は無いからね。そこまでガチなトレーニングじゃないし。

 

うむうむ。では部位ごとのトレーニングを書いていこう。俺が実際に取り組んでた方法よ。

もっと本格的に解説しているサイトがいくらでもあるので詳しく知りたい方は探してみてね。

 

下半身編

恐らく女性を中心に下半身の部分痩せを望む人が多いはずですな。だがあらゆる部分痩せでも下半身はぶっちぎりで簡単だ。日常生活に組み込めるからね。

基本はウォーキングですべて片付く。背筋を伸ばして、お腹を引っ込ませ、大股で早歩き。地面をしっかり踏みしめて歩こう。おしりも締めて欲しい。理想は一日に1時間だ。

 

姿勢よく、お腹を引っ込ませることで腰回りを広く刺激する。大股で早歩きすると臀部(お尻)から太もも全体に理想的な負荷がかかり、地面を踏みしめることでふくらはぎから足首まで鍛えられる。

これだけで完結すると言っても過言じゃない。下半身を、太ももを、お尻を引き締めたいなら歩くのが一番効果的。慣れてくるにしたがって時間を増やしていくのがベターかな。

 

より完璧を求めるならエアーリフティングもいい。立った状態で膝を前に、90度持ち上げる。両足を20回ずつ。3セットもやれば完璧だろう。一日に2回できれば最高だ。これは腰回りとお尻、太ももの後ろ側に効果的。

 

王道のスクワットもいいね。肩幅より少し足を開いて、つま先のラインから膝が出ないように腰を落とす。お尻が突き出る形が綺麗だ。あんまり落とさなくていいからね。

下腹部、太ももの前側と内側に効果的だ。20回3セット。できるかな?

 

この3つを毎日、少なくとも一日置きにやれば嫌でも下半身は引き締まる。効果は抜群。

もちろん良さそうなものがあったらそっちを取り組んでもいい。有名な脚パカ運動なんかはいいね。階段を爪先立ちや一段とばしで登るというのもいい。工夫できるならどんどんやっていこう。

 

上半身編

下半身と違ってこっちはもう少し根性と時間がいる。日常生活で動かしにくい部分ですからね。諦めない気持ちが大切だ。

恐らく気になるのはお腹まわり、そして二の腕周辺の2つだろうからそれを書いていく。

 

まず二の腕に関しては腕立て伏せバンザイ運動が効果的だ。

腕立て伏せは膝をつけてイージーモードにしよう。その代わり一回一回をを深くゆっくり行う。手は広めのスタンスをとっておく。

おしりの角度で負荷を調節して「これなら何回もできるかな?」位がちょうどいい。20~30回、比較的余裕を持ったままできる位がいいね。これを一日に2回やろう。

 

たかが腕立てと思う事なかれ。背中上部、肩~腕、胸から腹まで広く筋肉を動かす効率的なトレーニングだ。特に胸から二の腕にかけての部分は一番動かす部分なので効果抜群。部分的なエクササイズにはかなり有効なんですぞ。

 

バンザイ運動はまず手を肩の横に持ってきて欲しい。パントマイムのような形になればオーケーだ。

そのまま少し外側に向かってバンザイ!リズムは2秒に3回位、腕から腋(ワキ)周辺の筋肉の動きを意識してバンザイ!一回一回丁寧に、そしてリズムよく取り組もう。バンザイ!

かなり馬鹿っぽいが非常に効果的だ。風呂の中やテレビを見ながらでもできる手軽さもいい。そしてやってみるとわかるが意外ときつかったりする。

50回できるかな? これを一日に2回行う。続けていくと肩から二の腕、腋の肉のだぶつきがまるで変わってきますぞ!

 

二の腕周辺に関してはこの2つを根気よく続けていけばOKだ。女性の場合はバストの形も(ある程度)良くなるおまけ付き。何もしない時と比べて引き締まり方が全然違うからね。

 

お腹周りには当然腹筋運動が必要なわけだが、普通の腹筋はキツすぎて確実に心が粉砕されるので搦手で行く。

まず立った状態で足を広めに開き、かる~く腰を落とそう。そして手はバンザイ運動のようなパントマイム型にする。

形ができたらお腹を引っ込ませ、軽く腹筋に力を入れて欲しい。そしてそのまま頭を動かさずにツイストする。パントマイムの形を保ったまま右手を前、左手を前と交互に腰をひねる。リズムよく、腹筋を意識して行うのがコツだ。

40秒を1セットとして一日に3セットやろう。たったこれだけでガチでウエストがくびれてくるし、引き締まり方がまるで違ってくる。

 

ツイストの角度や深度、スピードで下腹部も背筋も鍛えることができる。自分なりのベストな方法を見つけよう。どこに力がかかっているかを意識すればわかりやすい。

お腹まわりはこれだけやってればいい。その代わりちゃんと毎日欠かさずに行うこと。慣れてくるにしたがって1セット辺りの時間を増やしていくのが理想だね。初めはキツイががんばろう。すさまじい効果があるからね。

もちろん普通の腹筋運動も悪くないんだが、経験上こっちの方が遥かに楽な上広い範囲に効く。くびれができるか否かは大きい。

 

こんなところかな。「本格的」とか謳っておいて実にしょっぱいトレーニングだが、これを続けるだけで全く違うからね。

当然もっと洗練された方法はあるだろう。自分なりのやり方が見つかればそれでも全然いいと思います。重要なのは気になる部分を引き締めることであり過程はどうでもいい。結果的に細く美しくなればいいのである。そうよね?

 

これはあくまで俺が取り組んでいたものであり、そして結果が出た方法だ。これを習慣にしていた時は多分人生で一番美しい時期だったね!

このやり方を参考に気になる部分を上手くトレーニングして欲しい。両方一気にやるのは大変だが、部分痩せ・・・ヤバイところだけ実践するようにすればそこまで大した苦痛ではありませんぞ!

 

その他の部位はどうすれば?顔、背中の戦い方。

さて、上の2つ。下半身と上半身の醜い部分について書いたわけだが重要な部分が抜けていますな。

うむ。顔の部分痩せと背中の部分痩せだ。

 

顔は問答無用で目立つし、背中は自分では気づきにくいがシルエットをグチャグチャにして全体の印象を壊す憎いやつだ。この2つが気になる人は絶対多いはず。

だがこの2つの部分痩せは他の部分とは大分違ってくる。同じノリでは不可能だと言っていい。

 

まず顔だがどんなにフェイストレーニングを重ねても殆ど変わらない。二の腕や腹部のように引き締まった筋肉で美しく見える!という技が使えない。

皮膚は薄く、そもそも筋肉が極めて弱い。鍛えてどうこうできる次元じゃないんだね。

 

つまり顔をスッキリさせるにはむくみをとり、脂肪を落とす必要があるわけだ。そうなると顔だけを攻めるより全身丸ごとダイエットしたほうが手っ取り早いし効率的だ。フェイストレーニングはむくみを落とす目的で取り組む。

ただ顔面の筋肉がヘロヘロだと表情が暗くなったり、肉が垂れ下がって見えるのでそういうのを防止する目的でもフェイストレーニングは重要だね。

 

だが上手く顔だけ痩せるのはハッキリ言って不可能だと思っていい。顔がきになるなら全身ダイエットだ。どう頑張っても無理だった。でもダイエットすれば顔は勝手に痩せるのである

 

背中に関しては鍛えにくいというのが最大の理由だ。

もちろんトレーニングの方法次第では他の部分と同じように引き締めることができるが、背筋運動を繰り返したくらいでは背中の広い筋肉をカバーしきれない。ジムなどに置いてあるトレーニング器具が必要になってくる。

 

人間の背筋は体重を常に支えているので特に鍛えてなくてもある程度発達しているわけだ。ここからさらに引き締めるとなると本当に面倒くさい。死ぬ。俺は死んだ。

つまり背中も顔と同様、脂肪とむくみを落とした方が早く大きな結果が出るんだね。部分痩せではなく全身のダイエットで丸ごと痩せたほうが高速で美しくなる。

 

この2つが気になるなら普通にダイエットしよう。ここだけ攻めても効率が悪い。時間のむだだ。

痩せて綺麗になるのにダラダラ時間を掛けるなんて間抜けのすることよ。さっさと痩せてパラダイスを楽しむ! そのためには効率よく痩せなければなるまい!

 

 
 

あとがき 部分痩せのタイミング

こんなところだろうか?

長くなったのでまとめると

 

まずは身体を膨れ上がらせているむくみを追い出して、

気になる部分の筋肉を鍛えて引き締めようということですな

 

下半身でも上半身でも気になる部分の脂肪だけ狙い撃ちと言うのは不可能だということを覚えておいて欲しい。

時間はかかるが、充分に鍛えられた部分はちょっと脂肪がついてもマジで見た目が変わらない。実際脂肪がつかないのかもしれない。

俺はダイエットを決意する直前は68kgの体重になるわけだが下半身に関しては痩せてる時と殆ど変わらないからね。お陰でモンスターになるわけだが。

 

と、ここまで偉そうに語っておいて何だが、部分痩せはあんまりおすすめしない。

 

部分痩せを志すということはだぶついた肉が気になってると思うんだ。だがその肉をそぎ落としてスッキリ綺麗になりたかったらダイエットしたほうが明らかに早い。

苦痛と効果が割に合わないんだね。「どっちが細くなるか?」という部分で見ればダイエットのほうが細くなるし、時間も短くて済む。

 

だから部分痩せはダイエットをしてあらかた脂肪を落とした後にするべきなんだ。

余分な脂肪を落として、それでも気になる部分を変えていく。こういうイメージ。部分痩せというのはダイエットの一種と言うより体作りの一環なんじゃよ。

脂肪に覆われてたらトレーニングしても変化がわかりにくいし、「全然効果ないじゃん!」と勘違いして失敗につながる。これはまさに昔の俺ですよ。実際は大分鍛えられてたんだけどね。

 

もし足を細くしたいなーとか、二の腕が気になるなーという人はもう一度よく考えて欲しい。勘違いしている人が多いが、部分痩せよりも普通にダイエットしたほうが遥かに楽で結果も大きい。俺が昔のようにトレーニングしないのは辛いのに結果が出るのが遅いからなんですぞ!

 

既に痩せている人がさらなる美を追求するためのものだと思っておくべきですな。

もちろん完成した時の喜びは素晴らしいけどね!

 - 俺のダイエット, 知識の泉 , , ,

01

01

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

青汁 効果 美の王
青汁の超効果!効かないなんて言わせぬ。美容の王様を知れ!+オススメ2種

  青汁は美に関する全てに効果のある最強の飲みものであります。 &nb …

男性 美顔 肌
男のための肌を綺麗にする方法を教えてやろう。男性だって美顔がいいよね!

      ※この記事は改訂版です。前回の記事は冗長というか …

ダイエット 筋トレ 必要ない
ダイエットに筋トレは必要ない?意味が無い?「絞る」と「作る」。真逆の考え。

  ダイエットに筋トレは必要ないよ! やる意味が無い。落ちないようにす …

主婦 ダイエット
主婦のための楽で痩せるダイエットを教えてやろう。夏休み等、家から出ない人へ

  主婦のための楽なダイエット・・・なんてタイトルだが、夏休み、冬休み …

カジノ 日本
「日本にカジノ」の理由。メリットとデメリット、大阪にできます。いつから?

日本にカジノなんか作る理由を知りたいと思わないか? 日本のカジノ設置が本格的に動 …

電車 ダイエット エクササイズ
電車はダイエットのチャンスだ!通勤、通学でできるエクササイズ。痩せる。

  電車に乗る・・・ていうのはダイエットの大チャンスだぜ。 通勤や通学 …

中学・高校 ニキビ治療
中学生・高校生のためのニキビの治し方を伝授してやろう。1000円以下で超美顔。

  中学生、高校生と言うの多くの人がニキビに悩まされますな。さっさと顔 …

寒い 痩せる
冬のほうが痩せる、寒いほうが痩せる理由を知りたいかね?

冬の方が痩せる!いやいや、夏の方が・・・と言うのはいつだって話し合われてきたな。 …

歯 ホワイトニング
歯磨きとホワイトニングの違い、歯の黄ばみの原因を知れ!

  歯磨きとホワイトニングの違い・・・と言うより歯を白くする時の違いだ …

カシスオレンジ カクテル 味
カシスオレンジはどんなカクテル?度数にカロリー、2層の作り方。

    カシスオレンジ・・・みんな大好きなカクテルですよ。味 …