話題の泉TWF

*

洗顔、保湿・・・どんなアイテムを使えばいいのか?男性用、女性用もない共通の選び方。

   

美容アイテム 選び方

 

洗顔や保湿が大事…じゃあどんなものを使えばいいの?

男性と女性で選び方が違うの??

 

 

これは俺が昔抱いた疑問じゃよ!

そして俺がそう思っていたってことはきっと同じように思っている人が確実にいるはずだ。いるよね?いない??

 

 

ダイエットと違って美顔なんていうのは自分の力だけでは満足行くラインにはいけませんな。

いや、もちろん何も使わずになんとかできなくもないけれど時間もかかるし面倒くさい。特に外部的な努力・・・洗顔や保湿、紫外線対策なんて言うのは絶対にアイテムを使う必要が出てきますね。

 

 

こんなことは言うまでもなく皆わかっていることだが、だからこそどんなものを使えばいいのかっていうのは気になるところじゃろう。うむ。

 

この記事では俺がそういう美顔アイテムをどうやって選んでいたか、今選ぶならどう選ぶかを書いていく。今でこそ大して使ってないけれど(もう綺麗だからね!!)昔は色々試したもんです。姉と一緒に追求したもの。

俺の見方選び方が真理ではないけれどきっと参考になるはずよ。俺の肌はマジで綺麗。初対面でも褒められる。

 

 

洗顔や保湿・・・美容アイテムはこう選べ!男も女もない。

選び方の前に美容アイテムについて確認しよう。

 

まずは知らなければ。俺の記事特有の長ーい前置きだ。まずはお勉強タイム。

 

 

美容アイテムについての確認・・・と言うのは位置づけのことじゃよ。

ここを勘違いしてたりすると・・・や、別に勘違いしてなくても見方によっては馬鹿みたいに遠回りしたり、結果が出ない!とない叫ぶはめになるからね。なった。

 

何を使っていくか? の前にそれがなんなのか知っておくっていうのはマジで大切なんですぞ。

身近な例で言えばダイエット食品よ。アレ皆勘違いして自爆してるじゃないか。そういう目に合わないためにもちゃんと理解! 知っておく!

参照:ダイエット食品は食べても痩せない?効果は無い?

 

美顔について知ればアイテムのポジションが分かる。え?おまけなの??

いきなり結論から入るが、美容アイテムなんて・・・洗顔料だろうと化粧水だろうと種類を問わずどれも立ち位置的には同じなんだよ。

ズバリその立ち位置とは「おまけ」なんだ。「重要なおまけ」。ダイエットで言う運動みたいなもん。

 

結局美顔なんて言うのは大きく分ければ

正しく肌が再生できるようにする

余計なトラブルを背負い込まないようにする

今の肌を美しく見せる

これしかないのです!この3つ!

 

この中で最も大きく影響するのは正しい肌の再生なわけだが、コイツは生活習慣の改善によって初めて達成できるわけよ。他の記事で言っている内部的な努力だ。内側の戦い…ここだけでも大分良くなる。

そしてこれだけで無理な部分を洗顔等の外部的な努力で改善していくわけなのです。で、両方揃うと綺麗だね、素敵だね、と。

 

 

ここは勘違いされやすいけど、でも絶対に勘違いしてほしくない部分なんだ。それさえ使っていれば誰しもが光り輝く無敵の肌を手に入れられるとかそういううまい話はまだない。

大切なのは、何を使うにせよ「どう使っていくか」「ちゃんと続けられるか」。ごちゃごちゃしたことはその先の話。

 

これを疎かにしているともう全部駄目でやんす。おしまいでやんす。

 

何を使っても同じなのか? 洗顔、保湿…なにを見る?

うむ。上の書き方だと何使っても同じに感じますね。

まあ本当にそうだったらこの記事の存在意義がなくなっちゃうのでそんなことはありませぬ。もちろん何を使うかというのも大きな影響がありますとも。それがメインじゃないってだけ。

ただちゃんと理解しよう。立ち位置をね!

 

そうだな・・・俺が突然呪いにかかって、肌に大きな悩みを抱えてしまうとしよう。過去の肌に戻され、もう一度最初からスキンケアをしなければならない。知識と経験はそのまま。都合がいいね!

無数のニキビに覆い尽くされ、荒れ放題で脂ぎってる。最悪最低。

 

うむ。呪われちゃったものはしかたがないので、まず基本中の基本である洗顔料を買いに行くわけだが・・・・

 

洗顔料Aと洗顔料Bっていう2種類の洗顔料があるとしようか。

A800B2000だとしますです。800円の方はオーソドックスな奴。2000円の方は特別な美容成分が配合しているらしく、評価も高い。

 

この2つのどちらかを選んで今後のスキンケアの相棒にしていくとしたらどっちを選ぶかね?

 

俺なら800円の方を取ります。

何故ならどちらも洗顔料である以上、今の俺が必要な物は満たしているから。800円で何の問題もない。

呪われた直後の俺の肌は最悪よ。ゼロどころかマイナスであり、ここまでひどいと結構な長期戦を強いられるハメになる。半年もいらないと思うけどね!

 

当然ボロボロである今の俺がやらなければならないことは問題を解消することなわけだ。ニキビのケアや荒れた肌を元に戻すこと。美しく見せたりするのはもっともっと後の話。

そのためには「とりあえず清潔にする」ことが何よりも重要なの。これ以上悪化させないようにしつつ、後は肌の再生を待つ。

 

もちろんただ顔を洗っているだけで問題が解決するほど現実は甘くないので、他の部分でも問題解消に向けて努力します。食生活、保湿、紫外線予防、睡眠・・・

うむ。この時点での洗顔料の役目なんて言うのは「清潔にする」くらいしかないんだよ。それ以上を求めても現時点では意味が無い。治療が終わらないと進まぬ。

 

そうだね。800円と2000円・・・2.5倍もの値段の差があるが、どちらも同じ洗顔料である以上どっちを使っても結局清潔な状態にしてくれるんだ。だったら買いやすくてお財布にも優しい800円の方を取るに決まっている。

そしてある程度トラブルが改善されてきたら今度は2000円の洗顔料でより磨きをかけていく。評判もいいみたいだし!

 

こうやって自分の状況と照らしあわせて選ぶんだよ。

 

え?立ち位置の理解関係なくね?

と思うかもしれないが、この選び方はあくまでも美容アイテムはおまけだという立ち位置を理解してないと絶対にできない。洗顔料はあくまで洗顔料であって、それをどう活かすかという考えがないとここには辿りつけない。俺は辿りつけなかった。

 

もちろんお金に余裕があるなら最初っから高いもので買い揃えるのも手だけどね!

でもそういうものの違いを実感できるのはそのための下地があってこそなわけだ。高い値段に見合うだけの効果があっても、それを知るのはトラブルがある程度解消されてからなんだぜ。

 

男女共通! 美容アイテムはこう選べ!

まあね。上のはあくまでも一例よ。

あくまでもおまけだということを意識してもらうための極端な話。なにが「俺が突然呪いにかかって・・・」だよ。

 

ちゃんと選び方ってのがあるんだ。俺はもう選ぶ必要はないけれど、更なる美を目指すなら一緒に勉強しよう。

よーし。まず美容アイテムを選ぶ上での基本ルールを知ろうか。OK

 

まず第一に、高いアイテムは裏切らない。

まあ中国製品は別かもしれないけど(この言い方は偏見か?)僕達の日本では基本的に高いものってのは相応の理由があったりします。

単純に効果の高さだったり、特別な技術をつかっていてそのレアリティだったり…とにかく値段の高さは強力さに比例しますです。

 

胡散臭いけどこれはマジだぜ。びっくりしたもん笑

俺はかつて安物の美容液を使っていたが、実家の姉と母が当時学生だった俺には絶対手が出ないようなお高い美容液を使ってたんだよね。もう容器そのものからリッチさが漂う感じの。液自体にも気品のあるとろみがあるからね。

うん。俺はそれを無断で使いまくったし、小瓶に分けてくすねたりしてたわけだが(!)もう全然違う。輝いてたもん。このエピソードを体感すれば高いアイテムは裏切らないということがわかるはずよ。へっへ! 

 

まあお財布事情もあるだろうし、頭に入れておくだけでいいんだ。そんなに輝いても仕方ないしね。

 

勘違いしてほしくないのは、安い奴がヘボいと言いたいんじゃない。

さっきの例みたいに、洗顔料なら安物だってちゃんと洗顔はしてくれるし、化粧水だってちゃんと保湿してくれる。「もっと!」を目指すなら高いものは裏切らないよという話なんだ。

 

第二に、特色に注目する。これは大事だぜ。

どんな美容アイテムにもコンセプトみたいなものは必ずあるんだよね。まあ商売だから当たり前だが、ここはその商売っ気に乗ってやろう。

わかりやすいのはやっぱりニキビかな。洗顔料で「ニキビ用」と謳ってたり、「アクネ菌を強力に殺菌!」みたいな風にCMとかで叫んでる奴。通販ならデカデカ載せてたり。パッケージにも注目。

 

こういうのは自分たちで推しまくってるだけあって、そこに力が入ってるからね。特効薬のイメージ。

 

昔アメリカからある有名化粧品が日本にやってきたが、これがまさにニキビ用を謳っていたわけです。めっちゃ自信ありそうだった。

現実は効果抜群。俺はその時ニキビをあらかた絶滅させたあとなのでついに使うことはなかったが、ブームに乗った俺の姉と友人1名はもうニキビとか存在しないからね。この化粧品は今でもそこらじゅうで猛威を振るってます。高いけどね。

これはちょっと特別なケースだが、特色に注目するいい例だと思うんだ。

 

ニキビだけじゃなく、毛穴に悩んでるなら毛穴のケアに強そうなものとか。ちゃんと必要な物を狙っていくとやっぱり変わってくる。乾燥肌なら保湿に強そうなやつとかね。

 

変わったやつだと光を反射する成分が入ってる奴とかを見たことがあるぜ。光沢が出てツヤッツヤに見える。凄い力技だけどこういう部分を見てみるのも面白いね。名前も覚えてないが、これは見つけたら紹介してみようと思う。

 

第三に自分で選ぶ。あんまりこれは重要じゃないか。

これは美容アイテムだけじゃなくて、健康食品とか英語教材とかなんにでも当てはまる話なんだが、人の評判を完全に鵜呑みにするってのはだめだ。特に美容系は顕著。

個人差云々っていうのもあるけれど、目にする評判の中には必ず嘘や誤解ってのが混じるもんなんだ。ネットの口コミとかもうカオスだからね。

 

使ったこともないのにこき下ろしてたり、逆に褒めちぎってたりというのは論外。まあこれはなんとなく雰囲気でわかるからいいとしよう。

 

始末に負えないのは勘違いだ。

 

せっかく奮発して高い保湿クリームを買ったのに全然綺麗になれない! 

うん。凄く可哀想だね。よく見る。

 

これはさっきの立ち位置の話とも被るんだが、ただ使えばいいってもんじゃあないんだ。

どう使うかとか、続けられるかが大事。これもそうだが、例えば食生活が最高に乱れてたり睡眠時間がおかしかったりすると、どんな高級アイテムを使っても肌が壊れる方が早くなっちゃうからね。

 

別の記事やこの記事の冒頭でも書いているが、外側の努力と内側の努力の両方が実を結んで初めて最高に光り輝くわけよ。片方が死んでしまえば共倒れだし、内側の努力の方が影響がでかいというのもある。

つまり使ってみてどうだったか? という評判だけではそれが真実かどうか全然分かんないんだね。

 

正しく使って、内側の努力もしつつ、自分で判断して選んでいこう。

ヤバイものを避けろっていいたいんじゃなくて、良い物を取り逃がさないようにしようって話さ。

何使っても効果はあるからね。効かない!という言葉を鵜呑みにして理想のアイテムを逃しちゃった・・・とか残念すぎます。

 

ふむ。基本ルールはこの3つだ。

そして選び方の話はここで終わりです。え?

 

というのもこの3つと最初の例さえ押さえていれば失敗なんてほぼ確実に無いし、そのまま正しい選び方になるからですな。そんなもんなんだよ美容アイテムなんて。このそんなもんがでかいんだけどね!

 

それでも「基本ルール」なんていい方をしたのは、最終的には結局自分で使ってみないとわからないからなわけです。

 

本当に突き詰めまくると、「含まれているこの成分がどういう効能を持つのか」とかの本当にディープな話になっちゃうし、併用する他の化粧品との相性とかも出てくる。もうプロフェッショナルの世界だ。

だからこそ後は自分で試してみて、自分だけの理想のコンビネーション・理想の相棒を探していくわけです。雰囲気で選んだっていいんだぜ。

 

でもこれで終わるのは流石にあれなので、ちょっとしたコツというか指針も出しておこう。あくまでも俺の主観なので参考程度にしておくれ!

 

美容アイテムを選ぶ上でのちょっとしたコツ。俺の選び方。

うむ。大雑把にこう選べって言われてもわからんよね。

だからもうちょい具体的な話をしてこの記事を締めよう。美容アイテムを使ったことが一度もなかったりしたら種類以前に何買えばいいかもわからないと思いますし!

 

 

まずは必須アイテムを理解。三種の神器だ。

ズバリ、

洗顔料

化粧水

乳液

 

この3つは安いやつでいいから絶対に持っておくべき。基本中の基本です。

でも必ず3つ必要かと言われればそうじゃない。

 

まあ洗顔料は当然として、化粧水と乳液の役目は「保湿」なので代わるものがあればそれでもいいんだ。めんどいなら「一本で完璧!」的なやつを買っておくと手間が減っていい感じ。

スキンケアっていうのは継続が何よりも大事な理由だが、それを邪魔するのはいつだって「面倒だから」よ。だから手間を減らすための選び方っていうのは意外と大事だ。何が必要かもわからなければなおさら。

 

最早最近は洗顔と保湿を完全に両立する奇跡の様なアイテムもある。これとか

 

これはちゃんとそのうち紹介しよう。いかにも現代的で俺は好きだぜ。全部入りとか欲張りな俺は大好きじゃよ。

 

少なく揃える選び方は一つの攻め方よ。メイク落としと洗顔料を兼用するやつとか。俺は男だから余り縁がないけどね!

難しいことを考えなくていいし、出費も抑えられて最高です。

ただ例外があって、スキンケアではないが、リンスインシャンプーだけはやめておこう。あれは完全に間違ってる。あれは兼用にしては行けない存在。

 

 

うむ。上の3つはあくまでも基本アイテム・・・まあそれで十分だが、実際は色々と細分化されててもっともっと種類が多いですな。単純なスキンケアだけならともかく、化粧関係は凄い細かいし髪とかもあるじゃん。

男性だって他人事じゃないんだぜ。「髭剃り」があるだろう?

 

だからシリーズ物で買うという手もある。

その会社の製品で効果が被ってなさそうなやつをとりあえず全部買っちゃう。シャンプーやメイク落としとかも含めてね。ヘアスプレーとかさ。

まあちょっと痛い出費になるが、給料日直後とかなら攻めて見るのもありだと思うんだ。

 

単純に面倒じゃないというのが第一。何が必要かとかをごちゃごちゃ考える必要なく、とりあえずできることが全部できる。

そして上でちらっと言ったアイテム同士の相性がいいというのもあるね。そりゃあそうだ、作ってるところ同じなんだから。

 

うむ。何よりもやる気の湧き方が違う。これが個人的にシリーズ物最大のメリットだと思うんだ。

これは上手く説明できないんだが、凄く「自分を作ってる」感を感じるんだよ。漠然とした統一感みたいなのが凄い。愛着も出てきちゃう。

また洗面所にアイテムを並べたりした時に映えるのも美味しい。人に見られてどうこうではなくなんとなく自分に酔える。目にする度にモチベーションがでる。これ大事だぜ。

 

楽しく頑張れるってあらゆることで必勝だよね。気分がいいと肌にも良い影響が出るし!

シリーズで揃えるっていうのはそれが凄く簡単にできちまうわけです。ん~!

 

 

そしてこれが最後だが、もう完全にデザインで選ぶというのもあり。やってた。

単純にやる気、モチベーションだけを追求したって何の問題もない。あくまでもおまけですからね。どんなアイテムだって最低限の効果は備わってるわけだ。正しく使えば絶対にマイナスにならない。

 

しかもこれはあくまで俺の経験だが、デザインがいいものってのは効果も高いよ笑

まあ当然だよね。そういうところにこだわれる金があるところが出してるんだから。ちょっといやらしい見方でやんすが。

 

うむ。ブランドものが好きな人いるだろう? あのノリだよ。

シリーズ物と話と少し被るが、やっぱり楽しくないとね。ただでさえスキンケアとかは時間がかかるんだから。ダイエットと違って短期決戦は無理。ならば自分から進んで頑張りたくなるような環境作りも一つの選び方よ。形から入るって言葉もあるし!

 

 

こんなところか。チョコっと書いて終わるつもりが長くなってしまったな。いつもですけどね。

 

まあね。偉そうなことを書いてきたが、別に俺の経験や知識が真理じゃあありませぬ。好きに選べばいいんだよ。自由に攻めろ!

右も左もわからないなら、俺の選び方が参考になるかな! 

みたいな話。そんな話でもう6000字です。

 

まあ俺はこの選び方で初対面でも賞賛される美を手にしたわけですがね!形が良くないから肌と髪くらいしか褒められないけどね!

 

アイテムの話はまたしよう。日焼け止めの素晴らしさとかね。やっぱり知ってるのと知らないのとじゃあ全然違う。運命ごとかわる。

駆け足になったが動かなきゃ美はやって来ませんからな。サボりがちな人もこれから考えてみてはいかがかな?

 - 俺の美容, 知識の泉 , , , ,

01

01

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

一週間 4kg 痩せた
一週間で4kg程痩せてみた。早く大きく短期間で!その方法は?

  一週間で4kg痩せることのできる人間がどれほど居るだろうか! &n …

痩せるとモテる モテない
痩せるとモテるのか?ダイエットだけではモテないのか?男も女も共通です。

  痩せたらやっぱりモテるんですか!? いや、ダイエットしただけじゃあ …

自転車ダイエット 痩せない
自転車ダイエットで痩せると本当に思っているのか?痩せない理由。

  自転車に乗ってダイエットする!痩せるまで諦めない! と言うのは俺の …

ダイエット 筋トレ 必要ない
ダイエットに筋トレは必要ない?意味が無い?「絞る」と「作る」。真逆の考え。

  ダイエットに筋トレは必要ないよ! やる意味が無い。落ちないようにす …

痩せる 医薬品 効果的
本当に痩せるガチの医薬品。現実的、絶対的な効果。必ず注意点を守れ!

  痩せる薬・・・というのは実に甘美な響きですな。 ダイエットの苦痛を …

カシスオレンジ カクテル 味
カシスオレンジはどんなカクテル?度数にカロリー、2層の作り方。

    カシスオレンジ・・・みんな大好きなカクテルですよ。味 …

炭水化物 太る
炭水化物は何故太るのか、その理由。痩せたければ米、麺、パンを食うな。

  炭水化物は太る!だから炭水化物を控えないと痩せないよ! これは良く …

ダイエット 間食 食欲
ダイエット中なのについ間食・・・食欲が止まらない理由、治す方法。

  ダイエット中なのに食べてしまう、食欲が止まらず間食・おやつの誘惑に …

痩せる食事 太らない
痩せる食生活、太らない食事はない? ダイエットの食事メニュー。偏食でデブ。

  やあ、忙しくてなかなか書けぬ。あそびたーい! そして急いで放り出してもボツが …

寝付けない 眠れない
夜寝付けない、眠れない。解消方法を教えてやろう。睡眠のリズムの作り方。

  夜なかなか眠れなくて・・・ 寝付きが悪くて生活習慣が乱れがちなんだ …