話題の泉TWF

*

ダイエットはお金がかかる?かからない?使いみちで差がでるか。え、実質タダなの?

   

ダイエットにはお金がかかるお金がかからない(必要ない、浮く)と2つのイメージが存在する。

何故こんな真逆のイメージが普通に混在しているのか?マジで逆じゃん。

 

うむ、当たり前だがダイエット自体に成功までのルート…やり方が無数にあるからだな。当然お金をかけようがかけまいが、成功した人は「このやり方こそが正しい!」と思い込むだろう。

 

そして友人や知人に宣言するわけだ。

ダイエットはお金をかけてでも最高の方法を追求したほうがいいよ!

ダイエットにお金はかからない!無駄にしかならないからやめておけ!

 

もちろん両者ともマジで正しいと思っているので、どっちかが嘘をついてるかと言ったらそんな事はない。人は自ら経験したことや自分で乗り越えたことこそ真実だと思うよな。もちろん、実際にそれで成功を掴み取ったんだからそれは紛れもない真実よ。よく頑張った、最高。

俺のやり方で痩せてくれた人達。最初は半信半疑だったかも知れないが、今はどうだ?俺の方法こそ最も効果的で手っ取り早いと思ってくれているんじゃないか?どうだね??

・・・はっはー!よしてくれ、褒めても何も出ないぜ!!

 

や、知りたいのはそんなことじゃないよな。

こんな曖昧な話じゃなくて実際どうなのか これを知りたいだろう。

この問題は感覚の違いもあるので少し難しいが、ダイエットについて無駄に経験豊富な俺なりの結論はある。この「ダイエットお金問題」に関しては答えの一端を俺は持っている。両方やったことあるしな。

 

今回はダイエットにお金はかかるのか?それともかからないのか?

かけるとしたらどこに使うべきか?かからないとしたら実際の出費は?

 

この辺について書いてみよう。

人の感覚によっても違うだろうが、この辺の問題は知っておいて損はない。

 

無駄なお金をかけているかも知れないし、糸目をつけないスタンスならもっと効率的な方法も見つかるかも知れない。

まあ、俺の持論で行けばどっちのパターンでも効率的になれるんだけどな!!!

 

ダイエットの出費 お金は意外とかかるもの?必要ない??

ダイエットのお金がかかるイメージ 真実は?意外な出費。もう使っている。

まずは両方の感覚について知っておかないとな。片方の感覚だけ知って自分なりの判断とか無理に決まっている。まずは知ろう。それがなきゃ何も始まんない。

 

さて、記事の書き方の都合的な問題もあるが、まずはかかるお金の方から書いていこう。

基本的にダイエットにかかるお金というのはそもそも微妙な立ち位置だったりする。表現が変といったほうがいいかな?

 

わかりやすいのは食費だ。

これはダイエットしていようがしていまいが必ず生活の中でかかってくる出費だよな。

この毎日かかる出費にダイエット的な工夫を挟めば当然この出費に変化がかかってくる。

 

例えば糖質制限に主眼を置いたダイエットをしようと主食(米、麺、パン)の量を減らし、代わりに主菜副菜…おかずの方を増やしたとしよう。

当然だが毎日にかかる食費は上がってくる。まあ、このへんは節約術とかでどうにでもなる部分だが、何も考えずにおかずを多くすれば「ダイエットしなければ増えなかった出費」が出てくる。

でも人によっては食費多少アップしたところでそもそも生活分の出費なのだからと「ダイエットにかかるお金」と認識しなかったりする。

 

もちろん糖質制限というのはあくまで一例であって、「ダイエット効果のある食品」の話を聴いて、積極的に取り入れていけば同じだ。

 

・・・一日の平均が100円増えれば1ヶ月3000円、200円増えれば6000円、300円増えれば9000円という出費になるんだがな。こわい。

2ヶ月なら60001200018000

3ヶ月なら90001800027000

 

うわあ、こう考えるとちょこちょこ出ているだろう? 少し極端な例えだが。

でも認識していたかな?俺は昔全然わかってなかったよ。うっほ。

 

他にも運動に主眼を置いたダイエットをしようとしたとしよう。

これは自分が動いて完結するものだからお金はかからない!リーズナブルな方法だぜ!

 

って思うだろ?

実はダイエットをする時ここにお金をかける人は多い。だってここは最もお金をかけやすいところなんだもん。

 

運動をメインに据えて頑張るダイエットは結構な難しさを誇り、それなりにハードなことをしなければならないわけだが・・・

これをよーし!頑張るか!! と継続してできる人間はかなり少ない。そもそもそれができる人間はダイエットを必要としていない。故にモチベーションへの投資が必要になってくる。

 

フィットネスクラブ(ジム)に入会したり、スポーツウェアを購入したり、ダイエット器具を注文したり・・・

動いた分食費が増えるという本末転倒な自体になる可能性もあるし、バシバシ動けば水分補給が必要になってくる。スポーツドリンクとか買っちゃうだろう?

ジムへの入会やウェアの購入は出費と認識するかも知れないが、後者の方は出費と認識されなかったりする。だが実際にはちょこちょことかかっているわけだ。

 

2つ例を挙げたが、ダイエットというのはそれだけでお金をかけれそうな部分がたくさんある。

体重計を買えばお金はかかる。ネットで評判らしい痩せ薬を買ってもそうだ。栄養調整のためのサプリメント、健康食品、プロテイン、ローカロリー食品、ダイエット教本、エクササイズDVD・・・

 

探せばもっとあるだろう。正直、ダイエットに限らず人はなにか行動を起こす時バンバンお金かかっちゃうんだよな。でも意外と気づいてなかったりする。都度の額が少なければなおさらだ。

 

まあね、この辺の出費ははっきり言って必須ではない。全部なくてもなんとかなる、どうにでもなる出費だ。

お金がかかるではなく、お金をかけているのほうが真実に近いわけだな。既に使っておるのじゃよ。当然カットしようと思えばし放題だ。これは後述。

 

こういった事情を知った上で・・・

次はお金がかからない方のイメージ。こっちの感覚を知っておこう。

もう既にお金かけまくってる感じだが、意外とかからない…どころか浮く場合だってあるのがダイエットだ。

 

ダイエットのお金がかからないイメージ 嘘なの?いや、節約だって可能!

いきなり気の重くなる話をしてしまったな。こんどは逆の方をきいて重くなってね!

人はなにか行動する時大体お金がかかる・・・と言ってしまったばかりだが、ダイエットはその中でもお金のかかり方がかなり柔軟だ。全然お金をかけないことだって普通にできる。

 

すぐ上で出した例・・・健康食品やらプロテインやらだが、言ったとおり別になくたってダイエットは普通に出来てしまう。俺のダイエットで別にプロテイン使うかって言ったら使わないよな。マジな肉体改造とかでは必要になってくるが、ダイエットではいらない。寧ろ邪魔だ。

青汁とかは薦めているが、飲まなくたってこのブログで成功した人は結構いる。俺自身ストックが切れていて使わなくても余裕で痩せれてしまう。あったら100%使うけどな。青汁はいいぞ-。

 

食費だって工夫次第でぐっと抑えることが可能だ。

どうすんの? 簡単だ。減らす方向のダイエットをすればいい。食事制限だ。

もちろんレシピや食材の選び方。タイムセールとかを狙っていく王道の節約術でも押さえることは可能だが、(俺は)面倒くさいし、効果がどうしても薄くなってしまう。

 

でも食事制限…俺の得意技である一日一食のダイエットなら単純計算で66%削れるんだぜ?月の食費に40000かけている人なら13333まで落とせるわけだ。その差、なんと26666円!

まあ、実際はそう上手くいかないもんだが控えめに見て20000円だったとしても圧倒的な節約になるよな。半額だ。いえー!!

 

他にも、上で運動はモチベーションの投資が必要みたいなことを言ったばかりだが俺はダイエットのための運動に投資したことはダイエットがまだ未熟だったころ位で、それ以降一切していない。

だってどんな運動をどれくらい運動すれば効率よく痩せれるかを知っているからな。俺にとって1番上がりにくいモチベーションのためにお金をかけて、非効率な方法に拘る必要は皆無だ。

ダイエットのやり方によっては相対的な出費なんて言うのはどうにでもなる。

 

あれ?ダイエットお金かかんないじゃん。

そうだな。ダイエットなんて言うのは基本的にお金がかからないものなんだよ。寧ろやりようによっては金がガンガン溜まっていく位だ。特に俺のダイエットは本当に食費が浮く。

 

だが!だがじゃよ??

この考え方。「ダイエットお金かかんないじゃんヒャッハー!」は一つ大きな落とし穴がある。はっきり言って危険だ。他は飛ばしてもいいけれど、次の部分は読んでおいたほうがいいぜ!

 

ダイエットで出費を抑えるのは悪手! 続けられなきゃ始まらない!

いきなり矛盾したことを書くが、ダイエットマスターを自称する俺からすれば、ダイエットごときに無理して余計なお金をかける必要は皆無だ。 

なんで?だってお金かけなくても痩せれるもん。かけなくても痩せれるならかけないほうがいいじゃんか。

 

だが、同時にダイエットで出費を抑えようと頑張るのは悪手だと断言する。

 

…? 何いってんだこいつ??

 

と思うかも知れないが、よーく考えて欲しい。

何のためにダイエットを決意したのかな? 

 

そう!自分の身体に不満があって、それを解消するためだよな。目的は痩せること!!これが第一に達成すべき目標であり、他は二の次三の次。

ダイエットはお金をかけなくてもどうにでもなるが、それは「ちゃんとダイエット出来たら」の話だ。

そしてダイエットっていうのは「正しい方法をとりあえずやっていれば効果が出てくる」戦いなんだぜ。実行してれば勝手に痩せんの。

 

ならどうして失敗してしまうのか? それは結局ダイエットが続かないからに他ならないわけだ。

 

そんなことない? 

違うよな。今の身体になる前「そろそろヤバイかも」と思ったときがあるはずだ。でもその時勝負できずにズルズル引き伸ばして今の身体になってしまったよな。あるいは勝負には踏み切ったが、結局効果が出る前に逃げてしまった。

何がいいたいか。ダイエット自体にお金はかけなくても、ちゃんとダイエットを始められる、あるいはダイエットを継続できるようにするためのお金はかけるべきということなんだ。 

 

それをしないとそもそも何も始まらぬ!ダイエット最大の壁であり必勝法は、楽しんで頑張れるかなんだ。その前に撃沈してたらもうどうしようもない。

そして楽しんでダイエットを続けるには、余計な手間をかけて節約なんかしている場合ではない。だらだらやってると面倒になってリタイヤしやすいからだね。これの威力半端ないぞ。マジで悪魔だ。

別の記事でも言っているが、面倒な部分は極力削らないとダイエットはすぐうざくなってくる。いかにダイエットしてる感を抑えつつダイエットするかが、特にちょっとなれてきた辺りからは重要だ。

 

そうは言っても難しいよ・・・お金も余裕はないし・・・

そんな事はわかっているけど、やる気を出すのはすごく大変なんだ・・・

あぁ、ゴメンよ…。そうだよな。気持ちすごくわかる。悲しそうな顔をしないでくれ。

すぐ上でこき下ろし気味に書いているの全部俺の事だからね。俺、上の失敗全部やってきたから。俺ダイエットにボコボコにされまくってるから。こんな思いをしてほしくない。

 

大丈夫!ダイエットには全員共通してモチベが上がる切り札がある。

うむ。そうだな! 効果を目の当たりにしたときだ。

見た目が1番効くんだが、これは見分け方が難しいので、やはり体重がいいな。

 

ちょっとでも頑張ってみて、実際に体重が減れば「これはいけるかも知れない!」とテンションはガンガンに上がってくる。

最高に気分がいいぜ!あれほど憎かった体重がサクサクと落ちていく様は!!

 

そのためには手っ取り早く効果を出さなきゃならない。もたもたしてるとその前にダイエットやめちゃうからな。ダイエットにおいてお金をかけるとしたらその部分になる。

今やっていることの効率化…同じ労力でより効果が大きく出るようにしたり、あるいは効果はそのままに今より楽にダイエットできるようにお金は使っていく。

 

…おい、ちょっと待て。

アンタお金掛ける必要は無いって言っただろう?かけてるじゃないか。

 

ああ、かけるとも!

開き直っているんじゃあない。ここまで書いた内容を上手く組み合わせると、ダイエット前と比べた実質的な出費を限りなく抑えながら、必要な部分にお金はかけれてしまうという夢の様なテクニックが浮かび上がってくる。

 

わかるかな? 人の金を使うとかじゃないよ?

お金はかかるというより既にかけている方が近いんだったな。

そしてダイエットは取る手段次第でお金がかからないどころか浮く。

 

ほうら!!なんか見えてきたんじゃないか!!

 

ダイエットはタダで投資ができる!お金をかけてるのに出費0!?

どうだい?わかったかな??予想ついただろう?

まず前提としてこの方法は簡単で最速のダイエット方法を選んでいることが条件だ。

 

俺のダイエット…このブログの看板記事、1ヶ月で6kg落とすあれだな。一週間で痩せる方法でもいい。このどちらかが鍵になる。

参照:一ヶ月で6kg落とす俺のダイエットメニュー 決して無理じゃない!しかも楽。 
  :一週間で痩せるダイエットはこの方法しか無い。

 

うむ。まあ俺の大好きな食事制限だな。既に上の2つである程度結果が出た人達はこれの効果がいかに素晴らしいかわかるはずだ。まだの人は勇気をもって踏み出してみて欲しい。馬鹿みたいに痩せるから。おっと、18歳未満はやっちゃダメだぞ?

 

さて、上で書いたとおり、ダイエットはやり方次第でお金が浮く。そのうち本来なら最も節約が難しい部分が食費だよな。これは生きるために必ず毎日かかってしまう生活費であり、食費っていうのは削るものの中では後回しにされやすい。

が、食事制限をチャレンジャブルな方法で実行することでこれがごっそりと浮く。間食をやめた分、日々の食事、お酒やジュース代…こういうのが激減するわけだ。

この浮いた分はこちらから動いて節約したのではなく、効率良く痩せようとしていれば勝手に浮いてしまう牡丹餅。あぶく銭よ。

 

出費の方で書いた計算そのままだが、1100円浮けば1ヶ月で3000円、200円で6000円、300円で9000円だ。

2ヶ月なら60001200018000

3ヶ月なら90001800027000

 

ちょっと最初にミスったりして遅くなっても、三ヶ月あれば大体俺のダイエットはハッピーエンドで終了するので、大体これくらいの目安をもってくれ。

300円も食費浮かないよ! と思うかも知れないが、一日三食におやつバリバリ食ってた状態を考えてみたらかなり楽勝じゃないか? 1000円が半分の500になるだけで115000円も使えるお金が出てしまう。

 

15000円あったら何ができる?

もちろんデートに使ったり、一食に減らした分日々の食事をちょっぴり豪華にしたっていいだろう。それでやる気が湧いてくるなら大いに使うべきだ。ご褒美も大事!自分のお金なんだしすきにつかってOK! 

 

と、こういったことを俺は食事制限の記事で書いたりしているわけだが、この記事では敢えて、普段なら尻込みしてしまうような「ダイエットの投資」にこのお金を使ってみることをおすすめしたい。

ダイエット自体にお金はかからないが、その一方で、かけた方が圧倒的に効率が良くなるものというのは確かに存在する。筆頭は自分の工夫ではどうにもならないもの、あるいは自分の工夫だけででやろうとすると滅茶苦茶に面倒な事。これですよ。

 

この実質的出費を0にするテクニックはちゃんと食事制限をしていることが前提だ。

食事制限の記事などで述べているように、食事制限はものすごいメリットと痩せやすさを約束するが、小さいデメリットもいくつかあり、その中にはダイエットの進行を遅らせるものが存在する。

 

例えば栄養面…細かいことはこの記事では省くが、食事制限系ダイエットは「突出した栄養によって身体がおかしくなり太りやすくなったりする」という状況は避けれるが、同時に一部の栄養は足りなくなる。

もちろん、ある程度はマイナスでないとそもそも痩せないのだから当然なのだが、ビタミンやミネラルなどのカロリーにならない栄養素等は可能な限りしっかりとっておきたいところだ。

 

身体っていうのは正常に機能しているからこそ努力がそのまま結果に結びつくんだぜ。はっきりとぶっちゃけちゃえば痩せるスピードが遅くなるんじゃよ。

これを上手く食事だけで補おうとすると滅茶苦茶大変だ。 単に色々なものをたくさん食べるだけでは食事制限の意味がないし、そもそも知識がかなり要る。超めんどい。

 

だけど世の中には便利アイテムがあるだろう?

サプリメントや健康食品とかはこういう時に使えると思わないかな?

実際に「カロリーは限りなく0に近い上、欠乏しがちな栄養をカバーしまくってくれる様な幅広さをもつ食材」なんかそうそう見つかるもんじゃないが、人工的に加工したもの…サプリや健康食品なんかは普通に手に入ってしまう。そこら中にある。

 

青汁とか一見地味なようだが、食事で頑張ろうとするとばかみたいな量の野菜が必要な栄養の穴をしかめっ面しながら飲み干すだけで埋めてくれるんだぜ?

しかも食事制限は便秘になりやすいという欠点を持つが、そこの解消にも極めて効果的だ。豊富な食物繊維は便秘の改善にかなり効果的な上、痩せやすい身体を作るのにも役に立つ。

 

青汁はもはや国が配るべきだよな。給食でも出すべき。俺だけが青汁の素晴らしさを知っていると思ってたのに、いまちょっとブームみたいになってて悲しいよ。

※俺が青汁野郎というだけでなく、俺のダイエットは青汁との相性が抜群に良いので、「どこに使えばいいかわからない!」という人はここから挑戦してみるといいと思うな。人を選ばず、誰にでも効果があり、美容方面とかの嬉しいおまけも完備している。

参照:青汁の超効果!効かないなんて言わせぬ。美容の王様を知れ!

 

他にも代謝を底上げしてくれる漢方なんかもあるぜ。代謝はダイエットの根幹…ここが腐ってると痩せるものも痩せない。青汁を筆頭とした健康食品・サプリメントが良い理由でもあるんだ。

俺だけが知ってるマル秘アイテムかと思ったら、普通に有名でびっくりしたよ。睡眠系の本で出てくるなんて普通思わない。

ただこいつは食事制限との併用はあまり良くないので、まずはやっぱり青汁かな。いいアイテムなんだけどね。気になるなら記事を参照してくれ。

参照:本当に痩せるガチの医薬品。現実的、絶対的な効果。必ず注意点を守れ!

 

食事を制限する以上、身体に取り入れることでダイエットの効率をあげるというテクニックは封印されてしまうが、こういう物に頼ればそれが実現可能になってしまう。まさにいいとこ取り。もし使うならこういう部分だ。

もちろん俺がこのブログで勧めるものだけじゃなくて、楽しく気分良く運動したいのなら上で書いたフィットネスクラブなんかに入会してもいいだろうし、家でできる運動器具とかに使うのもいいよな。浮いたお金なんだし。

 

それぞれに見合った使い方が必ずあるはずだ。苦手な部分や、弱点となる部分を潰すために使うのがまずは無難かな。サプリメント・健康食品の例を出したのは食事制限をする以上、必ず共通で効果をバキバキに発揮するというところが大きい。弱点潰し放題。

 

どうかな?

お金を使った方が楽になる部分があるのに、使わないのはもったいないよな。使ってさっさと成功させたほうが将来的にも美味しい。太ってる時間が長ければ長いほど本来味わうはずだった幸せの時間が減っていくんだ。

もたもたしてると気になってる人が他の人にかすめ取られるかも知れない。2つ隣の町に行くのに徒歩で向かうか電車使うかっていったらそりゃあ電車使うだろう。時は金なりって意外とマジだからね。馬鹿にしてると泣くぞ。泣いた。

 

うう…でも使わなくてもなんとかなるものに使いたくない…

そこでこの方法だ!青汁なんて1ヶ月分5000円もしないんだぜ?一日160円浮かすとか食事制限なら楽勝すぎて笑っちゃうね! 

 

ダイエットはいいとこ取りが基本だ。辛さやダメージは最小限に抑えつつ、得られる成果は幅広くガッツリもらう!

どちらかを選ばなければならない…という状況も、ちょっとした機転をきかせれば両方選ぶことだって出来てしまうんだ。

 

なくてもなんとかなる

でもあればより良い結果を得られる

こういうシチュエーションは悩みどころかも知れないが、「ないけどあったことにしてより良い結果を掴む」みたいな第三の道は結構あるからな。凝り固まった考え方っていうのは色々と損になりがちだ。

 

特にダイエットには大きく出るぞ!!

 

お金をかけるなら俺ならこう!!必要な投資 金をかけるだけでは痩せない。

ちょっとデリケートな話題になってしまったが、この記事で話すべきところはこんなところだ。

 

ダイエットにお金はかける必要はないが

お金をかけたほうが有利になるケースは存在し

やりようによっては実質タダで有効な投資を行うことができる。

という内容。人によっては嫌悪感を示してしまうかも知れないが、実際知りたい人は多いはずだ。

 

食事制限との絡みを上手く使えば、すでにお金をかけている人は見直しやコストカットができるし、お金を掛けないと決めている人も自由に有効な手を打つことができるだろう。

 

さて、最後に一つ例をだしてこの記事は終わりにしようか。

ズバリ、資金無制限でダイエットする場合、俺ならどうするか?

 

お金掛ける必要はないと断言しながらも、ダイエットへの投資を勧める俺。そんな俺にもし無限にお金がある状態でダイエットするならどう使うのか。ふふん?気になるだろう??

 

と、長くなりそうな内容の癖にこんな終わり間近にこの話を持ってきた時点で察しはつくと思う。

 

俺のお金の掛けどころはこんな感じだ。

・いい体重計を購入!

・粉末青汁を購入!

・日々の食事を高級食材にグレードアップ!

 

こんなとこかな。

 

・・・え? 馬鹿にしてんの??

なんて声が聴こえてくるようだ。あ!物を投げないで!

 

でも実際こんなもんでいい。体重計は日々の確認の為に欲しい。青汁はダイエットの効率をあげるからほしい。高級食材は単に俺の趣味だ!美味しいものが食べたい!

俺だけのとっておき使い所みたいなのは期待してくれていた人に悪いが、ない。ゴメンよ?

 

だって俺の場合はこれ以上は別にいらないからね。デブとスマートを往復しまくってダイエット研究ばっか頑張った俺だ。自分で言うのも何だが相当なスピードで、楽に、かつ確実にダイエットできる。

つまりこれ以上はかけたところで効果は実感できないし、実際薄いだろう。仮にもっと効率良くなったとしても俺には大して意味がない。もう半月延長して頑張れば済む話なんだから。もう俺の中で完成していて、これ以上は蛇足だ。

 

何がいいたいか? 

ダイエットは結局自分次第だってことさ。

 

勘違いしてほしくないのは、お金をかければダイエットに成功するとかそんなうまい話はないという事。脂肪吸引とかは別だけどな。

ダイエットにお金をかけるっていうのは、あくまでも自分で行うダイエットを助けてくれたり、楽にしてくれたり、パワーアップさせること。

もしくは行おうとしているダイエットを頑張りやすくする環境を整えること。こういうことなの。

 

結局自分で戦わなければいくらお金をかけたところで、効果は全然出てこない。ジムに入会しても行かなければ意味がないし、ダイエットに効果的な食品を食べていてもそれ以上に太る生活をしていたら意味がない。

お金をかければ楽になる…楽をするというのは1の努力で1以上の結果を出すことだ。この辺を勘違いしていると一生かかってもダイエットなんか成功しないぞ。楽をすること効率よくすることなの。

 

逆に言えば自分で戦うことができるなら、自分なりに楽で効果的な方法を知っているならかけるお金は最小限で済むということになる。正しく、効率的な方法を知っていれば、後は本当に最小限に使うだけでいい。

 

でも皆が皆ダイエットが得意なわけじゃあないよな。ダイエットというのは一度成功すると一気にイメージが変わるが、そうでなければなかなか難しい。やる気の削られ方、モチベーションのすり減り方が半端じゃない。

 

ならまず成功することを最優先にしなければ!

失敗のイメージと経験はダイエットに苦手意識を生み、スマートな未来がガンガン遠ざかっていく。

どこにお金をかけるべきか冷静に考えて、確実と思う行動をとるんだ。まっすぐ一直線に成功させ、そして二度とダイエットしなくても済むようにする!これ大事!

 

こんな記事を書いといてなんだが

お金かけたほうがいいのかな・・・?かけなくてもいいのかな?

という考え方の時点でもう危ない感じになっているんだぜ。お金がかからないダイエットは何かな? とかももう赤信号だ。

 

ガッツリ痩せられて、なおかつ楽で、スピードもあるダイエットは何だ!?

ここをまず考えて!

その後に、そのダイエットを実行するにあたっての資金をお財布と相談する!

 

こうでないと!順序間違えちゃ駄目だぜ!まず痩せるのが目標だ!

 

ん?そんな都合のいいダイエットなんかないから困ってる?

あるじゃん。ここに。最速最強のダイエットが。このブログじゃよ。

 

ちょっと心のコツがいるが、やってみれば他のダイエットなんてもう可哀想に見えちゃうよ。うほほっつ!!

な、だから始めようじゃないか。ほうら、逃げるんじゃない。ブラウザを閉じるな。そのポテチ捨てろ。

俺と一緒に楽しくダイエットだ。そのだぶついた肉を餓死させてやろうぜ。

 - 俺のダイエット, 知識の泉 , , ,

01

01

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

中学生・高校生のためのニキビの治し方を伝授してやろう。1000円以下で超美顔。

  中学生、高校生と言うの多くの人がニキビに悩まされますな。さっさと顔 …

ダイエットの運動はいつが効果的なのか? 時間で変わる痩せる工夫。脂肪が燃える!

  ダイエットの運動はいつがいいの? 効果的なのは何時? どのタイミング? 効率 …

一週間で痩せるダイエットはこの方法しか無い。即効かつ楽。ずるい。

この記事は改訂版です。  元々この記事はあるダイエットアイテムを中心に構築した方 …

運動しても脂肪が落ちない、痩せない理由を兄さんが教えてやる。

  運動してるのに脂肪が全然落ちない!頑張ってダイエットしてるのに! …

ダイエット中なのについ間食・・・食欲が止まらない理由、治す方法。

  ダイエット中なのに食べてしまう、食欲が止まらず間食・おやつの誘惑に …

ダイエットで食事制限、痩せないなんて嘘だ!正しい方法を知れ!痩せるし健康的。

  ダイエットで食事制限をしたけど痩せない・・・!! なんてよく聞くけ …

雑記を書いてみようと思う~ダイエットの簡単な話。「少なく食べて良く動く」

  ※この記事は特に有益な話とかをしない。あるいはそういうことを一切意識しないで …

食べる、食べていいダイエットについて。痩せる?痩せない?難しすぎて最早無理。

    食べるダイエット、食べていいダイエット・・・ &nb …

洗顔、保湿・・・どんなアイテムを使えばいいのか?男性用、女性用もない共通の選び方。

  洗顔や保湿が大事…じゃあどんなものを使えばいいの? 男性と女性で選び方が違う …

青汁をしばらく飲んでみて・・・。飲み方と影響。一食でも便秘にならない!

  先日青汁について書かせてもらいましたな。 最近の俺のトレンドよ。今 …