話題の泉TWF

*

食事制限は危険?健康のリスク、間違った2つのやり方。注意点

      2015/11/24

食事制限 危険

 

食事制限は危険であり、健康を害するリスクが有る・・・

と言うのは完全に誤解だ。俺は食事制限の信奉者だし、ダイエットをするときは必ずやっている。このブログでも何度も食事制限を薦めてきた。健康を害されたことは一度たりともない。

現代人の食生活は色々とネジがぶっ飛んでいて、制限しないほうがよっぽど不健康だ。肌荒れ、便秘、肥満、高血圧・・・ぜ~んぶ間違った常識が生み出した悲劇ですぞ?わかっているのかね?

 

ところがよ。実際に食事制限に挑戦した結果健康を害してしまったという人間は結構多かったりする。食事制限は健康の近道だが、やり過ぎたり極端な方法をとったりすれば普通に身体はぶっ壊れます。

食事制限は苦行じゃありませんぞ。勘違いされがちな2つの食事制限と注意点について書いていこうじゃないか。

 

 

健康を害する危険な食事制限 絶食or超小食編

食わなすぎる食事制限のリスク

食事制限と言うと確かにハードルが高そうに感じるかもしれないが、普通に食っていいんだよ。要は今まで食い過ぎだったから量を減らそう、回数を減らそうということよ。

人間はあんまり食べなくても平気なんだ。日本なんか食料が有り余っているくせにほとんど動かないのでますます食う必要がない。なのに三食バクバク食ってるから成人病やらビール腹やらになってしまうんだね。うむ。

 

 

だが食べなければ食べないほうがいいのかといえばそうじゃない。最低限の量は食べておかないと健康を維持する栄養すらも足りなくなって内臓はかたっぱしから機能不全。肌もボロボロ。精神も不安定になる。思いっきり栄養失調ですね。最悪拒食症だ。

 

間違った食事制限、勘違いされがち、かつ最も危険なやり方の筆頭は「絶食or超小食」という方法だ。美への探究心が地獄の蓋を開けようとしている。

それ食事制限じゃないからね。断食だ。修行だよ。

 

何故極端な方法をとってしまうのか?

食べないだけで辛いのにそんな極端なことをする奴がいんの?

と思うかも知れないが実際いるからこうして記事にしているわけよ。初めはそんなつもりがなくてもそうなってしまう可能性出てきてしまうんですぞ。もちろん「早く痩せたい!」という想いからいきなり極端なことをしでかす猛者もいるが。

 

食事制限の減量効果と言うのは無数にあるダイエットの方法の中でも群を抜いて効果的だ。一ヶ月に5kgも6kgも落とす人間はまず間違いなくどこかで食事制限をしている。それくらい破壊力があるんだね。

そうだね。ハイになっちゃうんだよ。「こんなに痩せるんだ!」という感動が食事制限を絶食方面に引っ張っていってしまうんだ。あまりに感動しすぎて脳みそが「食べなさい!」と危険信号を出しても簡単に無視できる謎の力を得てしまうほどよ。

 

また空腹感というのは一時的なものでしばらく耐えていると結構すぐに治まってしまう。この空腹感の耐え方が食事制限のコツであり、慣れてくるとむしろ楽しくなってくるんだが、ハイになっているとこの時間を可能な限り引き伸ばしたくなってしまう。

まさに「病み付き」というわけだ。美容や健康を目的に食事制限しているのに完全に本末転倒、ハイになっているとそれに気づかない。

 

痩せ過ぎ=美の勘違い

絶食系に走ってしまう人間には傾向があってだね。

 

体重が軽ければ軽いほど美しい

こんな風に思っている人は要注意だ。若い女性に多い。これをやってしまうのはぶっちぎりで女性ですな。つーか女性しかしらねえ。

 

若者向けの雑誌やモデルのプロフィールを見てこれくらい痩せれば綺麗になれるのか!と思い込んでいる人間は実に多いがあれ、ほとんどフィクションだからね。嘘の表記なんだよ。

 

俺は昔スカウトのバイトをしていた事がある。夜のお店に若い女性を斡旋するあまり綺麗じゃない仕事だ。昔の話ですぞ?

紹介先にモデル・芸能系の事務所があってだね、表では真っ当な芸能事務所だがデビューを餌に最終的に大人向けビデオへの出演を強要するとんでも無い事務所だ。一応拒否権はある。

そこに所属している女の子は雑誌なんかで表の活動(最初だけ)をしていくわけだが、そこに載ってる体重は本来の体重よりも5~7kgくらい低く書いてあるからね。本当は46kgなのに39kgとかにしてあるからね。

 

実際に39kgなんかにしたらよっぽど身長が低くないとマジで骨と皮だ。それに気づかず盲目的に憧れを追い求めるひとは絶食系に走りやすい。夢とかがあると特にそうですね。

 

だから痩せれば痩せるほど綺麗になるという勘違い、イメージを払拭することが大事なんだ。

絶食・超小食の食事制限は間違いなく栄養失調になる。そして栄養失調になれば肌の色は変色してボロボロになるし、怪我もしやすく、病気にもかかりやすくなる。貧血や熱中症は頻発して大変だ。当然美しさとは対極の位置よ。

 

それは超小食食事制限になっていないか?

と、上のは自ら絶食系に飛び込む剛の者の話なわけだが、自分では正しい!と思っていても実は危険な食事制限でしたー。なんてことになるかも知れない。一度確認しておこう。

 

俺の推奨する食事制限は食べる量を減らして3食食べるか、食べる量はそのままで食事の回数を一度に抑えるか、の2つよ。

この2つは単品では効果抜群だが組み合わせたらもう危険信号だ。食事の回数が一度なのに食べる量が少ない・・・これは流石に死んでしまいますよね。

参照:食事制限の正しいやり方

 

子供サイズのおにぎり一つとゆでたまごだけとか、カロリーメイト2つ食べて今日の食事はおしまい!とか。明らかにやばそうだろう? いたんだよこういう人。

量を減らすなら回数はそのまま、一日一度の食事ならしっかり食べなさい。会社でぶっ倒れても知りませんぞ?

 

もう一つ。

普段ものすごくエネルギーを使っているのに食事制限をする・・・というひとは注意が必要だ。

 

例えば仕事が肉体労働系でかなり日常が激しい運動になっているとか、早く結果をだしたくて毎日10km走ってます!みたいな人ですな。

こういう人たちがいきなりガチで食事制限をしてしまうと、適切な量を食べているはずなのに身体がおかしい・・・ということになりかねない。適切な量を確認しながら少しずつ減らしていく必要がある。

 

現代人が食べ過ぎなのは「食う量に対してエネルギーを使わなさすぎ」だからであり、普段からバコバコエネルギーを使っている人は三食普通に食べてても食べ過ぎじゃあ無いんだね。

そういう人が現代人向けの食事制限をすれば意図せずとも「超小食系」になってしまう。何事も大事なのはバランスですぞ。

 

 

健康を害する危険な食事制限 栄養の偏り

栄養が偏った食事制限のリスク

食事制限に挑戦すると栄養が偏ってしまいがちだ。この栄養の偏りというのが曲者で、ある程度なら食事制限によって回復した身体がどうとでもしてくれるのだが、少しずつ気づかないレベルで身体をおかしな方向に持って行ってしまう。

絶食・超小食系のようにいきなりぶっ壊れるわけではないが、肌荒れやニキビが増えたり、身体の調子が出なくて集中力が死んだり、場合によっては太りやすく(浮腫みやすく)なったりする。そしてこれらは気づきにくいのがまた厄介ですね。

 

気づきにくい上、完璧なバランスを目指すのは難しいという食事制限最大の敵の一つだ。「栄養士」なんていう職業があるくらいよ。ハードルは上がり、効果が阻害されて心をへし折ってくる。

そこまで難しく考える必要は無いんだけどね。人間は丈夫です。

 

完璧なバランスを追求しなくてもいい!

栄養の偏りを避けるのに一番いい方法は難しく考えないことだ。人間の体は大体の栄養を自分で作り出すことができる素晴らしい機能が備わっている。ここがポイントよ。

 

普通の人には知識が無いので栄養を偏らせないようにするとどうしても食べる量が増えてしまいますな?

肉を食べたら偏らないように野菜を食べ、野菜ばかりなら肉を食べる。ビタミンを取ろうと果物を食べて、卵を食べて、米を食べて・・・・

 

こんな風にちょっと栄養を意識しようとすると足し算で補おうとしてしまうのが落とし穴なんだ。

 

こんなふうに足し算で食べていては必ず突出した栄養が出てきてしまうし、必要な栄養を満たすと同時に余った栄養がわんさか出てきてしまう。

あの有名な一日30品目というフレーズは、それくらいの種類を食べないと必要な栄養は満たせないよ!ということだが、30品目も食べて余りを出さないようにするのは超がつくほど難しい。不可能だと思っていい。

 

つまり生半可な知識で追求すればしようとするほど栄養というのは偏ってしまうというね。それでも追求すれば結局食べ過ぎになって食事制限をする意味が無い。

 

上の方でいった通りある程度の偏りは身体そのものが上手く調節してくれるんだよ。不足したものは体内で合成してくれるんだね。ちょっとくらい栄養が足りなくても人間は平気なんだ。

カロリーとの兼ね合いを考慮しても、深読みしないでただ量を減らすことだけを意識したほうがいい。そうすれば自然とバランスというのはそこそこ整ってくるんだぜ。

 

注意!偏食の危険性。

たった今そこまで追求する必要は無いよ!といったばかりだが、それでも限度ってもんがある。注意して欲しいのが元々偏食気味の人や他のダイエットを組み合わせて実践している人ですな。

 

この場合の偏食と言うのは同じようなもんばっかり食べてる人よ。いちいちメニューを考えるのが面倒だから冷凍食品ばっかり食べてるとか、バナナダイエット!みたいな極端なことをしているとか。

痩せようとして脂肪分を極限までカットしている人も危険だ。最早太りやすくなるとか肌が荒れるどころか病気になるからね。通院必須。死ぬぞ?

 

内臓系の疾患、皮膚病、勃起不全、生理不順、うつ病・・・挙げ出したらキリがない。食事制限をするなら余計なことは厳禁だし、面倒でもある程度のバラエティが必要よ。要は同じものばかり食べるなということさ。痛風にもなるよ!

 

俺の知人にポップコーンが大好きという男がいたんだが、彼は日々の食事をポップコーンだけで食いつないでいった結果ある日ベッドから起き上がれなくなったという。全身が超重くなり、まさに鉛のよう。怖い話だね。当然病院行きだ。

 

?・・・偏食だけど全然健康だよ?

 

という人は気づいてない、あるいはその状態に慣れているだけで実際はぼろぼろだ。程度や期間にもよるが内臓と血液は死にかけと言っていい。これはもう気づいたもん勝ちだ。既にヤバイところまで来ていると思っていたほうがいいぜ。

 

じゃあ偏らないためにはどうすればいいんだ!

完璧を追求しなくてもいい!でも偏食はだめー!

と混乱させることを書いてしまっているな。ブレブレだね。でもその中間を射抜くバランス感覚が必要なんだよ。や、極端なことはだめだよと言っているだけなんだが・・・

 

そんな微妙な栄養の偏りを簡単に解決する方法があるんですよ。俺もやっている。僕はやっている。何だと思うかね?

 

答えは「栄養バランスが優れているものをメニューに加える」。

これなんだ。これがいい。

 

偏ってしまいがちなら、補うものを摂取すればいいというシンプルな理屈よ。しかも単品でも優れているなら「追求した結果食べ過ぎ」ということにならない。

 

例えば牛乳

生まれたばかりの哺乳類はある程度成長するまでこれだけで大きくなるんだ。その栄養バランスは一級品。最強の飲み物だと思っている。

俺は小学校で「牛乳はカルシウムがすごい」「牛乳マジカルシウム最強」みたいに刷り込まれて来たがそんなものはおまけだ。カルシウムとかどうでもいい。何故「牛乳は栄養が素晴らしい」と教えてくれなかったのか。

 

俺は食事制限の際水だけ飲むことを推奨しているが、食事の際にスープのような感覚で摂取すれば問題ない。とんちが効いてるけどね。

いいカロリーなので一日にグラス一杯。これを守ればいいバランサーになってくれる。

 

もいいぞ。

卵生の生物はあの状態から一切の栄養補給なしで生まれるんだ。必要な栄養は集約され、最高のバランスを保っている。

コレステロールが気になるのでコイツも一日に一つ。カロリーもあるしね。俺はゆでたまごか目玉焼きにして食べている。卵好きなんだ俺。これもグッドだ。

 

納豆豆腐もいい。

まあ、大豆だよ。その豊富なタンパク質から「畑の肉」なんて呼ばれていますな。

だがこの渾名は別にタンパク質だけのことを指してついたものじゃない。そもそも豆は基本的に皆高タンパクだし。

 

昔は食料品が本当に少なかったので「肉(動物)食えばとりあえずなんとかなる」みたいな風潮があったんだよ。実際栄養豊富だし、米なんかと比べれば脂質タンパク質ビタミンと糖質以外全部勝ってる。

そんな肉のような栄養を兼ね備えた奇跡の豆が大豆であり、「畑の肉」という渾名の理由だ。

 

SMAPの中居正広氏は舞台や撮影に向けて減量をしなければならなくなった時、豆腐と納豆しか食べないという。あれだけ活動的な人間が大豆だけで減量と健康を両立しているのだからそのバランスは推して知るべし。カロリーも低い。

 

と、ザックリ上げればこんなとこかな。

こういうバランスに優れたものを食事に加えるだけで栄養の偏りを防ぎ、間違った食事制限のリスクを大幅に減らしてくれるんだ。その破壊力は多少偏食でも何とかなってしまうほど。取り過ぎは良くないけどね。

メニューに迷ったらこれだ。スーパーに行けば確実に手に入るのもいいですね。

 

健康な食事制限はバランスだ!

「絶食・超小食」と「栄養の偏り」という食事制限の間違いを語って見たわけだがどうだろう?当てはまってたりしてないかな?

確かにこの2つは極端だが意外とやってしまっているのも事実よ。急いで痩せようとすればするほど、焦っていれば焦っているほどやりがちだ。美や健康を求めて食事制限するのに結果的に真逆のことをしてしまうなんて皮肉がきいていますな。

 

結局のところバランスなんだ。

最低限の食事量を保ちつつ、健康を害さない栄養を摂る。これが一番早く効果が出るしリスクも0。食事制限で体調を崩したり、変にリバウンドする人というのは必ず何かしらの間違いをおかしている。そのバランスの見極めにちょっと慣れがいるんだけどね。

 

この記事で書いたのは「一番やってはいけないこと」であり、「これをやらなけければ大丈夫!」ということじゃない。

よーく考えて正しいことと間違ったことを見極める癖をつけておかないと、後でえらい目にあってしまいますぞ。

 

食事制限の正しいやり方

一ヶ月に6kg落とす俺のダイエット

 - 俺のダイエット, 知識の泉 , , , ,

01

01

Comment

  1. さとみ より:

    おそらく、一週間で3きろはおちているのですが、かぜをひきました。

    ふだんは、絶対ひかないんです。

    ちょっと弱気になっちゃったからですかねぇ、、?

    牛乳と卵はたべて、お昼だけたまごやさんというおべんとうやさんを利用しています。

    • 嫁入り より:

      確かに精神的な負担が風邪を引き起こしてしまったのかも。そして今くらいの時期は季節の変わり目、風邪をひきやすい時期でもあります。
       
      人間は結構頑丈なくせに壊れるときはあっさり壊れますからね!

      食事制限等でいきなり生活を変えたりすれば、人によっては強烈なストレスになります。
       
       
      食事制限が原因で風邪を引く・・・と言うのは極端なことをしなければまずありえません。ですがいざ風邪を引いている時にそのまま継続するのは良くない気がします。少しペースを落として、ビタミンを意識しましょう。
       

      ペースは最高です。早い!

      そのまま今後も体調に気をかけつつ継続していけば必ず理想の結果がまっているはず。頑張って!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

朝食 ダイエット 必要ない
ダイエットに朝食は必要か?食べない、抜くと太ると本当に思っているのか?

  朝食を食べないと逆に太ることになる! だからダイエットでは朝食を抜 …

女子中学生 ダイエット2
中学生女子のためのダイエット方法を兄さんが教えてやろう。楽だし痩せる!

追記:すごく評判がよくて感無量。成功した方々にはこの場を借りておめでとうといいた …

短期間 長期間 ダイエット
短期間と長期間、どっちの痩せ方が理想なのか?ダイエット心得。リバウンドの嘘

  短期間の急激なダイエットはだめ。その痩せ方は間違い! リバウンドし …

食事制限 ダイエット
ダイエットで食事制限、痩せないなんて嘘だ!正しい方法を知れ!痩せるし健康的。

  ダイエットで食事制限をしたけど痩せない・・・!! なんてよく聞くけ …

ダイエット 間食 食欲
ダイエット中なのについ間食・・・食欲が止まらない理由、治す方法。

  ダイエット中なのに食べてしまう、食欲が止まらず間食・おやつの誘惑に …

ダイエット 成功後 また太る
ダイエットはいつまで続ける? 痩せた後、成功後について。また太るのか?

  ダイエットに成功!やった! 辛い戦いだった!!   おめ …

ニキビ 潰す 
ニキビは潰したほうが早く治る?触らないほうがいい? 悪化すんの?

  ニキビは潰したほうが早く治るよ! ニキビには触らないこと! 悪化し …

痩せる食事 太らない
痩せる食生活、太らない食事はない? ダイエットの食事メニュー。偏食でデブ。

  やあ、忙しくてなかなか書けぬ。あそびたーい! そして急いで放り出してもボツが …

痩せるとモテる モテない
痩せるとモテるのか?ダイエットだけではモテないのか?男も女も共通です。

  痩せたらやっぱりモテるんですか!? いや、ダイエットしただけじゃあ …

ダイエット 筋トレ 必要ない
ダイエットに筋トレは必要ない?意味が無い?「絞る」と「作る」。真逆の考え。

  ダイエットに筋トレは必要ないよ! やる意味が無い。落ちないようにす …