話題の泉TWF

*

食事制限のメリットをまとめ直す。健康的、痩せるし肌も綺麗。断食との違いまで。

   

 食事制限 メリット 痩せる

 

食事制限のメリット・・・まあ、いかに素晴らしいかだよね。

これを俺はこのブログで散々に語ってきたわけだ。これからも語っていくけどね!

 

ダイエットをするときには必須と言っていいほどの減量、痩身効果があり・・・

健康への影響も非常に大きい。誤解されがちだが、悪い方にではなく良い方にだ! 今までが最悪だったんだからこれは当然。

 

そして本当の意味での健康に近づくということは肌や老化なんかにも良い影響があるってことでもあるんだぜ。俺は現在まともな手入れはしてないが、肌だけ無駄に綺麗じゃよ。そしてこれは今後も続くと確信している。

 

このまま若い姿のままだったらどうしよう? 吸血鬼だと思われちゃうかな!? うほほっ!!

 

上のは全部別々の記事で触れてきたし、解説もしてきたが、その記事のテーマ毎にバラバラに解説してきたからね。ここらで食事制限のメリットをまとめておこうじゃないか。まあダイエットと美容に偏るけど。

断食(修行系のガチなやつではない)と似てたりもするが、別物。その辺の違いも最後にちょっと書く。

 

一般的な常識から見るとイカれているように感じるかもしれないが、食事制限のメリットの全てを俺は体験済みよ。このブログを見てくれた人のなかでも沢山体感してくれてる人がいらっしゃいますな。

 

「ええ・・・?食べなかったらヤバイに決まってるじゃん・・・?」

などと思わずに、真っ白な心で見てもらいたいところじゃよ。それでもヤバイと思うならやらなければ良い! 俺は全力で勧めるがね!!

 

食事制限の真の概要 危険ではない。健康への近道。

食事制限の概要を知ろう!怖くないよ! 定義付け。

これから食事制限のメリットをバンバン書き出していくわけだが、その前に食事制限についてのざっくりとした部分を知っておこう。

また、食事制限というのはやり方や内容で細かくジャンルに分かれたりするが、このブログで扱う食事制限の定義もしっかりしておこう。誤解があってはいけませぬ。

 

さて!

食事制限と聞くと多くの人はダイエットを思い浮かべるだろう。うむ、それでいいんだよ。実際はそこにはとどまらんがね。入り口はそこでいい。

 

うむ。食事制限と口にするのは簡単だが印象は良くない

テレビでも、こういうブログ・サイトでもダイエットで食事制限は良くないとずっと言われている。最もらしい根拠付きでだ。太りやすくなるとか、逆に痩せないとか、病気になるとか・・・ 

なんか馬鹿にしてるっぽいけど、それはそれで間違いとは言えないのも事実だったりする。ええ。

 

ただ、食事制限にも色々あるだろう?

有名なのは糖質制限かな。名前は違うがこれも食事制限だね。食事の中の糖質を制限する食事制限よ。ダイエットだけじゃなくて、糖尿病の改善でもおなじみ。

お医者さんに「脂っぽいものを控えないと死ぬよ?」と言われて、そういう食生活を心がけたらそれはもう「脂質制限」といっていい。塩辛いものでも同じだ。

 

こういう風にちょっと縛りを設けたらそれはもう食事制限といっていいじゃろう。「間食をしない」みたいなちょっとしたものでも、おやつをバリバリ食うのが当たり前の生活になっている人からすれば食事制限と言っていい。

 

うむ。どうかね? こう考えると意外と身近に感じないかね? 

ひろ~い意味で考えれば誰しもが食事制限を一度はやっているわけだ。「昨日食べ過ぎちゃったから今日のプリンは我慢しよう・・・」とかね。

 

食事制限なんて特別なものではないということをまず覚えておこうじゃないか。

 

ではこの記事・ブログで取り扱う食事制限はどういうものなのか?

ズバリ、量に注目した食事制限よ。内容もちょっぴり考えるが、量が最優先。

ある意味イメージ通りかもしれませんな。少なく食べるのだ。

 

なるほど!

じゃあ程度の量を食べるんだい??おかわり禁止?

 

良い質問だ。俺の食事制限は・・・

「一日に一食だけ食べて、後は何も口にしない」 これ!!!

 

待ちなさい!ページを閉じるんじゃない!!戻るな!

 

言葉にするとやばそうな香りが漂ってきますね。すぐ上で「意外と身近に感じるでしょ?」的なことを言っておいて全然身近な食事制限じゃない。

でもこの内容をパッと見て、「こいつ馬鹿じゃねえの・・・?」と多くの人が思ってしまうという現実がこの一見極端っぽい食事制限の素晴らしさを証明するのだ。

 

現実とイメージの剥離。「当たり前」の幻想を知れ!

学校でも一日に三食食べよう! と教えられてきているし、それはもう現代の食生活(日本)のスタンダードだ。これはもう完全に常識。当たり前のことであります。

故に「一日に一食だけの食事にしてね★」とかそりゃあイカれていると思われても仕方がありませぬ。三分の一だぜ? 滅茶苦茶身体に悪そう・・・。

 

だがこのイメージが問題なんだ。

日々の食事をガッツリと減らすことが「やばそう」と思ってしまう位一日三食しっかり食べるのが浸透している。こっちが多くの人の健康の基準だ。この基準から離れれば離れるほど非常識で不健康に感じてしまう。うむ。

 

だが頭を冷やして現実を見てみようじゃないか。

健康であるはずの三度の食事は成人病・生活習慣病を横行させ、あんま話題にならないだけで社会問題レベルの影響を及ぼしている。高脂血症、糖尿病・・・この辺もそうだし、脳卒中や心臓病だってこいつらの影響はでかい。

まあ、この辺は長くなるので端折らせてもらうが、こういう小難しい話以外にも街中の肥満率や肌荒れ率を見ればわかるだろう? 若者はともかく、中年以降はもう凄いことになっておる。

 

怖い話だと現在「日本人がいきなり死ぬ病気」でも圧倒的なシェアを誇っているのが・・・

心臓がイカれる

脳みその血管が壊れる

ガン、もしくはそれの親戚

 

なわけだが、これは生活習慣の影響をものすごく受ける。そして生活習慣のなかでぶっちぎりの影響力を誇るのが食生活なんだよ。

 

でもそれだけで一食の・・・「食べ過ぎの真逆」を選択する事の素晴らしさの理由にはならないのでは?

三食食べることが直接の原因じゃないよね?

 

ナイス意見だ。その通り。ナイス意見。

 

食事制限は当たり前を覆す究極のお手軽健康法である。

 

繰り返すがいい意見よ。それだけで食事制限を推奨する理由にはならぬ。

実際に上の健康被害の真の理由は食べるものの変化とされている。食の欧米化なんて言われいるあれよ。聞いたことないかな?

 

高脂肪食品が溢れかえり・・・特に肉なんかをバンバン食べるようになってきた。スナックとかスイーツもそうだ。でも日本人の大好きな米はそのままバシバシ食うし、パスタ類、パン類もバリエーション豊か。

結果的に脂質と糖質に偏り、明らかにアンバランスな栄養摂取が今の現実をまねいている・・・と。

今まで記事にしたりはしていないが、油の種類なんかも原因の一つだ。 お、これそのうち書いてもいいですね。

 

うむ。ざっくりと言ってしまえば「身体に悪いものを食ってるから皆の身体が壊れる」ということなのだが・・・

こういう問題を簡単に、かつ一撃で、嬉しいおまけをたっぷりとつけながら解決してくるのが食事制限なんだよ。

身体に悪いもの・・・と言ったが、どんな健康的な食品だって偏食や食べる量次第では身体を壊す側面を持っているわけだ。

 

すぐ上で油の種類といったわけだが、これは魚などから摂取できる油が最も健康にいいとされている。オメガ3系脂肪酸・・・だっけ?(うろ覚えですまぬ) なんかそんな感じのやつ。太りにくく、血液のリスクも少なく、肌の艶などを生み出すいい油だ。

 

でも毎日魚ばっか食えるか? 無理じゃん?

もし手間を乗り越えて魚ばっかバクバク食ってたら「魚に含まれている栄養」ばかりに偏って、せっかくのいい油も何の意味もない。疫病すら誘発しかねん。

 

もっとわかりやすく突っ込めば、米は身体に悪いかっていったら明らかに違うだろう? 別に悪く無いじゃん。 でも現実は米の食い過ぎ・・・つまり糖質の摂り過ぎで皆身体を壊しておる。

 

完全無欠の食べ物なんていうのは極めて稀なんだ。悪影響を及ぼすヤバイ部分というのは食品である以上必ずどこかに存在する。そしてそのヤバイ部分が顔をだすのはいつだって「食い過ぎた場合」なんだぜ。

・・・気をつけようにも栄養の知識がいるし、厳選する手間もある。そもそも食のスタンダードが「体に悪いもの」で埋め尽くされた現状、ぱっと購入できるものは全部ヤバイものじゃんか。コンビニやスーパーを見給え。・・・もうどうしようもありませぬ。

 

でも食事制限なら? 少なく食べるのが当たり前なら?

そうだ! 多少偏って身体に悪かろうとも、悪影響が出ない範囲でおさまるんじゃよ!

 

人間は余った栄養はそのまま身体のダメージになるが、足りない場合はそうはならない。ある程度なら自分で足りない栄養を合成可能だ。

普通に食ってたら脂質や糖質が突き抜けて身体を壊してしまう・・・じゃあ少なめに食べて許容範囲に納めればいいじゃんか。ヤバイとわかってるのにバクバク三食食ってるから身体に悪くなっちゃうの。おやつまで食いおって!

 

身体に悪いものはもう普通にしてたら必ず食う羽目になるんだから、悪影響が出ない食い方をしようぜってことよ。

 

ごちゃごちゃ考えるのはその後・・・というか、このマイナスを避けている状態でこそ食事内容や「身体にいい物を食べる」という足し算の小細工が活きてくるんだぜ。

 

え・・・? 何その暴論?? 

あんた頭大丈夫か??

 

なんて声が聞こえてきそうだが、やってみればわかる。

そしてしばらく頑張った後は確実に俺と同じ意見になるだろう。ふふん!

 

と、偉そうに豪語していても不安になるのは仕方がない。俺も食事制限とか愚か者のすることだと思っていましたからね。腹が減ってたら戦えねえとマジで思ってました。

 

だから食事制限をすることでどんなメリット・・・たった一つ、食わないだけでどれだけ美味しいことが待ってるかバッチリ教えちゃる。

文字数の関係で詳細なやり方や注意点はかけないが、それは他の記事を参考にしてくれたまえ。

 

待たせたな! ここからが本番だ。

いまダイエットや健康の追求で食事制限に挑戦中の諸君。これからやってみようかなと思っている皆様。これを見てモチベーションを上げろ!!!

食事制限の超メリット!ダイエットから美容まで!究極の健康を味わえ!

食事制限は最速最強のダイエット法だ!! 超痩せる!

やっぱね。気になるのはこれじゃん? ダイエット。減量よ。

健康云々も大事だが、即物的な美味さがないとわざわざ食う量を減らしてまで頑張りたくは無いじゃろう。っは!!

 

見出しの通り、食事制限は他の全てのダイエットを完全に圧倒する最強のダイエットでもある。圧倒的なスピード、絶対的な効果、その他嬉しいおまけ付き!!

ダイエットで食事制限はヤメロといろんな場所で言われているが、そんなのは気にせんでよろしい。全部忘れなさい。そんなん信じてるからいつまでも痩せられないんじゃよ。

 

さて、なぜ食事制限が最強のダイエットなのか。それは何もかもを置き去りにする効率の良さにありますです。

食事制限ダイエット論1 エネルギー調整

基本的に人間が痩せる(脂肪が減る)時って言うのは2だけだ。

 

一つは何もしなくても身体の勝手な事情で使われる時。

まあこれはものすごく影響が少ない・・・と言うかダイエットで考えたらほぼゼロといってよろしい。真冬に半裸で徘徊するみたいなことをすれば別だがね!こっちはどうでもいいんだ。

 

もう一つは身体のエネルギーが切れて

自分の肉からエネルギー補給をしなきゃならなくなった時だ。

このエネルギーっていうのは一言で言っちゃまずそうだが、まあ糖エネルギーのことだと思っておけば良い。糖質です。大体糖なの。

 

ダイエットと言われればまず運動を思い浮かべる人が多いと思う。うむ。

この運動で痩せるっていうのは意図的に自分で動きまわり、体中のエネルギーをマイナスにぶち込んで脂肪を減らす技なんじゃよ。これだけ聞くと能動的で痩せそうだね。

 

でも現実には「運動してるのになかなか痩せないなぁ・・・」という悩みを皆抱えておる。そのはずだ。だってこれ滅茶苦茶効率が悪い方法なんですもの。

 

脂肪が減るのはエネルギーが切れて自分の肉から~・・・といったように、運動で痩せようと思ったらまずしばらく動きまわって身体のエネルギーを0にする必要がある。

で、その空っぽの状態になってから初めて運動で脂肪が使われていくわけだが・・・

 

問題は運動で使えるエネルギーっていうのは思っているよりも遥かにヘボいってことなんだ。息がゼェゼェ苦しくて、心臓がバックバクになっているのに大して使われてないの。

カロリーにすると80kgの人が5km走って400kcal位だ。 5kmも走ってだぞ? 

 

効率よく糖を使う動きを始めてから大体3040分位で身体のエネルギーは一旦カラになるという。

ペースにもよるが走ると45kmくらいかな。そして空っぽになってからしばらく運動して脂肪が少しずつ減っていくが・・・

 

どうだね? 45km走ってからその倍のジョギングができるかね? 俺は絶対できないと断言する。

これができる人間はダイエットの必要がない。多分既にスマートじゃよ!

 

まあ仮にこれをやりきったとしませう。80kgの人で800kcal5km×2

・・・うむ。この800kcalというのは中学校の給食一食分くらいのエネルギーだ。え?少なくね??

 

だったらこの分を食べなきゃいいじゃないか。

三食食って、内一食分を運動でチャラにするのと、一食我慢して数百kcal浮かすのとどっちが楽かね? ぶっちぎりで後者だろう?

 

健康的にも減らしたほうが良い。こちらから無理やり使う場合と、身体が必要に応じて勝手に使う場合・・・完全に後者のほうが「自然」だ。(ここでは端折るが、運動自体が身体のダメージになったりもする。)

 

わざわざ運動しなくても、食べないだけで「差」自体は簡単に作り出すことができるんじゃよ。

でもその逆は超厳しい。80kgものヘビーな肉体で10kmも走ってやっと給食が許されるのだ。

 

どっちでエネルギーを調整するのが手っ取り早いかな?? うん?? 

このクソ忙しい日常で、特別な時間を確保する必要さえ無いのだ。

 

食事制限ダイエット論2 脂肪を使う時間

皆も知っている通り、人間っていうのは何もしてなくても生命維持のために勝手にエネルギーを使いまくっている。痩身のための運動っていうのは自分を追い込んでこの勝手に使う分を一時的に増やしているわけだ。力技でね。

この勝手に使う分と言うのは一日にすると相当な消費量で、低くても1000kcalを軽~くぶち抜くすさまじい燃費の悪さよ。この燃費の悪さを利用しない手はない。

 

俺が一日ずっとボーッとしてても1500kcalつかう肉体だったとしよう。

この肉体で一日に一食だけ食べる生活をするとどうなるか?

 

そうとも! 一度の食事の後、しばらくは身体にエネルギーが満ち満ちているが・・・時間が経って空になった後は次の食事までずっと脂肪燃焼モードが続くというわけじゃよ!たった数時間で痩せやすい身体が完成する。

 

既に空っぽなんだもん。どこからエネルギーを補給するのかな? そう、そのでっぷりとくっついている脂肪なんだぜ。

ブドウ糖は脳の唯一の栄養? そのブドウ糖を合成するのに必要な材料は「脂肪」だ!

 

太らない食事の回数というのは2パターンあって、血糖値の落差を防ぐ「回数を増やす場合」と脂肪を消費する時間を意図的に作る「回数を減らす場合」とあるわけだが、日頃活動量が少ない人間には後者の方が圧倒的に早く痩せる。

同じ量を1回で食べるのと3回に分ける・・・意見が分かれるが、俺の経験上前者の方が直接脂肪を使う時間が増える分早い。マジだよ?

 

しかも現実に一日ボーッとしてる人間はいないじゃん?

つまりヘボヘボでも運動で使うエネルギーというのはある程度存在するわけだが、この時に既に脂肪燃焼モードであったなら・・・わお!!

 

単純にカロリー云々だけではなく、食事制限で食事の間隔が開くということは、特別な運動をしなくても能動的に脂肪を使うことができるということなんだ。受動的なのに能動的・・・矛盾しているが、この2つは相反しない。

 

食事制限最強ダイエット論3 内臓と代謝

これは後述の美容にも大きく関わってくるが、過食による内臓のダメージというのは思いの外かなりでかい。消化系だね。

そして内臓をいじめ抜く様な食生活は、血液を中心に色々な部分を確実におかしくする。ただ何も考えずにバクバク食っているだけで身体と言うのはすぐ音をあげてしまうんじゃよ。脳みそは幸せかもしれないけどね!!

 

内臓や血液がおかしくなったから何なの?

と思うかもしれないが、身体のどっかがイカれるってことは代謝が正常に行われなくなることを意味する。新陳代謝だ。基礎代謝じゃないよ?

 

代謝というのはメッチャざっくり言えば、「身体の中に入ったものをどう処理していくか」という部分だが、これは身体のあらゆる部分に影響する生命活動の根幹だ。当然外見にも大きく現れる。

ダイエットに限って言えば、脂肪を使う効率や、運動した時の疲れやすさ、単純なモチベーション、ちょっと羽目を外した時の太りやすさなんかに影響する。

 

また、ダイエットというのは脂肪を減らすのももちろんだが、浮腫みなんかの老廃物の排出も極めて重要だ。

俺は1ヶ月のダイエットで6kg落とすがこれは脂肪だけで6kg落ちているのではなく、細胞間に詰まった水分なんかの排出も含まれている。見た目も変わります。こういう部分にも関わってくるのだ。

 

現代人の「内臓・血液のダメージ代謝機能の低下」のコンボは、それこそ上で言ったように食べるものの変化等の理由があるが、やはり最もでかい影響があるのは食べ過ぎよ。

食事を取らない時間を作ることで、今まで奴隷の様に働かされていた内臓はちゃんと休憩時間を確保することができ、余計な茶々が入らないのでゆっくりと血液を正常な状態に浄化していくことができる。

 

そう!! 痩せやすくなり、太りにくくなるということさ。

 

確かに地味な部分ではあるが、決して軽視はできませぬ。どっちかというと美容面や活力の影響の方がわかりやすく出てくるけれど、こっちも大事なのですよ?

運動のみでゴリ押すダイエットの効率が下がる原因でもある。身体に負担が最も掛かる時というのはいつだって「激しい運動をした時」「食べ物を食べる(た)時」なんじゃよ。

 

食事制限は最強の美容法だ!輝く肌、めっちゃ綺麗。

ダイエットについてはこんなもんじゃろう。ダイエットの要素は食事制限だけじゃあ無いが、食事制限だけでもこれだけの痩せる原因が揃っておるのだ。フフン!!

 

お次はこちら。美容だ。

肌の美しさ、髪の艶、アンチエイジング・・・美容と一口に言っても結構細かく分かれているが、食事制限は完全に外部的な物以外(ファッションやヘアメイク)の全ての美容に効果のある最強の美容法の一つなんだぜ。これにはダイエットも含まれますね。

 

他の記事でも言っているが、美容っていうのは外部的な努力内部的な努力に分かれるんじゃよ。

 

外部的な努力というのは、紫外線対策をしたり、ピーリングをしたり、お高い美容液なんかを顔、あるいは全身に塗りたくったりと外側から手を加える努力のこと。

対して内部的な努力というのは、美容にいいと言われるものを食べたり、そういうサプリを飲んだり、睡眠時間を確保したり、運動不足を解消したりといった、内側から綺麗になっちゃおうという努力のことですね。

 

これはどちらも非常に大切で、2つ合わせて真の効果を生むわけよ。

どんなに高級な美容品を使いまくっても、内側がゴミなら美しさは手に入らないし、いくら身体に気をつけていても何のケアもしなければ腐っていく一方であります。

 

まあ外部的な努力はこの記事ではどうでもいいので語らないが、内部的な努力で最も手っ取り早く、大きな効果があるのが食事制限なんだ。

 

なんで? だって若さや美しさというのは健康でなければ手にはいらないのに、どいつもコイツも過食で健康から遠ざかっているからよ。

美容に対する本気具合というのは人によってバラバラかも知れないが、あらゆる美容ジャンルの根幹に密接に関わっている「健康」という部分が殆どの人間はガッツリとマイナスになっている。ハンデキャップの中で戦っているんだ。

 

例えば

肌にはビタミンが大切!→ビタミンはフルーツに多く入っている!

 

という知識で果物を食いまくってたりする人は結構いたりするが、過食で肌や髪をボロボロにしている以上、果物から取れる程度のビタミンでは付け焼刃にすらならぬ。壊れるほうが早い。

寧ろ食ってる分糖質なんかが膨れ上がって逆効果とすらいえる。ええい!何をしているんだ!!

 

手っ取り早く綺麗になろうと思ったら、まずは身体を正常な状態にするのが第一なんだ。

ここが腐ったままだと何をしても効果が薄くなってしまう。逆に言えばそこさえなんとかするだけで今まで美を壊していた部分が丸ごと消滅するわけよ。

そしてその正常な状態、「健康」を手にする最大の近道こそ食事制限だ。だから綺麗になんの。だから美しくなれんの。

 

食事制限美容論1 内臓と代謝再び 血液の影響

ダイエットとモロに被っているが、食事制限の美容効果最大の影響力を誇るのがここだ。

なかでも特に注目してもらいたいのが血液よ。これの影響力はマジで半端無いからね。他を飛ばしてもここだけは絶対に読みなさい。

 

美容には栄養の話は欠かせない。どういう栄養がどの部分にどういう効果を発揮するのか・・・健康についておざなりにしていても、この部分だけは皆注目する部分だ。

実際にこの辺の意識は大切よ。単純に油の種類(また油…)1つでも変わってくる。細かすぎて全部把握するのは面倒で死んじゃうけどね!

 

でもどの栄養を重視するか・・・の前に大切な部分があるじゃろう。

ちゃんと摂取した栄養を身体が活かせるかだ。

 

サプリでも食事でも、取り入れた栄養はどういうルートで配られるか? これは栄養によって違ったりするが、どんなルートでも必ず通る部分がある。

 

そうとも。血管じゃよ。血で全部運ばれんの。

いや、リンパとかもあるけどこれだって血管と密接に関わってたりする。

 

血液は代謝の根幹中の根幹だ。身体のゴタゴタは全部コイツがどこかで関係する。血液検査一つで医者に不摂生の全てを暴かれるだろう? それくらい全部に関わってる。脂肪の燃焼効率にもだ。

 

美肌の秘訣は良質な睡眠・・・これは皆知ってるじゃん?

なんでちゃんと寝ると肌が綺麗になるかってそれは「寝てる間に分泌されるホルモンとかが肌の張替えを促したりする」からなのだが、そのホルモンはどうやって運ばれるのかって血液からですからね。 

つまりだ。どれだけ美容の努力を重ねても、血管、血液、血流が駄目なだけで全部無駄になっちまうってことなんじゃよ!!

 

逆に言えば血液関係がいい状態ならば全てが活きる。髪のためにしたこと、アンチエイジングの為にしたこと、美顔のためにしたこと・・・一つ気をつけるだけで何倍もお得。綺麗な血液だからこそ、「肌が綺麗になる食べ物」なんかの足し算の工夫が有効になるのだ。

 

なるほどね。じゃあ血液を正常な状態にするにはどうすんの?

 

もちろん食事制限よ! 

血液っていうのは放っておけば正常な状態に近づき続けているわけだ。もちろん運動の習慣とかで能動的に正常な状態に近づけることもできるが、基本は放っておいても少しずつ元に戻っておる。

だが血も新陳代謝の構成要素。食ったもの(摂取したもの)の影響が一番でかい。つまり毎秒毎分正常に近づいていても、食う度に大きな変化が起きているわけよ。

 

ならその変化の回数を減らせばいい。単純な理屈だぜ!

回復期間・・・余計なちょっかいを出さずに、血液が綺麗になっていく時間を作ってあげるのだ。血行とかは食事制限じゃあどうしようもないが、最も難しい血液の状態は食事制限だけでばかみたいなスピードで回復する。

そして血液が多くに関わっている以上、活力やストレスの緩和にも影響が出てくるわけだ。継続もしやすくなるし、頭だって冴えてくる。もういいことしかありませぬ。

 

わかったらその手に持っているポテチを捨てろ!!

 

食事制限美容論2 若返る遺伝子 

まあね! 食事制限による美容効果は上の血液だけで大体の説明がついちまいますです。一番根っこの部分だかんね。これ以上はぶっちゃけ書く必要がない。

でも一つだけじゃ寂しいのでもう一つ。未だ研究中でちょっと眉唾な話。

 

若返りの遺伝子というものを知っているかな?

サーチュイン遺伝子・・・だったか。そんな感じの名前の奴。

 

火事場の馬鹿力って聞いたことあるだろう? 一歩間違ったら死ぬような本格的にヤバイ時に、通常時では到底出せない力を発揮するあれじゃよ。

あれの凄く地味なバージョンを司る遺伝子が人間の身体には存在するという。それが若返りの遺伝子。

 

なぜ火事場の馬鹿力の劣化版が「若返り」なのかというとだね。

 

この若返りの遺伝子が発動中は身体のあらゆる機能がアップするんだ。内臓の機能から集中力まで。ヤバイ状況だから使えるものをフルに活かして活路を見出そうとしてくれるわけだ。まあ代謝の機能が上がるってことじゃよ。

この「あらゆる機能がアップ」という状態が美容にものすごく都合がいいという。上で言った血液を中心にした代謝、睡眠時の成長ホルモン、身体の劣化の防止・・・うむ。

その美容効果は最早ちょっと若返って見えるほどに高いとされる。実際血管年齢とかは若くなる。まあこっちの効果はそもそもおまけで、注目されているのは「長生き」の部分なんだがそれはどうでもいいよね。

元々は「長生きの遺伝子」で呼ばれておった。誰だったか・・・美容効果に注目して「若返り」と名付けたんじゃよ。

 

健康と美は表裏一体と美容系の記事で書きまくっているが、この遺伝子の発動中は一時的に身体がメッチャ「健康に近づこうとする」というなんか凄く都合のいい存在なんだね。

 

で? そのうそ臭い遺伝子と食事制限になんの関連が?

良い質問だ。

 

何を隠そう、この遺伝子が本気を出す条件の一つが飢え・・・つまり空腹状態なんじゃよ。

エネルギーが枯渇中という状況が、身体に軽い危機感を覚えさせて本来の力を発揮してくれると。

 

ちなみに他の条件は寒さだ。暑さは駄目。え?

自然界で寒さで死ぬことはあっても暑さでは死なないじゃん? だから暑い時はニートのままだという。暑さで死ぬときは脱水症とか塩分不足が原因ですからね。気難しい奴め。

まあね、コイツは季節限定すぎて冬しか使えないのでどうでもいい。この遺伝子はヤバイ条件を一つでも満たしていれば頑張ってくれるというからやっぱり食事制限してれば良い。

 

 

と、偉そうに語っておいて俺自身があんまりこの若返り遺伝子を信じておりませぬ。やっぱまだ研究中だからね。「研究の結果、なんの効果もありませんでしたー」とかあるかもしれないし。実際に効くよ!という論文もあればその逆もある。

でも知っていても損は無いだろう。特別なことをしなくても食事制限をするだけでついてくるおまけだ。もし効果がマジであった場合はそれでハッピー。なかった場合でもこちらにダメージはありませぬ。

 

あとがき その他のメリット 断食との違い。

と、最初に美味しい部分だけ書いてそのあとに病気とかの話をしようと思ったがもう文字数がヤバイし、ダイエットや美容の部分で一緒にほとんど説明しきっちまいましたな。

一万字以上も使って色々書いたが、結局のところは

 

身体に悪影響を及ぼす原因を潰す

身体が「元に戻ろうとする」時間が増える(回復できる)

なんて素晴らしいんだろう!

 

と、これだけの話なんじゃよ。

健康っていうのは「病気ではない状態」じゃあ無いんだぜ。身体が本来の力を100%発揮できる最高のコンディションのことを言うのだ。で、結果的に病気を寄せ付けない肉が完成すんの。

本来の体型、本来の痩せやすさ、本来の肌、本来の髪、本来の活力、本来の集中力・・・

 

今までの食生活は最悪に身体に悪いからね。成人病、生活習慣病なんていうのは最近生まれた病気じゃよ。こいつらは単品でも身体を破壊してくるが、他の病気を呼ぶという厄介な一面もあり申す。

でも最大の原因である食事の悪影響を何とかすれば、この辺の病気のリスクは激減する。ウイルスとかのどうしようもない病気以外は食事一つでどうにでもなるのだ!!

 

もちろん食事制限一つで全部解決できるわけじゃあ無い。

運動不足、偏食、アルコールや煙草・・・今の生活は豊かな分健康をぶっ飛ばす地雷で埋め尽くされている。くそ・・・!

だがほぼ全員に効果があり、かつ最も効率よく、最も即効性があるのが食事制限よ。どれか一つを直すなら「食べる量」一択なのだ。一番美味しいんだもん。一撃でいろいろな部分にでかい効果があんの。

 

それに美容健康面以外にももっとヘボいところで食事制限は幸せを呼びます。

 

食った後って眠くなるじゃん? 

俺なんかは特にそうだ。食事直後はマジで何もしたくなくなる。死んじゃう。

 

でも食わなきゃそもそも眠くなったりしませぬ。単純に「一番集中できない時間」がごっそり減るわけよ。眠くならない人にはなんの美味しさも無いけどね!!

俺は超眠くなるので、昼休み直後のあの時間が消滅するだけで最高にハッピーよ。空腹で集中できない・・・というのは慣れでどうにでもなるし。最早お腹空かないからね。空いてもすぐ空腹感は消える。

 

そして財布に優しい。

一食だったら単純に食費は三分の一だ。食事制限は節約の王様だぜ!生活の必需のなかで結構な金がかかり、かつ1番節約が面倒な存在が食費だが、これがごっそり浮く。

 

浮いた金は自由に使え!!

さらなる健康・美容を目指すための資金にしても良し、一日に許された唯一の食事に3倍の金をかけてもいい。ダイエット後のデートをランクアップさせてもいいし、ドブに捨てたって構わん。募金だって全然あり。

毎日1200円使っている人(俺)なら毎日800円浮くのだ。1ヶ月で24000

おっほ!これはちょっとでかいのでは??

 

こういう部分でもうまみがあるのだ。もうやるしか無いよね??

 

 

 

最後に。

断食が昔ちょっと流行っただろう。今もやってる人は多いのかな? ファスティングとかプチ断食とか呼び方は様々。修行系のガチなやつじゃないよ。

読んでて思った人も多いだろうが、俺の食事制限断食健康法で得られる効果は完全に被っている。ほとんど・・・と言うか全く同じと言ってもいい。

 

断食の健康効果をざっくり言うと

「ドロッドロになった身体に休憩時間を与えて一気に回復させる」

うん。一緒だね。

 

じゃあ断食でもいいじゃん。なんで食事制限って名前にこだわるの?

うむ。リスクの違いだ。断食と食事制限との唯一にして最大の違い。

 

ここでは食事制限のやり方の詳細やデメリットについては書いていないが、生きるのに必要不可欠な要素である「食事をごっそりと減らす」というのは危険な側面も持っている。

命に関わったりはしてこないが、筋力の低下や栄養不足、便秘なんかのリスクはどうしてもつきまといますです。これらは普通に回避が可能だが、初挑戦時とか本気になり過ぎてつい踏抜きがちな地雷でもあるのだ。

食べ過ぎは論外だが、食べなさすぎも駄目なんじゃよ。

 

こういう危険な側面に対し、「何も考えなくても自然に避けやすくて」かつ「大きな効果を得ることができる」のが一日一食だけ食う食事制限なんだ。バランス的にここが最高!

断食だと「うっかり」が発生しやすいと俺は踏んでいる。一日くらい何も食わなくても全然平気だが、誤解や曲解を含むもしものことを考えて、1日に1回は普通に食おうぜって話なんだ。

 

 

食事制限は怖くもなんともないんだぜ。病気の治療と一緒じゃよ。

今まで腐ってたんだからそのツケを払うだけ。自分にとって「最も美味しい」生活習慣に書き換えようぜってだけの話。

それによって得られるメリットは絶大だ。人生ごと変わるといっても過言じゃない。デブのままで幸せはつかみにくいだろう??

 

短い期間でもいいから一度やってみればいいじゃないか。2週間とか。やらないよりは1000倍素晴らしい。俺も定期的にやっておる。血液検査の前にやってご覧? 笑う。

 

確かに初めは辛いが、慣れれば超楽勝よ。

どうでもいいけど唯一の食事が超おいしくなるからね。毎日が最後の晩餐じゃよ。

一口食うだけで涙が出ます。

命に感謝せよ!箸を運ぶ毎に糧を実感するのだ!!

 - 俺のダイエット, 俺の美容, 知識の泉 , , , , , ,

01

01

Comment

  1. ぷてら より:

    はじめまして。最近本サイトの存在を知り、楽しく読ませていただいております。自分も3ヶ月前にダイエットを始めており、その際に試行錯誤して166cm/72.8kgから60.5kgへの減量を成功しました。現在55kgの壁に挑戦中です。このサイトで嫁入りさんが書かれているダイエット方法が、自分の考えと酷似し、しかもより具体的な内容なのでとても参考になります。自分は糖質ダイエットを基盤に、肉食ダイエットとストレッチにより筋肉増加を平行して試みております。やはり本サイトにあるように食事と肉体(内臓)の健康がダイエットの肝だと痛感しています。今度、効果的なストレッチや運動等の記事があれば、ぜひ取り入れさせていただきます。

    • 嫁入り より:

      はじめまして!嫁入りです。

      素晴らしい成果ですね! このブログを読む必要は無いのでは?笑

      しっかりと成果を出している人に「自分の考えと似ている」と言われると、私としても自身の理論に確信がもてます。
       
       
      丁度壁を感じはじめる体重ですね。頑張ってください。 スムーズな進行を願っております!
       
       
      運動やストレッチのやり方も書きたいところなのですが、文字だとどうしても限界がありますからね・・・

      動画が1番なのですが、うむむ・・・。そして他の知識に比べてあまり詳しくないという。
       

       
      ただ方針や効果のバランスなどは文字でも伝えられるので、今後そういう記事を書いた時は是非参考にしてください。

      最も、もっと専門的なサイトやブログのほうが参考になるかもしれませんけどね笑!

  2. くじら より:

    はじめまして。昨日こちらのサイトにたどり着き、ダイエットを始めました。
    167.5cmの59kgですが、まずは6kg落としたいです。
    甘いものが大好きで、間食一切なしで1日もつかなと思っていましたが、意外なことに大丈夫でした。明日からも1日1食でこのまま続けていきたいです。

    • 嫁入り より:

      はじめまして、嫁入りです。

      最初の一歩目が1番キツイですからね。間が空いてしまいましたが、ダイエットは順調ですか?

       
      食事制限は生活習慣が変わる瞬間・・・「慣れるまで」が勝負です。慣れれば楽勝!!

      途中で羽目を外しすぎてももう一度トライ! 最初は私なんか普通に3日で食ったりしてましたからね!

      焦らず、じっくり行きましょう。頑張って! 

  3. すぴか より:

    初めまして!少し前にこちらのサイトを拝見し、1日2食か1食の組み合わせを2週間続けてみました。

    元々食べるのが大好き、運動も好きなので、「食べたいものを食べたいだけ食べて運動で頑張る!」というスタンスだったのですが、嫁入りさんのブログを拝見して目から鱗、というか目が覚めました。。
    食事は作るのも食べるのも大好きなので大きな決断でしたが、今までダイエットした中で最短・最大の効果がありました!ありがとうございます!!
    また圧倒的にメリットのほうが多いのですが、デメリットや気になる点もあったので、両方シェアさせてください♪

    <良かった点>
    ・見た目の変化!
    …家に体重計がなく、また開始前にサイズ図ったりするのも忘れちゃったのですが、明らかにウエスト回りとか足全体が細くなり、スキニーパンツがゆるくなり全体に隙間ができました!また、ダイエットしていると伝えていなかった数人から「痩せた?」と聞かれました!自分ではあまり気づいていませんでしたが、顔や腕回りもスッキリしたようです(^^)

    ・代謝アップ!
    …これまで人よりも着込んでいないと寒く感じていたのですが、人より薄着になりました!今海外生活中で、夏でも寒い地域にいるので、ダイエットにはもってこいでした!

    ・内臓へのいたわり!
    …これまでずっと過食気味で、「なんかお腹が重いなぁ…」と感じることが多かったのですが、食べる量が減ったのとよく噛むようになったせいか、負担に感じることが減りました!(食べ過ぎさえしなければ大丈夫ですが、ここのところ外食続きでちょっと負担が増えてしまっています。。)

    ・リバウンドしづらく!
    …ダイエット期間終了後、イベントや外食が続いてついお菓子や食事をもりもり食べてしまったのですが(汗)、そういうときは朝の青汁牛乳+1食にしてみたり、ウォーキングやエクササイズをしっかりやったりと調整したこともあってか、今のところダイエット後の体型に大きな変化はありません。

    ・コスト削減!
    …元々自炊が多く、お菓子も自分では買わなかったのですが、食べる量が減ったのと、朝食やおやつのフルーツやナッツを買わなくなったり、カフェで頼むものがラテからブラックコーヒーになったので、食に使うお金がぐっと減りました!また食べる量と回数が減ったので、「食べるときはいいものを食べよう!」というモチベーションが生まれ、オーガニック食材などに投資するようになったので、買い物と料理と食事のウキウキ度が上がりました♪

    <課題、気になった点>
    ・便秘
    …これは嫁入りさんも課題として挙げられていますが、ダイエット前に比べて明らかに便秘になりました。。といっても、ダイエット期間中は食べる量も少なかったせいか、お通じがなくてもお腹がへこんでいたのですが、最近結構お腹が張るようになってしまいました。。ダイエット期間終了後から、朝に青汁牛乳を飲むようにしているのですが、なかなか解消難しいですね。ヨガのラクダのポーズが一番効く気がしますが、それでもなかなかスッキリとまでいかないです。

    ・生理不順
    …女性特有の話題で恐縮ですが、なぜかダイエット開始直後に、早すぎる生理になってしまいました。それまで大体同じ周期だったのですが、いきなり1日1食からスタートしてしまったので、体がびっくりしたんでしょうか。。

    ・食材が余る&もっと料理したい!
    …これはいちゃもんですが(笑)、食材が減らないので使い切るのに苦労しています!また料理する量と回数に対して食べる量と回数が少なくなったので、「あれ作りたい!」と思っても、まだ前回作った分が余っていることが多く、何を作ってもなかなか減らないので、ちょっとフラストレーションを感じています(笑)

    以上、大変長くなり恐縮ですが、ご参考になれば幸いです!
    改めて、ダイエット方法をシェアして頂きありがとうございます!今後はもう少し臨機応変にしつつ、リバウンドしないように調整していこうと思います♪

    • 嫁入り より:

      はじめまして!嫁入りです。

      これはかなり濃厚な内容ですね笑 良いコメントだ! 

      他の皆もこれは見ておきなさい。ズバッと頑張った人の生の体験談じゃよ!!!
       
       
      さて・・・

      まずはおめでとうございます! バッチリ決まったようで何より!

      運動単品のダイエット効果というのは想像を大きく超えてヘボいですからね。食事制限と組み合わせて初めて効果的になるのです。お腹が減っているときに動かないと痩せないのです。

      逆に言えば制限中なら大した運動でなくてもガンガン痩せるのです。ん~! やっぱり食事制限は最強だぜ!!
       
       

       
      見た目の変化、代謝と内臓の機能向上(回復)、生活習慣の新しい意識・・・とお手本のような成果が出ていますね!

      コスト削減も嬉しい。このブログのダイエットで実感して欲しい部分をほぼ網羅していて、これは最早記事にしてもいいかも。

      肌の変化もあればパーフェクトでしたね笑 最も、これは元々肌が壊れていないと実感しにくいのですが。う~む。
       
       
      また、負の影響もお手本ですね。

      便秘・・・これは別で単体の記事にするほどつきまとってくる食事制限最大の敵の一つです。

      水分の不足や排便反射の機会の減少、繊維が取れなくなったり・・・と結構な相性の悪さです。くっ!!

      立ち回り次第で毎日快便にもなるのですが、逆に言えばしっかり対策をしなければ高確率で便秘になるということです。下剤で一度リセットするのが最善というポジション。これはなんとかせねば・・・。
       
       
      生理不順に関しては難しいですねー・・・。

      私が女性なら経験から具体的な対策を立てまくれるかもしれませんが、残念ながら完全に男ですからね!

      生理不順の原因はいくつかあるとされていますが、最も影響が大きいのは精神的な部分とのこと。品のない話ですが、若い人間が誰かと泊まったりした後に不安から・・・というのが1番多いとも。

      一日一食という全く新しい生活が心のそこで不安を煽り、自律神経を乱し、結果的に生理不順を・・・というのが予想です。一時的なものだと思います。続くようなら病院へ!!
       
      個人的に多く聞くのは痩せ過ぎなんですけどね。すでに相当軽いのにダイエットをした人は生理不順に悩んでいる・・・というケースが多い気がします。むう。
       
       
      料理のフラストレーションと食材のあまりは・・・うん!

       
      経験でなんとかしましょう笑 少なく買う!一度の料理に全てをかける!! オーガニック食材が活きる!

      ・・・すみません。私が余り料理したくない人なので適当なことしか言えないです・・・。これ皆はどうしているんでしょうね?笑

       
      つられて長くなってしまいましたが、良いコメントでした!

      こういう詳細な生の声は貴重です。自身の理論を再確認できますし、良い部分悪い部分が浮き彫りになりますからね!

      何よりもやっぱ俺のやり方はいいなと。最高だなと。うふふ、うほほっ
       
       
      お疲れ様でした! もうダイエットマスターですね!

      スパッと痩せましたし、さあ!楽しめ!!

  4. 海の底の藻屑 より:

    はじめまして。先月このサイトにたどり着き、ダイエットを始めた高校2年、女です。156cmの60kg。

    質問なのですが、親が晩御飯を出すと、必ずと言っていいほどデザートがついてきます。フルーツだったりアイスだったり。
    何度か断ってもみましたが、「デザートは大丈夫だよー」と。

    本当に大丈夫なのでしょうか?

    • 嫁入り より:

      おい! マジで大丈夫だと思っているのかね!?

      そしてこういう質問が飛ぶってことは既に誘惑に負けそうな感じじゃん? 
       
       
      仮にデザートは大丈夫だとして、食べるのと我慢するの、どっちのほうがスムーズに痩せると思うかね?

      そうだ! 食わないほうがいいよね!!
       
       
      156、60という身長体重は既に肥満に片足を突っ込んでいる状態だぜ。

      そしてそれは今までの生活が生み出したボディよ。これからは「痩せる生活」「スマートな人の生活」に変えなければなりませぬ。
       

       
      別に晩御飯の一つだから無理に我慢せよ!とは言わないが、攻めれるところで攻めて行かないとスピードが出ないし、そもそも痩せなかったりしますです。

      自分でよーく考えて調整して見るんだ。さあ、いけ!

  5. 糖新生爆発 より:

    このblogに書いてあることは実にダイエットの真理をついていると思います。
    当方工場設備関係の肉体労働なので、1日1食では、さすがにパフォーマンスに影響しますので


    無脂肪ヨーグルト150g
    ハチミツティースプーン1杯
    バナナ1本


    ご飯100g
    動物性たんぱく質を中心にしたおかず2品
    (鳥むね肉皮抜きや、玉子焼き、イカ煮やシャケ)
    果物(オレンジなどビタミンを確保)


    野菜たくさん(カボチャ、芋類含まず)
    海藻系
    植物性たんぱく質を中心にしたおかず(ただし油は使わず、オーブン調理)
    スープ、味噌汁

    1日総摂取量1200~1400kcal程度

    週3~5、1時間ウォーキング

    間食なし

    水またはブラックコーヒー、麦茶
    ジュース?論外だね。

    身長167cm、4カ月で84キロ→67キロ
    ストンと落ちたので同僚から病気を疑われました笑
    驚くほど必ず、毎週土曜日の計量で-1kgずつ。

    やはり食べ物ですね。人に良いと書いて「食」。昔の人も、いや昔の人の方が理解してたんですな。

    ただ現代の食事はその限りではないですね!書いてあった通り、糖で溢れた生活から抜け出し、すこぶる調子が良いです!いかに飽食で内臓にダメージを受けていた事か。

    ひとつ、チートデイってどう思いますか??個人的に甚だ疑問ですが、どういった見解か、記事でも良いので知りたいです。

    • 嫁入り より:

      はじめまして! 嫁入りです!

      まずはこの圧倒的な成果を祝福しましょう! ほとんど20kgですよ!なんて凄いんだ。

      返信が遅れてしまっているので、もう20kgは突破しましたかね! とにかく、おめでとう!!
       
        

      かなりいい内容だと思います。素晴らしいバランス感覚です。

      「自分の毎日の活動量に合わせて工夫する」というのは上級テクニック。意外と皆できません。

      パフォーマンスを落とさないであろう量の食事を取りつつも、仕事とウォーキングで痩せる要素は確保する・・・と、お手本の様な内容だと思います。

      私より上手いかもしれませんね笑!!

       
      調子がいい!というのは私のダイエット論で最も味わって欲しい「おまけ」です。
       
      これを味わうことで1番手っ取り早く飽食の面倒臭さを知れますからね! 毎日元気になるしもう最高!
       
       
       
      さて、チートデイに関してですが「場合によってはあり」ですかね。

      基本的には悪手だと思います。幾つか理由があるのですが・・・ 
       

      1番は「停滞期」と言うのはものを食べてはいけない時期なのです。 

      チートデイは単発でガツガツ食べて痩せやすさを取り戻す・・・ということですが、痩せにくくなった時期というのはそもそも「身体がちょっと太ろうとしている時」なのです。いきなり痩せ始めたのでビビっているんですね。

      このタイミングこそが「リバウンド」の正体なのです。つまりチートデイは自分からリバウンドしようとしているのと同じことなのです。ここで焦って下手なことするから最期まで皆痩せられないのです。ここは耐える時期!
       
       
      また、食事制限をメインに据えているダイエットでは少ない食事に慣れることが何よりも大事ですが、下手にチートデイが挟まるといつまでも慣れることができません。

      正しいダイエットというのは「今の体重から痩せる生活」ではなく「目標体重で着地する生活」なのです。流れが肝要であり、それを乱す様な事は避けるのが賢明! すぐにダイエット方法を変える人は大体痩せられないという事実がこれを物語っていると思います。チートデイ、だめ!
       
       
      ですが「きっかけ」が大事という部分もあります。

      1番高速で痩せるときというのはドロドロの身体が元に戻った瞬間なのですが、これを無理やり再現することで「流れの再設定」ができるのです。

      肉体的にもそうですし、精神的にもそうです。落ちなくなっているときの不安感はダイエットをやめる最大の原因になりますが、もう一度ストン!と落ちる体験をすることでモチベーションが復活します。

      精神状態は自律神経を乱して痩せにくくします。そういう意味でも一つの手ではあるのです。うーむ。
       
       
      ただ勘違いを生みやすくリバウンド製造機になりがちですし、言い方は最悪に悪いですが「デブになるまで生活を改められなかった人間」は必ずといっていいほど「食べる調整」ができません。チートデイをきっかけに確実にダイエットをやめます。

       
      ・・・と、もっと細かく書きたいところですが、長くなるのでこの辺で笑

      これは記事にシていいかもしれませんね。記事にします!

       
      繰り返しますが、おめでとう! 

      仮にまた太るようなことがあってももう大丈夫ですね!!

      もうダイエットマスターです。 お疲れ様でした!!ん~!!

  6. ぽこ より:

    はじめまして。ブログを熟読し1日1食にチャレンジ中です。まだ始めて数日ですが、日に日に身体がスッキリしてくるのを実感しています。これまでは食事の後は身体がだるく、動くのも億劫でしたが、1日1食チャレンジを始めてそのようなこともなくなりました。
    1日1食のメリットとしてもう一つ言えることとして、口腔内環境の改善もあると思うのですがどうでしょうか。
    歯周病は心筋梗塞や糖尿病の原因としても最近注目されています。だらだらと食事を続けることで口腔内の細菌は増え続け、歯周病のリスクも上がると思うのです。1日1食なら、口の中が食べ物で汚れる時間も減り、歯磨き後の清潔な状態が続くので口腔内の環境は良くなるはずだと思うのですが。
    これからもブログ記事を楽しみにしています。お体に気をつけて頑張ってください。

    • 嫁入り より:

      はじめまして、嫁入りです!

      新しい生活はいかがです? 続けられていますか?

      慢性的な過食が改善されると言うのは体型にも肌にも日々のパフォーマンスにもそれはいい影響が出ますからね! 是非、しばらくはそのままでいてほしいと思います。ん~!!
       
       
      さて、なかなかいい目のつけどころだと思います。こういう考察は素晴らしい!!!

      口の中の環境にも当然変化が出ますね。 しかしこれには書かなかった理由もあるのです。
       

      確かに口の中に物が入らないと言うのは清潔だと思います。実際清潔です。

      しかし食べ物で汚れる時間は減りますが、「洗い流す時間も減る」のも事実だったりします。

      ものを噛むと唾液が出ますが、この唾液のおかげで口腔内が清潔に保たれていたりします。また、食事のときに水を飲んだりすれば食べかすはともかく、細菌はある程度洗い流されます。
       
       
      つまり両方の要素があるのです。そしてこれはその人の口腔内の気遣いで変わる部分だと思うのです。

      ちゃんと歯磨きうがいをしていれば大差ない部分・・・ということですね。単に減らすことが歯周病のリスクにまで踏み込めるかは微妙か?・・・うむむ。
       

      ただし虫歯等は甘いものが直接リスクになったりしますので、そういった部分では大きなメリットかなとも思います。

      口臭にも関わってきますね。なんだ、一食の方がいいじゃないか・・・。
       
       
      コメント有難う御座います!

      偉そうに見解を述べましたが、真実かどうかはちょっと自信がありません笑 くそっ・・・

      歯医者にいったときなどに、そっくり質問してみたいと思います! 

  7. ルミナ より:

    嫁入りさん!はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。ここ二ヶ月で毎日1200~1400カロリーの食事制限だけで5キロ痩せました。もともとお腹ぽっこりで多少お腹の肉も減りましたけどそれ以上に胸がだいぶなくなってしまって・・・・。現在159センチ50キロであと3キロ痩せたいと思ってますがこれ以上胸がなくなるのが怖くて・・もう少し食事制限はゆるめにして運動で落とそうかと思いますが胸がなくなるのは止められないでしょうか・・・涙。

    • 嫁入り より:

      ん~・・・!!! 難しい問題ですね!!

      はじめまして。嫁入りです。

       
      女性の胸の大きさを決めるのは乳腺の発達具合と脂肪です。そして影響が圧倒的に大きいのは脂肪・・・!

      つまり脂肪が減れば減るほど胸は小さくなります。これはもう避けられません。

       
      しかし少し長い道のりになりますが手はあります。男性なので自身の経験からは語れないのですが、姉は実践済みです。

      胸が欲しければ脂肪をつければいいのです。ですがそのままだとタダのデブなので筋肉で全体を引き締めることで「脂肪はあるが、痩せている」という状況を作るのです。
       
       
      女性は(特に現代人は)筋肉がなさすぎです。元々つきにくいのも事実なのですが、筋肉がある程度しっかりしていないとハリが出ないので痩せて見えないのです。「体重は軽いのにデブ」というよくわからないことになりがちなのです。

      つまり筋肉のない人が痩せた!と実感するには相当脂肪を落とさなければなりません。その頃には胸は相当可哀想なことになります。
       
       
      トレーニングで筋肉をつけましょう。タンパク質に比重を置き、薄く何度も鍛えるトレーニングをします。

      で、身体のラインを壊さないように「太る」のです。行き過ぎたら調整!

      スタイルと言うのは筋肉、脂肪、骨格のバランスで決まります。

      スマートさを演出するのは脂肪と筋肉。胸などの「らしさ」を演出するのは脂肪です。
       

      食事制限だけだと胸は確実に死んでしまいます。これはもう避けられぬ。

      まずはあと3kg落としてしまいましょう。で、そのあとは「体作り」の時間です。太りながら引き締める! だぶついてきたら痩せる!

      私は肥満に片足をつっこんでいるときも脚だけは細いままです。

      そして私は脚に限ってそこそこの筋肉量があります。ある程度の筋肉があると「細く見える」のです。
       

      胸の為の脂肪は確保! 見せたくない部分は筋肉で隠す!

      これが唯一の道だと思います。この方針で姉のスタイルは弟の私から見ても「ナイスバディ」になりました。う~む。

  8. ころすけ より:

    はじめまして。
    自分も嫁入りさんのダイエットやってみました!
    食事は朝だけ、毎日ちょっとずつの運動で2週間で5キロのダイエットに成功しました!

    けれど、嫁入りさんの記事を見ると朝は食べない方がいいとのことで悩んでいます…。
    昼だけも可能ですが、そうなると昼休みが少なってしまう…だとか、朝食べれるって思うから夜我慢できる!とか考えてしまいます…。

    あとは体重は減りましたが体脂肪率があまり減ってないみたいでそれも悩んでいます。

    これからも続けて行きたいですが、何かアドバイスあればお願いします!

    • 嫁入り より:

      素晴らしい! 早い!!

      まずは祝福ですね!おめでとう!! 

      おっと、はじめまして。嫁入りです。
       
       
      朝食は食べないほうがいいよ~という内容の記事ですね笑

      あれは「朝食べない方がいい」ということではなく、「わざわざ朝食べる必要は無い」ということなのです。
       

      私は一食の時、夜に食べるようにしています。

      これは夜の方が痩せるとかではなく、突然夕食に誘われてもペースを崩さずに付き合えるから夜に設定しているんですね。

      重要なのは食事の間隔が開くという部分なのです。 一食で戦っているのであれば朝昼夜どこで食べてもいいのです。
       
      全く問題ありません! さあ、素敵な朝食と参りましょう!!!
       
       
      体脂肪率・・・ううむ・・・。

      5kg・・・5リットルですね。これだけ落ちれば体脂肪もそこそこ減るのですが、このペースだとそこまで脂肪が落ちかったりします。

      脂肪は1kg辺り9000kcalですからね。2週間では毎日絶食しても5kg分45000kcalには届きません。先に飢えて死にます。
       
       
      ダイエットというのは正しく攻めるとスタートダッシュが入ります。

      むくみ等の老廃物の排出ですね。過食でボロボロの状態が一気に回復するので脂肪以外で太っていた部分が一気に落ちるのです。私が1ヶ月で6kg落とすのもこれがあるからです。
       

      恐らくこれからストンとペースダウンすると思います。健康になっちゃうからですね。もう落とすものが脂肪しか無い。

      しかしこれだけ食事が減っていれば100%体脂肪に届きます。不安になるかもしれませんが、間違いなく体脂肪率も変わってきます。
       

      余裕が出てきたら有酸素運動を取り入れるとスムーズに進行します。ウォーキングがオススメ!

      食事制限との相性が良く、脂肪を使うのに必要な材料「酸素」が多く入るからですね。ちょっと息が上がるくらいビシビシ歩くと最高です。姿勢を意識して、そうそう!

      脂肪との戦い方は「王道」が存在します。効率的な攻め方があるのです。

      空腹にして痩せやすくなっておく→勝手に身体がエネルギーを使う→その流れに乗じて運動する! これ!!
       
       
      不安な部分もあるかと思いますが、やることはシンプル! 頑張って!!

  9. とも より:

    はじめまして。以前ここのブログを読み1日1食…気にはなっていたんですがお気に入りに登録だけして結局実践する事なくスルーしていました。
    近々親戚の結婚式に参列する予定でドレスを着るのに 短期で痩せようと思った時ふとここの存在を思い出し1週間程前から1日1食にチャレンジしています。
    元々1日2食、炭水化物はほぼ食べない生活だったんですが過食気味なせいか156cmの58kgと太り気味です。(摂取カロリーは1400程度ですが)

    今回1日1食にチャレンジする以前、ダイエットに取り組んでは1週間~1か月程でこれで合っているのか?と不安になり別のダイエットに切り替えたり等と色々試してきました。パレオ・糖質制限・MEC食・etc。

    しかし嫁入りさんの記事を読んでとりあえず1か月は続けないと無意味だなぁと(当たり前の事なのですが)思い今回はとにかく1か月!結果がどうだろうと続けるつもりでいます。
    そこでどうしても不安な気持ちを解消したくてお聞きしたいのですが、
    朝昼は食べずに夜の1食を900kcal程度しか摂らずに生活していても大丈夫でしょうか?
    内容的にはタンパク質と野菜がメインです。
    栄養不足で筋肉が落ちる心配はそこまでしなくて良いと思うのですが別の記事にある絶食・超小食の危険について読んでいたら不安になってしまい、人はどのぐらい食べないといけないのか等かなり調べてしまいました。
    すると大抵の人は1200kcal以下に減らすのは体に良くないという考えでそれが当たり前みたいになってるんですよね。
    自分も1200kcal食べないと筋肉が~と思っていたタイプです。

    なので、1日1食900kcal程度の食事で大丈夫なのかな?と不安です。
    嫁入りさんの言う超小食には当てはまらないのであればこのままの量で続けていく予定です。

    初めて1週間ですが昼間は頭がフラフラしています。そのうち慣れると良いんですが…!

    • 嫁入り より:

      はじめまして、嫁入りです。

      事情はわかりました。なるほどなるほど!

      経過はどうです? 順調ですか? 2週間・・・もうサクサクと落ちてきていてもいい頃です。ん~!
       
        

      一日に900kcalでも基本的には問題はありませんが、「ちょっと調子が悪いかな-?」という時に食べる必要性が顔を出してきます。桃辺り囓るとか。

      昼間に頭がフラフラするのは恐らく「糖の不足」が原因です。

      確かに糖がない状態こそ痩せるのですが、900というハイペースに加え、糖質を制限している(タンパクと野菜)と言うのはすこーしまずいラインだったりします。食事制限中なのに「食べる勇気」が試されるという不思議な状態です。
        

       
      本来であれば悪手なのですが、朝にフルーツジュース等を飲んでおくといい感じだと思います。清涼飲料水は駄目ですよ?
       
      ヨーグルトなんかもいいですね。900ならばこういった増やす調整が許されます。しっかり決まっていればこの程度ではスピードは落ちません。
       

      体重的にはバシバシ落ちるラインですし、食事もしっかり決まっています。体調だけ気をつけてください。

      あとは運動かな! 筋肉はちょっと食べなくても落ちませんが、動かさないと落ちます。ガッツリやる必要は無いので、毎日とりあえず全部動かしておきましょう。余裕があれば30分ほど痩せる歩き方でウォーキングできると最高です。

  10. ルミナ より:

    嫁入りさん、返信ありがとうございます。私は年がアラフォー入りしてますが筋力をつけていけばお姉さまのようにナイスバデーになれますかね^^

    とりあえず軽く運動しつつ食事制限を続けて3キロ落としたいと思います。また結果報告します!

  11. セルバンテス より:

    はじめまして、来月とうとう40に手が届いてしまう、セルバンテスと言います。
    身長171cmで体重82kgの肥満体になってしまい、昨年12月からダイエットを思い立ち、徹底的に調べて開始したところ無事地獄の年末戦線を-4kgで潜り抜けることが出来ました。
    さらに効率良く何かできないかと調べていたところこちらのブログに辿り着き、自分の考えとやり方が間違っていなかったと再確認出来て大変勇気をもらうことができました。
    12月中は食事を減らして体を慣らしていたんですが、正月明けより嫁入りさんのおすすめする1日1食に切り替えてさらに2kg超絞り、現在は75kg台に到達しました。
    このままおすすめの青汁も取り入れ、60台を目指したいと思います。
    基調な情報ありがとうございます!!

    • 嫁入り より:

      いえあああ!! おめでとうございます!!

      自分のやり方に確信がもてない・・・というのはよくある話だと思います。

      今でこそ偉そうに記事にしたりしていますが、私自身元々「食事を減らすダイエット」は否定派だったのです。テレビとかで駄目といっているのを鵜呑みにしていた1番可哀想なパターンです。むぅ。
       
       
      しかし結果が全てですからね!

      目標に至る道は多数あれど、早く、大きく、安全に痩せるルートはある程度決まっているのです。

      問題は気づけるか否かだと思います。やってみなければわからないというのが曲者ですが、一度体感すれば二度と不安になることもありません。どうすれば痩せるかが理解できたら、後はそのまま続けるだけ!!
       
       
      と、余談は置いておきまして素晴らしい成果だと思います。

      年末でも-4kgというのはなかなか難しいです。既に-7kgもの減量に成功していますし、60台は目前!

      既に7kg落とした人間がもう5kg落とせない理由がありましょうか!!
       
       
      繰り返しますが、おめでとうございます。とりあえずここまでお疲れさまです!

      その調子で行きましょう! これからも頑張って!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ダイエット成功 5kg 体験談
ダイエット成功?もう5kg落ちた。やったこと、気をつけたこと。間食・飲酒あり!

  ダイエットに成功したぜ!簡単!楽勝!速攻! と言っても俺はそんなに …

食事制限 ダイエット
ダイエットで食事制限、痩せないなんて嘘だ!正しい方法を知れ!痩せるし健康的。

  ダイエットで食事制限をしたけど痩せない・・・!! なんてよく聞くけ …

便秘 解消
便秘の原因と解消・予防方法を教えてやろう。悪影響が凄い。身体がひどい。

  便秘が頑固でなかなか解消できない・・・ 予防すら無理!もはや便秘が …

ニキビ 潰す 
ニキビは潰したほうが早く治る?触らないほうがいい? 悪化すんの?

  ニキビは潰したほうが早く治るよ! ニキビには触らないこと! 悪化し …

一週間 ダイエット 反則
一週間で痩せるダイエットはこの方法しか無い。即効かつ楽。ずるい。

この記事は改訂版です。  元々この記事はあるダイエットアイテムを中心に構築した方 …

ジントニック
ジントニックの味やカロリー、おすすめの作り方とその歴史を知れ。

ジントニック皆好きだろう? 人気だし、とても有名なカクテルだ。 もちろん俺も大好 …

短期間 長期間 ダイエット
短期間と長期間、どっちの痩せ方が理想なのか?ダイエット心得。リバウンドの嘘

  短期間の急激なダイエットはだめ。その痩せ方は間違い! リバウンドし …

社会人 モテ方
社会人のモテる方法。もう学生じゃない!モテない理由と恋愛の意識

  社会人のモテると学生のモテるは方法も意味も違うからね。 モテないの …

FRANCE PARIS FASHION WEEK
ファッションがわからない!女も男も真実を見よ。選び方と考え方。

ファンションがわからない女、ファッションがわからない男。最早迫害の対象になってき …

ダイエット 個人差 痩せにくい
ダイエットの個人差の秘密。何故痩せにくいのか? 早く痩せたい!

    ダイエットしてるのに全然痩せない。痩せにくい。 早く …