話題の泉TWF

*

痩せる食生活、太らない食事はない? ダイエットの食事メニュー。偏食でデブ。

   

痩せる食事 太らない

 

やあ、忙しくてなかなか書けぬ。あそびたーい!

そして急いで放り出してもボツが増えるばかりでウムムってなる。実は6つくらい途中で放棄した記事があり申す。

 

 

まあね。俺のことはどうでもいいんじゃよ。

今回は痩せる食生活、太らない食事について書いてみよう。この辺の話は皆感心があるじゃろう。え?ない??

 

俺はこのブログで食事制限について無駄に書きまくってきたわけだ。「何を食うか」よりも「どれだけ食うか」が重要なんだよと話してきたわけです。

これは実際重要で、人の身体をぶっ壊すのは薬物、酒、煙草、拒食に過食と昔から決まっておる。

この内現代人が一番ヤバイのは完全に盲点になってる過食であり、個人的には酒や煙草より始末に負えないと思っているよ。だから食事制限だ。ここを疎かにしているから痩せないし、すぐ太っちまうんだYO

 

でもまあね。だからって何でも食っていいというわけじゃあ無い。

「偏食」もありますからな。食料品が溢れまくってる現代、せっかく自分で選択できる環境が整っているのにそれはまずいんじゃないかな。そして自分の偏食っぷりを気づいていないという。

 

偏食がヤバイってわかってても実は偏食でした-とか普通にある。

ダイエットでも美容でも、よくわかりもしないことをごちゃごちゃ考えて、色々食ってみた挙句過食偏食のダブルプレイ! と言うのはよくある話じゃよ。

だったら減らすのが一番簡単で効果もでかい・・・というのが俺の持論なわけだが、だからといって「何を食べるか」という部分を考えてはいけない理由にはなりませぬ。

 

その辺の事情について考えてみようじゃないか。

食べる量じゃなくて何を食べるかという話。痩せる、あるいは太らない夢の食生活について。

 

 

痩せる食生活、太らない食事に正解はない?

皆太る食事をしているんだぜ。

まずはここからだ。何を食べるかの話の前に今何を食っているかの話は外せない。

何がヤバイのかを知れば痩せる食生活の正解も見えてくるってもんです。こうやって地雷を探すのはダイエットにかぎらず大切なことなのですよ??

 

さて。

普段何食って生きているか?

というのは皆バラバラだろうが、多くの人は何食ってても太るのに滅茶苦茶都合のいい食事をしているということをまず理解しようじゃないか。皆太りやすい食事なの。

 

言いすぎかもしれないが、(特に意識しない人達が)100人いたら7080人位太る食事をしているとマジで思っているよ。もちろんこれは俺も例外ではありませぬ。

当然一番大きな原因は食事の量なわけで、ここさえなんとかすれば痩せる食生活は完成してしまうんだが、この記事ではまだ触れない。

 

食事量以外の原因もちゃんとある。量の分を差し引いても太る食事をしているのです。

 

その食生活は超太る。糖質祭り、脂質祭り。

 

まさか! 普通に食べてるよ。太りやすい食事なんかしてない!

って思うじゃん? では普段何を食べてるかちょっと考えてみようじゃないか。食材だけではなくて、栄養の方もちょっと考えてみよう。

 

・・・どうだね?? 何かに偏ってないかな?

その通り! 糖質じゃよ!!

 

糖っていうのは甘いもののことだけではありませぬ。米、麺、パン・・・・「主食」として毎日食ってるこいつらはなんで出来てるかって糖質で出来ていますからね。

もちろん糖エネルギーは人間に一番大切な栄養なわけで、ちょっと多く摂るのが当たり前なんだけど、それにしたって摂り過ぎ・・・というか偏り過ぎだ。

 

でもこれは仕方が無いのです。

現代の食事はびっくりするくらい糖祭だぜ。ちょっと幾つか挙げてみようか

 

牛丼や天丼等の丼もの。

パスタ類。

グラタンやドリア。

そば、うどん、ラーメン。

チャーハンやピラフ、カレーライス

サンドイッチやおにぎり。

餃子やシュウマイ、中華まんとかの点心。

ピザやパイ。

 

うむ。料理として完結しているものをざっと挙げてみました。これはスーパーとコンビニにいった時に目についた連中だが、探せばまだあるんじゃないかな!

こいつらはもう完全に糖がメインになっている。糖料理だ。

そして言うまでもないがスナック菓子、せんべい類、チョコレートや飴、ケーキなんかのおやつ系も糖で埋め尽くされております。ジュース? 論外だぜ!!

 

そしてわかると思うんだが、こいつらの多くは脂質も飛び出している。

脂質はエネルギーになる栄養の中でぶっちぎりでハイカロリーだ。糖の倍以上あるからね。

 

やった! 私の大好きなハンバーグは含まれていない!

何を言っておるのだ。レストランとかのハンバーグジューシーじゃん? 美味しいじゃん?

 

なんでジューシーなのかって脂質が多いからなんだよ。脂身を埋め込んだりしてジューシーな工夫がしてあんの。そしてその濃厚な味付けにはやっぱ炭水化物が欲しくなるじゃないか。ハンバーグ・ステーキ単品食いっていうのはちょっときついんじゃないか。

 

糖料理は言わずもがな。それ以外だって結構ピンチなんだ。主食で胃袋を満たすという習慣が染みこみすぎている。

イメージが沸かないならコンビニに行ったときに、糖と脂質が少ない食品を探してみよう。

スーパーの冷凍食品コーナーとかもいいぜ。

 

ほうれ、なんてこった。超少ない!

 

太る食事はどうして太るのか? 偏食が君をデブにする。

意識してないと勝手に糖質と脂質がインフレーションするから太るんだよ。

という話をしたわけだが、どうしてその2つが突き抜けると太るのかという話もしよう。

 

幾つかの記事で既に書いているが、太る・・・脂肪がつく時って言うのはエネルギーになる栄養が余った時だ。

もう一度いいます。エネルギーが余った時なの。

 

太るっていうのはその時使い切れない栄養や、処理しきれなかった栄養をエネルギーの塊にして身体に保存しておくことなんだ。これでうっかり遭難したりしてもいきなり飢え死にしたりしないで済む。

寒いところに放り出されても、断熱材になるし体温を保つためのエネルギーになる。うむうむ。

 

問題は結構処理できるラインが甘いってことなんだよね。エネルギーの余りっていうのは結構簡単にやってくるんだ。

使わないからね。現代人の生活は非常に便利で、動かなくても色々できちゃう。移動すら乗り物があり申す。つまり必要な分が少ない。

と、この話は「量」の話になるのでとりあえず置いておきまして・・・

 

この余りっていうのは個別にカウントされておるのじゃよ。

糖が余ったら、脂質が余ったら、と別個に判断されていると思ってていい。糖が余ればその分が脂肪に、脂質が余ればその分が脂肪に・・・と考えると偏食の恐ろしさが見えて来ますね。

せっかくカロリーを控えても一箇所に集中していればパンクしてしまう。ギリギリ太らないラインのカロリーで攻めていったとして、その内訳が糖ばっかりとかだったらもうそれは確実にどっかで余っている。太らないはずがない。

 

勘違いしてほしくないのは、「糖と脂がデブにする」じゃないんだ。

「糖と脂に偏っているという状況がデブにする」なんだよ。ここ間違えてはいけませぬ。

偏食がその人を一気にデブにすんの。

 

例えばプロテインを使ってダイエットをする人が最近増えているじゃないか。

筋肉を増やして基礎代謝を上げる事で痩せるスピードをあげちゃおう!という狙いだね。

 

だが、プロテインっていうのは日本語に直すとそのまま「タンパク質」だ。

コイツは糖や脂質と同じエネルギーになる栄養・・・つまりコイツも使い切れない量を摂取すればそのまま脂肪に変化するんだぜ。

コメントで「運動は余りできていませんが、プロテインを飲んで~」みたいな人がたまにいるが、完全に悪手。「おやつに鳥のささ身をバリバリ食べてます!」位の愚かさだ。立派な偏食です。

 

タンパク質っていうのは普通の食事だとなかなか一気に取れないので、糖質や脂質に比べて圧倒的に余りにくい栄養だ。メッチャ意識して初めてガッツリ取れるわけ。

だがプロテインはそういう大変さに応えて、名前の通りタンパク質を気軽に補給できるわけよ。ついでに使いやすいような工夫もされている。

でもそれはトレーニングをしなければ脂肪の材料にもなるわけだ。

 

じゃあ太らない食事とはどういう食事なの?

うむ。

エネルギーになる栄養が余ると脂肪に変わるんだよ。

そして偏食だと余りが出やすくてすぐにデブになっちゃうよ。

という話をしたわけです。

 

だからどうしたって話なんだが、これを知ると太らない食事の内容が浮かび上がってくる。

そうだね。

 

エネルギーになる栄養が余ると脂肪になる=太る・・・だったらエネルギーになる栄養がすくないものならばバクバク食っても太らないわけだ。つまり糖質、脂質、タンパク質が重さに大して少ないもの食っていれば良い。

 

まずは野菜だね。

連中はまあどんな野菜かにもよるんだけど、水分が多くて結果的に重さに対しての糖質はかなり低いんだよね。栄養価がヘボ目なんだよ。

野菜をおかずに米を食うだけの生活・・・みたいなことをしないで単品で食っていればかなり食っても太らずに済む。

特に繊維がメインの野菜。キャベツとかきゅうりみたいな明らかに繊維と水分でできてますよ-!という野菜は逆に栄養が心配になるくらいヘボいので、太らない食事には欠かせない仲間たちよ。

 

だが野菜なら何でも食って言いわけじゃない。

かぼちゃ、メロン、トマトみたいな果実っぽい野菜は糖が凄いので要注意だね。スイカも良くない。

 

とうもろこしとじゃがいもは論外だ。

こいつらはそもそも野菜と言っていいか微妙なレベルの存在で、もう米とかの仲間だと思って良い。じゃがいもは有名だから大丈夫だと思うけれど、おやつに焼きとうもろこしとか喰ってる人は完全にアウトだと思いなさい。

 

他にはきのこ類。

こいつらはその体の殆どを繊維で占めている太らない食事の王様だ。ちょっとビビるくらいエネルギーが少ない。苦手な人も多いけどね!

ただ、バター炒めとかにされがちな上、そういう調理法をされると油を吸うのでそのへんは注意かな。

 

豆腐なんかも優秀だね。水分が多くて重さに対してエネルギーが低い。

大豆っていうとちょっとむずかしいけれど、豆腐なら太らない。豆腐で米を食うひとはいないだろうし、栄養もタンパク寄りで現代人には嬉しいですね。

 

ぱっと思いつくのでこんなところか。

水分がすごかったり、繊維ばっかりな食べ物ということだね。こんにゃくとか。

 

この辺の連中を中心に食えばそれだけで太らない食事が完成します。人によってはそのままバコバコ痩せていったりもする。

 

ただ最大の問題点はどうしても精進料理みたいな食事になってしまうということじゃよ。

こういうのがたまらなく好きな人ならいいのかもしれないが、今まで好き放題食ってきて体型が崩れた人間にはこの食事は辛すぎる。バリエーションも少なくなってしんじゃう。

今までのようにお腹いっぱい食ってると、食べられるものも限られてしまうんだね。俺がどうして「何を食べるか」について今まで書かなかったかってこういう現実が待っているからなんじゃよ。

 

まあこれは極端な話だからね。

食事の内容だけで考えるとこうなるってだけよ。もうすこし具体的で現実的な話をしようじゃないか。

 

これが太らない食事内容だ! 正解じゃないけどね!

色々とごちゃごちゃ書いてきたわけだが結局は一点。

エネルギーを余らせない

これだけバッチリ満たしていれば理論的には絶対に太らないわけだ。そこからもう少し進むと今度は確実に痩せていく・・・と。

 

俺は摂取カロリー<消費カロリー=痩せる!という黄金法則は(誤解されやすいので)好きじゃないんだが、これはこれでちゃんと正しい。

 

うむ。

じゃあエネルギーを余らせないようにするためには?

これの答えこそ太らない食事、食生活になるわけですな。

 

だがこれは一つの方法を除いて確実な正解はないんじゃよ。

そうだね。人によって普段から使ってるエネルギーの量が全然違うからよ。

 

例えば

毎日仕事とかで沢山歩きまわらなきゃならない人は糖の消費がやっぱり多くなるわけだ。学生でも忙しい居酒屋で7時間バイトします!とかね。

こういう人は食っていい糖質に余裕があるので他の人よりパスタとか食ってもいいんじゃよ。使う量が多いから食うことが許されている。

逆に完全にデスクワークだったり、専業主婦で動かないみたいな人はそれこそ上の精進料理的なメニューで戦う必要があるわけだ。

 

他にも通勤時間や通勤方法。年齢、性別、筋肉量とかでもかわってきます。筋肉をいじめまくるような生活ならタンパクに余裕ができるし、こちらは糖にも余裕ができますね。

その人の生活によって余る余らないのラインは変わってくるということさ。

 

でも実際は気をつけようとしても、自分が何を食べてもいい状態なのかよくわからんのが現実よ。数字で見えるわけじゃあないからね。試行錯誤をして自分の最適を見ぬかなきゃならぬ。

正解がないというのはこういう理由からなんだ。探すことすら難しいしめんどい。

 

でも上で言ったように放っておくと糖と脂質が飛び抜けるのが現代の食生活。これはわかっている。

そしてタンパクはプロテインとか使わなきゃそうそう余らないとも言ったわけです。

 

この現実を見ると正解といかずともある程度の指針が見えてくる。共通でまずい部分がはっきりしていればどう直せばいいかわかるのです!

 

まず・・・米とか麺だね。コイツをあんまり食べないようにしよう。

「おかずとごはん」みたいに単品でメニューとして成立しているのが良くない。こいつを中心に腹を満たしているから糖がおかしいことになるわけです。

これの役割は上で書いた野菜やきのこに投げる。米の「代わり」に野菜ときのこにする。今までの野菜ポジションに主食をもってきませう。

 

太る食事最大の原因なわけで、ここをだけで太らない食事はグッと完成に近づくわけだ。ただ入れ替えるだけでいい。

 

次に脂質。

実はコイツは定義からもう曖昧な存在で、ハッキリわかっているのは「能動的に使えない」のと「タンパクと糖の倍以上のエネルギー」という事実よ。

つまりあまり摂ってほしくない。肉の脂身やナチュラルチーズみたいな直接的なものは当然として、調理するときの油の量にも気をつけてもらいたいね。オリーブオイルなら安心とか思ってちゃあだめだぜ。

昔キッチンペーパーのCMで、油吸うだけでカロリー120kcal減!みたいなのを見た記憶があるが、ああいう一工夫でも大分変わってくる。能動的に使えないなら摂取する量で調整しようということですね。

 

で、タンパクよ。

こいつはあんまり考えなくていい。肉でも魚でも結構食ってよろしい。イカとかね。

なんでダイエットで肉が嫌われるかって、高確率で一緒に脂質がくっついて来るのと、ご飯や酒の相棒になるからなんじゃよ。単品であれば意外とヘルシーな連中なの。

脂の少ない部分で選んでいけば満足感はそのままに太りにくい夢の食材になる。

 

この辺を考えながらメニューを作れば今までの食生活と比べて圧倒的な太りにくさが待っており申す。

 

油を控えることを前提として

タンパクが中心の連中を可能な限り単品で食いながら

米や麺、パンは等の炭水化物を申し訳程度に食い

後は野菜ときのこで埋める!!

 

これが殆どの人に有効な太らない食事になる。糖と脂質で偏りまくっていたカルマが払拭されて、エネルギーにならないものと余りにくいものが中心になった・・・糖質制限の亜種といったところか。

 

うむ。

これは確かに太らない食事内容なんだけど、色々と問題点も多い。

ハッキリ言って悪手だ。太らないしこれで痩せることも不可能じゃないがこれじゃあ駄目なんじゃよ。

 

痩せる食生活の正解は一つだけ。さあ!食事制限だ!

 

上で書いた食事に関しての指針には落とし穴がいっぱいある。

 

まず誤解が出やすい。このメニューなら安心だと思われると困る。

上のメニューは確かに超太りにくいんだけど、それでも量次第では流石に太るんじゃよ。バランスを変えて余りにくい形にしても、そのバランスのまま許容範囲を超えればそのまま太るのは当たり前じゃろう。

「太らない食事を太るまで食う」というのは多くの人が踏み抜きがちな地雷なんだぜ。ダイエット食品とかで皆やってるだろう?

 

気持ち的にも困るよね。

上の食事内容はどうしても自炊じゃないとキツイ。食べるものもなんだかんだ限られる。

外食系は全滅だ。居酒屋とかのメニューが超豊富なところで上手く注文するみたいなことをしないと外では上の内容はなかなか満たせない。酒も飲めないんだから。弁当系もほぼ全滅よ。

コストもかかるし、何よりも面倒で死んじゃう。いきなり知人や同僚から「一緒に食事でもどうかな!」的なことを言われたらどうしよう?

 

何よりも身体に悪い。

これは意外かもしれないが、食生活っていうのは栄養だけ考えていればいいってわけじゃあないんだ。や、栄養も大切ですけどね。

太らない食事内容というのはここで出した例だけではなく、どんなメニューでも「満足するまで食べること」を前提にしてるからね。太らなきゃ過食が許されるかと入ったらそれは違う。内臓が困る。

 

消化器官だ。この辺の事情は他の記事に書いてあるのでここでは端折るけど、毎回お腹いっぱいになるまで食べるというのはそれだけ内臓に仕事を与えまくる事になって結構な負担になるんだぜ

そして内臓がおかしくなると上手く代謝ができなくなって太りやすくなったりしてしまうんだ。活力や肌にも影響するし、色々と面倒なことになるんじゃよ。身体の内側はどこかに異常が出ると他の部分にも影響するんだ。

 

 

さて。なんかいやな書き方をしてしまったが・・・

こういう問題をぜーんぶクリアしつつ、太らないどころか一定のラインまではバシバシ痩せていく最強の切り札が有り申す。これこそが痩せる食生活の真の正解だ。

 

そうとも。食事制限じゃよ。

 

今までダラダラ書いてきた内容を全て無駄にするのはどうかと思うが、結局はここに帰結する。

確かに内容も重要なんだよ? でも内容なんていうのは食事制限に比べたら象VS子猫よ。効率的にも気持ち的にもぶっちぎりで勝ってる。その上色々な嬉しいおまけがついてくる。

 

上の問題ならまず量に関してはなんの問題もないよね。誤解が生まれる余地すらない。多少曲解しても押さえるところさえ押さえていればどんな人間でも確実に効果が出る。

普段から動く人も、動かない人も絶対に効果がある。「ほとんど」ではなく「確実」なんだ。唯一の例外は既にバッチリ痩せている人間だけ!

 

食べるものも自由がきくんだぜ。

上でちらっと言った「太らない食事を太るまで食う」の逆回しだ。「太る食事でも太らない分だけ食う」。

これだけで全てが変わるんじゃよ。焼き肉だろうが親子丼だろうが好きに食えばいい。多少偏食だって余らない程度に抑えれば太ることはないのだ。

間食する余裕さえ生まれる。痩せたかったら控えて欲しいけどね!

 

確かにお腹いっぱい食べれないのは辛いけれど、不思議な事に慣れると少なく食ってもお腹いっぱいになってくるんだよ。これは体験すると一撃で理解できます。

 

仕事も減って内臓も大助かりだ。これも体験するとわかるんだが、明らかに体調が変わる。今までブチ込まれ過ぎでヘトヘトに疲れていたんだから、そこが解消されればそりゃあ良くなるってもんです。

 

最大の問題は少なく食べなきゃならないので、栄養的な穴が・・・特にビタミンとかそっちの方が正しく摂れなくなってしまうことなんだが、それは今までの食生活でも同じだ。牛丼食ってビタミンが果たしてどれだけ取れるかね?

 

ここはサプリとか健康食品で補える。カロリーがなくて、栄養が「広い」ものを選ぼう。

この辺は身体の調子を整える代謝などが正常になる痩せやすくなる という地味だけど素晴らしい部分だからね。必須では無いけどね!

 

(※青汁がいいね。慣れるまではまずいけどね。 苦手ならこれに近いものを選ぼう。エネルギーにならないが、大きく広く栄養を網羅して、かつ内臓の負担がない。こういう都合のいい存在は結構転がってます。)

参照:青汁の超効果!効かないなんて言わせぬ。美容の王様を知れ!

 

おや?お金がかかる?

食事制限は節約の王様でもあるんだぜ。そういうものを買わなければお小遣いが増えて、そういうものを買ってもお小遣いは減らない。好きな方を選び給え!

 

あとがき メニューの内容と食事の量は相反しない。

と、最後の最後で内容を否定するみたいな書き方をしてしまったが、冒頭で言ったとおり内容のことを考えない理由にはなりませぬ。

「どれだけ食うか」と「何を食うか」なら、確かに象VS子猫だが別に張り合う必要なんかないじゃないか。象&子猫という選択肢もあり申す。意外と仲いいんだよこいつら。

太りたくないなら子猫一匹でも気をつけていれば何とかなるが、痩せたいなら食事制限は必須。そんな食事制限に加えて内容にもこだわれば当然変わってくる。

 

基本的に「足りない」ほうが痩せるのは他の記事とかで書いたとおりだ。脂肪を使わないとヤバイ!という状況が唯一の痩せる条件よ。

なら食事制限の量で、かつ脂質にこだわってみればどうだろう? 

糖もそうだぜ。糖が足りなくなったとき何を材料に身体が合成するかってするかってそれは脂肪なんだから。 うん?どうだね?より効果が出そうな気がしませぬか??

 

目的に合わせる方法だってあるんだ。

身体を作りつつ痩せたければ、タンパク(とちょっと糖)に比重を置いて食事制限を軽めにしておくとか。トレーニングの分で沢山使うからね。

仕事でスタミナが大事なら食事制限をしつつも、糖を多めに摂ってみるとか。脂質を抑えすぎて肌がカッサカサなら内容を考える余地がありますね。

あまりこういう短絡的な考え方は良くないんだが、何も考えないよりはよっぽどマシじゃよ。

 

俺は食事制限の信奉者だからね。優先すべきは食事制限からだとマジで思います。

量さえ気をつけていれば大体なんとかなるんだ。現代の食生活でズタズタになった身体を回復させるのに一番有効な技だからよ。引き算で調整すんの。

でもここで内容にこだわれば「その先」だっていけるということですな。

 

「やり過ぎな食事制限」のリスクも緩和してくれる。俺のダイエット論だって最新版は青汁(もしくは似たような奴)を使うし、食事制限の記事では明らかな偏食は避けろと言っておる。

内容だってやっぱり大事なんだ。若干こき下ろしちゃったけどね。単品だとだめだってことさ。組み合わせてこそ真価が見える。

 

まあね! 深く考えて不安を抱えちゃうっていうのが一番ダメなパターンじゃよ。

 

太りたくないなら量に気をつける!

余裕がでてきたら内容も考える!

 

これくらいのシンプルさが体型をぶち壊さずに健康までもぎ取っていく食生活の鍵になるんだぜ。

 - 俺のダイエット, 知識の泉 , , , , ,

01

01

Comment

  1. ヒマワリ より:

    こんにちわ!
    おひさしぶりです。
    以前に主婦の〜ところでプロテインサポートダイエットのご相談させていただきましたヒマワリです(*´˘`*)

    今回の記事まさに私の事だわと思いながら熟読しました!笑

    あれから嫁入りさんのアドバイス通り、スパッとプロテインはやめGW明けからゆるく1日一食を始め、
    何度かお誘いがあったりで5月は減っては増えての繰り返しでしたが、
    6月に入ってからしっかりとまごわやさしいを意識し
    1日1食を実践したところ
    この1週間で53.5kg→51kg
    ➖2.5kgですっ‼︎

    数ヶ月何をしてもビクともしなかった体重がたった1週間で(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

    ちなみにどうしても苦手な運動はなかなか出来ていませんf^_^;)
    日々家事をこなすほどの運動量です。
    何度かウォーキングしてみたのですが、普段しない運動すると疲れて食欲が増しちゃって…
    マイペースで申し訳ないです(*´ω`*)ゞエヘ

    目標まで後4キロ。
    夏に向けて突っ走ります‼︎

    またご報告させていただきます!

  2. ケン より:

    こんにちは
    初めまして ケン と申します
    僕は気にしないで不摂生しては何年かに一度ダイエットをして戻してました
    この2年の垢(笑)を落とすべく6月1日から開始して早々こちらを拝見しました

    嫁入りさんのここは様々なことが理論だって記述してあり、とて分かり易く思います

    僕は長い事続けるのは苦手なので短期決戦、1.5ー2ヶ月で10kgが目標です
    6月1日から開始して8日までの一週間で3kg落ちました

    綺麗事は抜きにしてやはりなるべく食べない
    チャレンジ式(笑)です

    でも結構平気なもんですよね
    食べる事を殆ど考えないようにしていると

    大体1日当たり100-300kcal にしてます
    勿論炭水化物はほぼゼロでタンパク質が主なカロリー源、あとは腹が減ったら炭水化物ではない野菜を食う

    「飢餓で死なない人は居ない」
    ですから食べなきゃ落ちますよね(笑)

    残り7kg頑張ります

    • 嫁入り より:

      やあ、男性陣はストイックなこと!

      そして不摂生→ダイエット を繰り返す辺りが私と似ていて親近感が湧いてしまう。
       
       
      短期決戦いいと思います! 2ヶ月で10kg上等!

      長くやるのは瞬間瞬間は楽ですが、どうしてもだらついて結局痩せませんからね。

      こうして一週間で3kg落とす現実を見ても、やはりダイエットは短く太く攻めるのが王道だと思います。
       
       
      ただ、すこ~しストイック過ぎではありませんか?笑

      もう少し食べても問題無い気がします。体調が少し心配です。

      最低限の糖質の補給のためにも、野菜ジュースあたりを適当に飲んでおくといいかもしれませんね。
       
       
      残り7kg・・・数字にするとでかいですが、もう手の届くところにきていますね笑

      1ヶ月で決まる気さえします。どれくらい掛かるかな!

       
       

  3. あおい より:

    こんにちは、はじめてコメントさせていただきます。
    昨年の10月から愛読していて、おかげさまで10kg痩せることができました!!
    めちゃくちゃ納得度が高い記事なので、実践するのもそんなに苦じゃなかったです。
    書いてあった通り、食事制限で疲れにくくなって肌も荒れにくくなり、いいことづくめでした!一度の暴飲暴食が響きやすくなったのはありますが、メリットのほうが全然大きいです。

    見苦しい体形からは脱することができたので、あとは美しさを求めてあともう10kg、頑張りたいと思います!
    貴重な情報をいつもありがとうございます(人”▽`)☆♪

    • 嫁入り より:

      いえー!! 10kgも痩せるなんて!素晴らしい!

      そして愛読してくださっているのですね。とても嬉しい。うほほっ!!
       
       
      確かに痩せてくると前と比べて太りやすくなってきますね。これはもう仕方が無いのです・・・うぐぅ・・・。

      しかしこれはこのブログでこき下ろし気味の、「筋肉の基礎代謝」で打ち消せます。

      痩せた後、体重をキープしながら筋肉を作っていくのが最終目標なだったりします。

      余裕が出てきたらトレーニングを意識していくと、「美しさ三割増し」+「太りにくい夢の肉体」。
       
        
      繰り返しますが、おめでとうございます!

      10kgったら10リットルですよ? なんて凄いんだ・・・!!
       
      そのまま理想まで突っ走ってください! 応援しています!!

  4. せりぶ より:

    嫁入りさま

    はじめまして。
    以前からこちらのブログは気になっていたのですが、なかなか実践にまで辿り着けず今日まできてしまいました。

    42歳女165センチ65キロです。

    20代までは何を食べても飲んでも決して太らなかったのですが、
    仕事を始めてからそしてお酒を飲むようになってから徐々に太り始め…
    人生初のダイエットを22歳の時に。
    マイクロダイエットで半年弱で8キロ落としました。

    その後はダイエット→リバウンドの繰り返し

    30代で大きな子宮がんをやってしまいまして、子宮全摘抗がん剤まで経験しました。卵巣は残ってますが
    最近ちょっとした更年期入ってきてます。
    甲状腺の病気もしたことがあって(バセドウ病)
    とことんホルモンバランスが悪いのだと思います。

    絶対に60キロは超えなかったのに
    2年くらい前からジワジワと増えてきてあっという間に65キロ!
    70キロなんかになったら大事だと
    今、かなり焦ってます

    ダイエットが頭から離れる日はなかったですが、どうしても食べ物飲み物の誘惑に勝てず…
    運動しても続かなくて…
    ちょっとしたダイエットグッズも
    買って満足…

    典型的なダイエット落第生です。。

    でも、本当にいま本気出そうと
    気持ちが高くなってるので
    この勢いで
    チャレンジブルをやってしまいます!!ウォーキングも頑張ります!
    また質問とかさせてください。
    目標10キロ減です!

    宜しくお願いしますm(。>(ェ<)。)m 

    • 嫁入り より:

      はじめまして! 嫁入りです。

      ダイエット落第生上等! 次に決めればダイエットマスターです。私だって元々誘惑に勝てない人ですからね!
       
      仕組みは複雑だったりしますが、やることはシンプル。やったもんがちなのです。やれば解決!!
       
        

      確かに年齢的に痩せにくいですし、病気も経験しているのでハードルは上がります。これは言っておかなければ。

      ですがそんなのは少しの差! しっかり決めれば確実に痩せます。約束してもいい。

      ダイエットに失敗はなく、「成功する」か「諦める」しかないのです。ん~!
       
       
      少なく食べて、よく動き、ぷよぷよの身体を引き締める これだけ!

      軽い気持ちで淡々とやっていきましょう。まずは2週間やり切るところから! 頑張って!

  5. ゆき より:

    こんにちは!
    嫁入りさんの記事を読みダイエットを決意して5ヶ月
    25キロ減りました
    ただ、途中心が折れ一瞬3キロ程リバウンさました、告白します

    常にお腹をへっこませて、背筋をのばしていたところ、おなか、腰周りが一番肉がとれました!
    継続は力なりなんですね
    ただ、腕と太ももの落ちが悪いのと、肉が減った腕のタルミがたいへんなことになりました。
    腕のタルミ対策は筋トレでしょうか
    どうせ痩せるなら綺麗に痩せれたらいいなぁσ^_^;

    • 嫁入り より:

      あ・・・あれ? なんで俺はこんなに返信していないんだろう?

      すみません。お久しぶりです。かなり質問をスルーしていましたね・・・申し訳ない。

       
      まずは25kgおめでとうございます!! それだけ減れば3kgのリバウンドなど焼け石に水!!

      だいぶ落ちましたが、まだまだいけますよね? その調子で行きましょう。

      途中で折れてもいいのです。最後に勝てばよし!
       
       
       
      さて、腕のたるみですね。

      これは言い難いのですがしかたがないのです。

       
      痩せた後、たるみができてしまう・・・というのは大体筋肉が無いからなのです。女性は特に多いですね。

      しかし別のケースもあって、皮が伸びきってる場合があります。

       
      良くダイエットドキュメンタリーとかで「140kg→70kgに!」みたいなのがありますが、あれです。

      元々がヘビー・・・つまり脂肪でパンパンだったので皮が伸び、その後脂肪がなくなったので「風船から空気が抜けた後」の様になってしまうのです。

      これの解消にはいくつか方法があるとされています。

      筋トレでハリを出すとか、ペースを落として痩せていくとか、縮むのをまつとか・・・

      しかしどれも決め手にかけるとされています。ちょっと難しい問題なのです。
       
       
      この手の問題には総当りで勝負するのが一番だと思います。そして解決を「待つ」!

      つまりトレーニングを重ねつつ、今は様子見ということですね。

       
      皮が伸びきっていると言いましたが、皮をつまむと結構脂肪が残ってたりします。皮下脂肪のさらに表面。

      これを落としきることで元に戻ったという人もいますし・・・

      放っておいたらなんか治ったという人もいるとされています。どちらにせよ時間がいる。
       
       
      今何かをしてすぐに解決できる問題では無いので、今はとにかく痩せることに集中しましょう。

      妊娠した後、全員お腹がダルダルということは無いはずです。人の皮は戻るのです。それまでは待機!

       
      太ももや腕の落ちにくさはきにしないようにしましょう。元々その辺は肉が付きやすいのです。

      他よりもぷくぷくしていたから落ちにくく感じるということですね。実際は落ちています。目立たないだけ!
       

      筋トレでハリを出していくと、見た目も引き締まっていい感じです。

      腹筋にひろーく力を入れると引き締まって見えますよね? あれの太もも、腕バージョンにする感じです。
       
       
      こんなところでしょうか。

      たるみに関しては結構難しい問題です。今できることはトレーニングして、ダイエットを続けながらの様子見。

      ダイエットが終了して、かつしばらく時間を置いて何も変わらないようであれば外科手術も選択肢に出てきますが、早とちりも良くない。

      不安かも知れませんが、ここは楽観的に行きましょう。なんだかんだなんとかなるのです。

  6. ゆき より:

    返信ありがとうございます。
    嫁入りさんにコメントもらえると、モチベーションがあがるので、ついついいつも…
    的確なアドバイスいつもありがとうございます。
    食事制限はがんばれても筋トレは1日坊主になりがちなので気合い入れます。

    1つ質問があります。
    ちょくちょく聞くファスティングって、チャレンジャブルと似てると思うのですが…
    酵素とかも意識的にとったほうが効果的なんですか?
    食事は昼のみ、炭水化物を抜き、おかずは普通食べです。
    朝に酵素ドリンク飲んだほうがいいんだよと、知人に言われて、そうなのかー??と思ってるところなのです。

    • 嫁入り より:

      筋トレダルいですからね笑 単純に面倒くさいです。

      でもやればやっぱり変わってきますので、少しずつでも習慣にするのが良いと思います。現代人は放っておくとすぐにヘロヘロの身体になりますからね!
       
       
      ファスティング・・・そうですね。かなり似ていると思います。

      ファスティングの狙いの一つが「短い断食で内臓を休ませ機能の回復を図る」ですが、私の食事制限と同じです。ええ、完全に参考にしています笑 似ているはずなのです。

      昔いくつか試した内、効果がかぶらなかったり矛盾しないものをアレンジしてやりやすくしたのが私が書いているダイエット論です。そして王道にたどり着く‥‥・と。
       
       
      と、余談は置いておきまして。
       

      まず、酵素ドリンクというのはものすごく不確かな存在なのです。これ大事。

      「酵素」というのは確かに存在しますし、人間も色々な酵素を自分で作り出して生きるために活用しまくっています。どんな生物もそうです。身近なところだとニキビなんかが、アクネ菌の酵素とかが関わってきています。 
       

      が、この酵素というのは胃袋に放り込んでもしかたがないのです。
       
      詳しいことは省きますが、そとから身体に入った酵素は吸収するときに分解されて完全に別物になります。外から取り入れた酵素が酵素として身体の中で活躍することは無いのです。仮に脂肪をバンバン崩していく酵素があったとして、それを摂取しても吸収された時には存在しないのです。

      これが今どこでも言われている結論だったりします。「研究が進んだ結果、今までの説は間違いで・・・」ということが今後あるかもしれませんが、まだそういう話はありません。酵素ドリンクを飲んでも酵素は取れないのです。

       
       

      ワカメとかと一緒ですね。勘違いされています。ワカメ食べても髪には影響はないのです。思い込みの力で影響は出るかもしれませんが・・・

      かつてこのブログである酵素ドリンクを勧めていましたが(販売停止になったので削除)これはその酵素ドリンクが色々な栄養を網羅していたからです。このブログで勧めまくっている青汁的な存在だったのです。

      酵素ドリンクの酵素部分は気にしないほうがいいと思います。酵素ドリンクを飲むのであれば、おまけで入っている栄養の方に注目するべきです。こっちが重要で、酵素は雰囲気! 
       

       

      こんなところでしょうか。

      酵素が関わるとそれっぽさから値段が跳ね上がったりしますので、だったらビタミン系のサプリや青汁、ドロッドロのトマトジュースなんかの方がお得だと思いますけどね! 

      ですが大抵おまけで色々入っているので、そっち目当てならばありだと思います。食事制限の弱点の一つがビタミンなどの不足ですが、それを補うというのはなかなか有効な技なのです。

  7. ゆき より:

    早速の返事ありがとうございます。
    ですよね!
    外から採った酵素が胃酸に勝てるのか?って疑問だったのですが、嫁入りさんの話を聞いて、すっと自分の中で落ちました。
    ありがとうございます。
    何食べたらいいかもう一度過去のブログ読んで復習します。
    とりあえず酵素ドリンクを買うのはやめます。
    しばらくしたらまた途中経過を報告しに伺うので、また喝を入れていただければ嬉しいです。
    ありがとうございました。

  8. のむ より:

    嫁入り様
    はじめまして!昨夜たまたまこちらのブログを発見致しまして、初めてダイエットに関して納得がいくという体験?を致しました。
    夜中眠れないほど、読み…また朝も読んでいましたが、なんてシンプルで、わかりやすいだろう!って、笑ってしまうくらいです。
    たぶん、最初は辛いだろうとは想像できますが、本来人間って狩りをした後、1日1食を大切によく噛んで食べていたんですよね?
    耳が痛い文面も多々あり、まさにその通り!と、目を背けたい所もあり、ただ食べ過ぎ、糖質取りすぎなのを、理解できました。
    今日起きてから、早速水飲んで逐一カラダを動かしてます。筋肉意識してます(笑)
    お腹が、グーっとなるまでぐっと我慢して、カラダの声を聞いて楽しくダイエットしたいと思います。
    また、結果のご報告もさせて頂きます!
    素敵なブログありがとうございます。

    • 嫁入り より:

      おお、まさか人間の古来の姿から納得をされるとは笑

      はじめまして、嫁入りです!
       
       
      下手なことをいうと専門的に人間について研究している人達に怒られてしまいそうですが、人間の習慣の変遷と肉体的な変化(進化)は釣り合っているとは言いがたいと思います。

      人間は「自分で食料を作り出して食う」という大革命をかなり早くに起こしているので、それ以前の原始な時代以外は狩猟オンリーの時代よりはそれなりに食っていたと想像しますが・・・ 

      運動量は現在のそれとは比べ物になりません。身体の強さ、使うエネルギーも恐らく段違いでしょう。しかし当時より明らかに食いまくる現代人!
       
       
      加えて身体の根本的な構造自体はそうからわず、他の動物同様ちょっと食べなくても全然平気な肉体をしているのに、頑なに「減らすことによる調整」を嫌うという現実が涙を誘います。そんなに甘い汁が好きかね??

      昔よりは軟弱かもしれませんが、そこまで弱いわけでも無いのです。
       
        
       

      と、余談は置いておきまして・・・笑
       

       
      納得できて(たとえそれがまがい物でも!)、頑張れるというのは大きなアドバンテージです。

      単純にモチベーションが違います。きっと成功率を跳ね上げるんじゃないかな!!

       
      その状態を続けるのが意外と難しいのですが、それさえ気をつけていればもう完全勝利です。

      ゆくゆくは意識などせずとも生活自体がダイエットになるといいですね。何の苦痛もなく、しかし身体は完成に近づいていく・・・ん~!!
        

       
      苦しいところもあるかと思いますが、頑張って!

      応援しております!!!

  9. みこ より:

    こんばんは。
    初めてコメントします。
    今、ダイエットというか痩せ体質になりたいために奮闘してます!アドバイスいただけたらと思います!

    私は27歳で身長151cm体重41Kgと小さめの体型です。
    中学生のときからずーっと体重は40〜42Kgを、体脂肪率は18〜20%をうろうろしています。

    周りからは、痩せなくていいよと言われますが、、、体がタルタルなんです!!お腹はぽっこりでていて、太ももは歩くと揺れるくらい脂肪があります。いわゆる寸胴の幼児体形です。

    食事量は1日1200〜1500kcal程度で、多くないと思います。お菓子は大好きですが我慢しています。が、ストレスが溜まるとお菓子を爆食いしてしまいます。

    運動は好きで、ジムに週3〜4で通い、ヨガや有酸素運動をしています。

    家族・親族がほぼ全員ぽっちゃり体型で、将来にかなり不安を抱いています。太るの遺伝子があるので、何もしないと確実にデブのおばさんになってしまう‼︎と焦っています‼︎

    体重を落としたいよりもタルタルの体をどうにかしたいんですが、チャレンジャブルで効果はありますでしょうか⁈

    • 嫁入り より:

      ん~!事情はわかりました。 はじめまして、嫁入りです。

       
      体重的には完全に痩せ型です。理想です。

      でも「あんまり美しくないよ・・・?」というのはもう一つしかありません。

      筋肉が無いから! これ! これしかない!! これなの!!
       
       
      20をすぎれば基本的に衰える一方ですからね。当然ぴちぴちに若い時よりも筋肉は落ちます。

      そして女性は男性に比べて圧倒的に筋肉がつきにくいです。

      当ブログでも「ダイエットを志しているが、体重は既に痩せ型」という人は多いです。

      女性の多くが悩む部分なのです。筋肉がないと肉が垂れてハリが生まれず、「脂肪が無いのにデブ」、あるいは「若いのにおばさんのような柔らかさ」になります。怖い!!!
       
       
      ジムに通っているのに・・・?

      と思うかもしれませんが、内容が問題です。ヨガと有酸素運動・・・「脂肪を落とす」「筋肉を殺さない」という部分では有効ですが、筋肉を「つける」のには向いていません。
       
       
      少し大きく攻める必要があります。

      タンパクを多く取るバランスに変え、適当にビタミンなども補充しておきましょう。ちょっと体重が増えても今は目をつぶる!

      あとは筋肉をつけるトレーニングです。筋トレです。マッチョ化が目的ではないので、そこまでガチになる必要は無いですが、しっかり目にこなしていきましょう。
       
       
      筋肉と脂肪のバランスが問題ですからね。痩せるのではなく、身体を作ります。

      トレーニングで筋肉を増やす。ヨガと有酸素運動で脂肪を減らす。これでしばらく戦っていきましょう。

      食事を減らすのは悪手です。チャレンジャブル禁止! 痩せちゃう! もっとタルタルになっちゃう!

       

  10. ふじわらあさこ より:

    はじめまして、あさと申します。
    初めてコメントさせていただきます!とても読んでいて納得です。失敗だらけのダイエットにまた頑張ろうと勇気をもらい、一日一食で頑張りはじめてます。また報告したいなと思います!
    質問ですが、一日一食は日によって変えても大丈夫ですか?予定にあわせて食べるタイミングを昼か夜に変えると、その分空腹感がおそってきたりしますか?一食以外でスープやガム等はよくないですか?食欲に負けそうな時の対処法として…です。その内慣れる時がくるまで、です。
    よろしくお願い致します!

    • 嫁入り より:

      はじめまして! 嫁入りです。

      報告お待ちしております! スパッと決められればダイエットなんて余裕だぜ!!
       
       
      基本的には変えないほうが良いですし、一食以外で何かを食べるというのも悪手ではあります。

      ですがダイエットにおいて1番の悪は「やる気がなくなって全部放棄!」ですので、全てを守ろうとして継続できなくなるくらいであればそういった妥協も大事です。単純にルールを定めて完全に守るって難しいですからね!
       
       
      スープだろうがガムだろうが、押さえるところを押さえていれば大丈夫なのですが、心のスタンスが問題です!

      食欲に負けそうな時、何故食べることで解決しようとするのか。や、これは完全に仕方がないやつですが「食欲を食べる以外で誤魔化す」という選択肢を模索しましょう。これを頭の何処かに突っ込んでおかないと不思議となかなか慣れないのです。むぅ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

食事減らす 筋肉落ちて痩せない
食事を減らすと筋肉は落ちるのか?痩せにくくなるのか?ダイエットの誤解。

  食事を減らしたら筋肉が落ちて逆に痩せにくくなるよ! だから食事制限 …

一ヶ月 -6kg
一ヶ月で6kg落とす俺のダイエットメニュー 決して無理じゃない!しかも楽。

   追記:評判が良くて嬉しいよ。そしてこの方法で2週間で9kgという …

ダイエット 間食 食欲
ダイエット中なのについ間食・・・食欲が止まらない理由、治す方法。

  ダイエット中なのに食べてしまう、食欲が止まらず間食・おやつの誘惑に …

ダイエット 成功後 また太る
ダイエットはいつまで続ける? 痩せた後、成功後について。また太るのか?

  ダイエットに成功!やった! 辛い戦いだった!!   おめ …

女子中学生 ダイエット2
中学生女子のためのダイエット方法を兄さんが教えてやろう。楽だし痩せる!

追記:すごく評判がよくて感無量。成功した方々にはこの場を借りておめでとうといいた …

ダイエット成功体験
ダイエット体験談+解説。成功者の声でやる気をだす。2ヶ月弱で24kg落とした男。

  ダイエットの体験談とか色々なところで見るけど、俺ああいうのすきなんじゃよ。 …

寒い 痩せる
冬のほうが痩せる、寒いほうが痩せる理由を知りたいかね?

冬の方が痩せる!いやいや、夏の方が・・・と言うのはいつだって話し合われてきたな。 …

食事制限 ダイエット
ダイエットで食事制限、痩せないなんて嘘だ!正しい方法を知れ!痩せるし健康的。

  ダイエットで食事制限をしたけど痩せない・・・!! なんてよく聞くけ …

食事制限 危険
食事制限は危険?健康のリスク、間違った2つのやり方。注意点

  食事制限は危険であり、健康を害するリスクが有る・・・ と言うのは完 …

夏 ダイエット 注意
夏のダイエットの注意点!痩せやすいが体調が危ない!目眩や痙攣、吐き気の理由。

    夏は結構ダイエットに向いた季節だぜ。   薄着になる機会も多いし、なんと …