話題の泉TWF

*

便秘の原因と解消・予防方法を教えてやろう。悪影響が凄い。身体がひどい。

      2015/12/26

便秘 解消

 

便秘が頑固でなかなか解消できない・・・

予防すら無理!もはや便秘が当たり前! クソっ!!

 

こういう風に慢性的な便秘に悩まされる人は多いと思うんだ。

どうかね? 特に女性陣。

 

便秘というのは便が出なくて苦しいとか、お腹が張ってイライラするとか、そういう直接的な悪影響はもちろん、あらゆる美容や健康・ダイエットにも大きく影響するなかなか憎いやつだ。 

まあこれは下痢も同じですけどね!

 

食べ物を消化していく過程で一番栄養を吸収する作業をするのはどこかって言ったらそれは腸ですな。

もちろん腸にも種類(エリア)があり、便秘で困るのは主に大腸(便の水分を吸収するとこ)なので関係ないと思われがちだが全然そんなこと無いからね。

そして便通が正しくないってことはその辺に大きな問題を抱えてるってことであり、それはそのまま代謝機能(ここでは栄養の吸収・配分)をボロボロにする。こうなるともう全部ヤバイ。美容なんか夢のまた夢。

 

これは一刻も早く解消方法を知って、二度とならないように予防方法も知らなければ! 

ありふれた話題だが、まあ大切ですからね。ちゃんと知っておこう。

 

追記:最近の俺は食事制限を課している(便秘になりやすくなる)のに非常に快腸な日々を送っております。他のこともできている前提だが、凄い破壊力なのでそのうち試してみればいいんじゃないかな。これはもう国が配るべき。

参照:青汁をしばらく飲んでみて・・・飲み方と影響

 

便秘の解消・予防方法! 原因と対策を知れ!

何故便秘になんの? 原因は何?

まずはここから。便秘の原因だ。

なぜ便秘になるのか? 便秘が当たり前になってしまうのはどうしてか?

 

といっても便秘の原因というのは「これ!」と決めつけるのがなかなか難しい。個人差が結構出てくる部分ですからな。「その人の便秘の原因」があるんだよ。しかも結構細かく別れてて特定がめんどい。

 

でも大別はできる。

一般的なもの3つと、病気や薬が原因のその他だ。

 

後者に関しては俺が偉そうに喋ったところでどうしようもできない部分なので、ここでは前者・・・一般的な便秘の原因の「親」になる原因を書いていこう。

 

腸がまともに動かない=便が留まる

これが多分一番多い便秘の原因ですな。弛緩性という名前までついておる。

理屈としては単純で、水分を吸収するのが仕事である大腸にいつまでも残ってるから、極限まで水分が吸収されて固くなる=出にくい。ということよ。わかりやすいですね。

 

まあこの理屈はどうでもよろしい。大事なのは

なんで大腸にいつまでも便が残り続けるハメになるのか? だろう。

 

これも結構単純だが、根本が複雑だ。

一応答えだけ言ってしまえば、腸がまともに動かずゆるゆるになり、ぜん動運動・・・つまり便を先へ先へ送り込む力がヘボくなってしまうと。だから大腸にいつまでも残って便秘になるんだね。故の「弛緩性」という名前なんですぞ。

だけどこの「腸がまともに~」の原因が多い。これが便秘の解消を妨げてくる。

 

腹筋が弱くて動かない、運動不足で体の機能が死んでいる、水分不足で便が固くなりやすい、腸内環境が悪い・・・と盛りだくさんです。

まあ数は多くても結構はっきりした原因なので解消は簡単よ。だがこれはこのブログが得意としているダイエット、特に食事制限をした時にやらかしがちなのがネックだ。弱点の一つなんだよ。

解決しやすいけれど、うっかりなりやすいということですな。

 

腸がカチカチ=緊張しすぎ

腸がカチカチというのは腸そのものが固くなるんじゃなくて、緊張・・・つまり無意識で力が入ってる様な状態になってるってことです。痙攣(けいれん)性という名前がありますです。

腕に力入れるとぷるぷるしちゃうじゃん? あの感じに近いから痙攣性・・・ということだね。「ぎゅっ」てなってるわけだ。

こうして過緊張の状態だと、便がうまく運ばれなくて固くなる上絞られてるので一つ一つのサイズが細かくなる。「うさぎの糞の様」なんて言われることも多いですな。経験ないかね?

 

うむ。これの原因は単純にストレスなんですな。環境が激変したり、失恋したりと精神的な負荷がかかると自律神経のバランスがおかしくなって色々な害悪をもたらしてくるわけだが、その一つがこの痙攣性の便秘です。

と、原因はわかってても精神的なものである以上解消が難しい。まあ力技で全然解消できるけど「その状態を保つ」のが難しい便秘だったりする。予防しにくい面倒な便秘ということですな。

また、この自律神経のバランスの崩壊は下痢の原因にもなったりする。

 

直腸に達しているのに出ない。

これは肉体的に言えばちょっぴり特殊なケースだけど意外と多かったりする。老人と子供に多い。

直腸・・・既にトイレに行きたくなっちゃうエリアまで来ているのにそれに気づかない、あるいは気づいてるけどトイレに行きたくならない状態です。シンプルに直腸性という名前。

あと一歩の状態だが当然肛門近くに陣取っているので出ず、不快感マックスの立派な便秘だ。

 

 

この便秘は「体勢」や「我慢」が原因くだらない理由っぽいけれど、病気や怪我で寝たきりとか、肛門に怪我や病気があって我慢せざるを得ないとか結構どうしようも無いケースも有る。

もちろん人前でトイレに行きにくいとかそういう人もなりやすいね。仕事中で行く暇が無いとかもそうです。

 

排便反射・・・便意を我慢してたり、勝手に我慢しているみたいな体勢だったりするとそれに慣れちゃて特に便秘にならないような人でも結構簡単になる可能性があるニクいやつです。

出そうなのに出ない・・・!という便秘の代表でもあるので嫌われ者でもあります。

便秘の解消方法と予防方法! 難しいことは考えなくていい。

さて! 便秘の種類と原因をざっとおさらいしたわけです。

どうかな? 3種類もあるなんて知ってたかね? しかもそれぞれ原因が違って対処が面倒くさそうですね。む・・・。

 

原因が分かれている以上、

自身の便秘を見極めてそれぞれにあった対策を・・・

 

とか思うじゃん? 実際は面倒そうでも別にそこまで面倒じゃない。どんな便秘だって結局は便が詰まって出ないという部分は共通しておる。

もちろんそれぞれの便秘には有効な対策があるよ。でもそれだけが解決法では無いのです。特効を優先するとそれこそマジでめんどいからね。

 

とりあえず流れさえ作り出してしまえば多少問題があろうとも便秘にはならないし、それがそのまま解消に繋がるんだ。

それに便秘になっているというのが既に悪循環ですからな。既に便秘だと他の便秘を誘発するし、腸内の環境もおかしくなってどんどん面倒なことになる。

ならば根本的な原因の解決は後回しでもいいから、とりあえず便秘自体を終わらせることが肝要なわけだ。後のことはそれから考えればいい。つーか片方解決すれば結構どうにでもなる。

 

大事なのは共通で効果のある方法を選択することよ。

難しいことは考えなくてもいいし、それが結局一番の近道になるんだ。しかも解消がそのまま予防策になるという一石二鳥っぷり!

 

では、いよいよ具体的な方法を書いていこう。

 

下剤を飲む・・・

 

はぁ!? いきなりなにを言い出すんだ!?

 

と思いますですよね。

いや、俺もいきなりこれはおかしいと思うよ。へっへ・・・

 

でも一番有効かつ、手っ取り早いのがこれなんだ。とりあえず悪循環から抜けだしてしまおうということです。まずリセットして、それから攻めていったほうが効率が全然いい。

頑固な便秘っていうのは面倒だからね。さっさと決めちまおうぜって話。良く最終手段とか言われるが俺なら初手にぶち込みますです。 時間がもったいないもの。はっはー!

ただしこれは予防にはならない上に、人によっては飲んじゃ駄目なケースもあるのでこの話はこれでおしまい。下剤で全部解決したらこの記事を書く意味が無い。

 

腸内環境を整える。食事で攻める。

茶番は置いといてマジな話をしよう。

便秘っていうのは腸の問題だ。実際に問題が起きているエリアは大腸なわけだが、往々にしてその前の段階からイカれてるので便秘になっちまうんじゃよ。

だから腸の環境を整え、正しい消化と排便のサイクルを作り出すことが大切なんだ。

 

当然キモになるのは食事だ。矛盾する部分もあるけれど何が重要か考えて上手く攻めていってね。

 

食物繊維を意識する

 

まあ王道だね。色んな所で言われまくってることだけどこれの効果は絶大です。

 

基本的に食物繊維っていうのは吸収されない物質よ。栄養学が発展途上の頃「食べ物のカス」なんて呼ばれていたという話もありますね。

これには単純に直接腸に届いて排便を促す下剤的な役割を果たすと共に、腸内で整腸の助けになる菌を増やしたりする結構な仕事人な側面がある。

正確には水溶性と不溶性の2つがあるんだが、整腸作用に関してはどちらも兼ね備えている上に、特に摂り過ぎで困るようなことは無いという「一人いいとこ取り」が可能になる奇跡の物質です。

 

ただ基本的に普段の生活で摂りにくい上に、ダイエット中なんかだと食事の量が減って尚とりづらくなるというね。手が無いわけじゃないけれど、意識しないと達成しづらい部分でもある。

 

乳酸菌を意識する

 

これもよく言われるアレよ。ヨーグルトや納豆・・・発酵食品系に良く住んでいる乳酸菌を意識するっていうのが大事。浅漬とかね。

 

うむ、乳酸菌は食物繊維と同じように整腸の助けになる菌を増やしたり、果てにはコレステロールや血圧を下げる効果もあるとされる。仕事人だね。整腸という面では食物繊維と被ってる部分も多い。

ただしこれはまだ研究中で、全部明らかになってるわけじゃない。俺も実はそんなに気にかけてない。なくたってなんとかなるし、恩恵を感じた経験が薄いです。

しかも一口に乳酸菌と言っても結構細かく分類も分かれているのでなかなか難しい。知識が必要。

 

でも有か無かで行ったら意識しておいた方がいいのは確実なので一応気にしておこう。使えるものは全部使うスタンス。摂り過ぎで害になるような話はまだ出ていない。

 

食事のリズムを整える。

力技っぽいが多分これが一番効果的な方法の一つだぜ。

腸の状態ももちろん大切だが、それは根本中の根本。いざ排便を促すのは単純な身体の反射だつまり食べることによる刺激なんだよ。

 

こっちの記事でもチラっと書いてあるけれど、食べた後すぐトイレに行きたくなっちゃう人いるじゃん?

食べたものを消化しきって外に出せる状態になるまでは相当な時間がかかるので、その場で食べたものを出してるわけじゃない。けど胃袋に食べ物をぶち込む行為そのものが腸を刺激して排便を促すわけです。

参照:ダイエットに朝食は必要か?食べない、抜くと太ると本当に思っているのか?

 

つまり食べた後と言うのは便秘を解消する大チャンスなわけだ。もちろんまだ外に出せる状態じゃないのに食ってもしかたがないので、適切なタイミングに則って食べるのが重要よ。

大丈夫。難しくない。朝昼晩と決められた時間に食べる癖をつければいい。

 

起床後、身体がちゃんと目覚めた頃に食べて

後は6~7時間置きに食うと。 

例えば6時 12時 19時 という感じだね。

 

注意点は余計な間食を挟んだり、食べ過ぎは避けることよ。

美容の面で足を引っ張るのはもちろん、単純に内臓が疲れて腸の機能が下がる。よーく噛んで消化しやすくしつつ少なく食べる癖をつけるのが大事だぜ。現代人は食い過ぎが当たり前です。

 

「ちゃんと食ってるのに便秘!」っていうのは早食い、どか食い、偏食でこの恩恵を自分から無視しているだけなんじゃよ!

 

ただこれはダイエットと相性が悪く、どちらかを優先すればもう一方は上手く進まない。特に俺の推奨する一日一食との相性は最悪だ。オーソドックス編はなかなか好相性。

参照:ダイエットで食事制限、痩せないなんて嘘だ!

 

ダイエットとの両立を目指すなら、上手く自分で調整したり、他の部分で補ったり、助けになるアイテムを浸かったりと一工夫必要だ。上手く立ち回れば一日一食と快便を両立することもできるけどね!俺のように!!

 

その他 水分と脂質。

 

これは解消というより便秘を加速させる原因に近いのでひとまとめにしてしまおう。腸の状態や反射の他に、便秘解消の鍵になるのは便そのものの状態ですな。

 

まあ人間の身体っていうのは優秀なので、食べ物であれば基本的にどんな物が入ってきてもちゃんと消化して、特別な違いみたいな状態にはよっぽどじゃないとならない。何食ってもそこまで大きな違いは生まれませぬ。

だがこの水分と脂質だけは例外だ。これは便の硬さと滑りやすさに影響するからね。

 

便秘の種類や原因は多くあれど、共通するのは大腸に長くとどまって水分が限界まで吸収された状態=硬い便のせいでスムーズに排便できない状態ですね。

だからこそ水分をちゃんと取ることで便に含まれる水分を増やして、排出しやすいようにしなければ別に便秘になるような人じゃなくても便秘になる可能性が増えてしまうわけよ。

実際に下剤の中には、便の水分を増やして排出を促すものもあるくらいだからその重要性は推して知るべし。

 

これと同じように脂質も大切ですな。

意外と便の中には吸収しきれなかった脂質が含まれてるんだ。脂質と言うのは結局油なので、脂質を極限まで削ってたりすると「潤滑剤」が少なくなってスムーズな排便ができなくなってしまう。ダイエット中なんかはやりがち。

 

便秘解消のお茶やダイエット茶とかあるじゃん?

あれは腸内環境を整える効果とともに、脂質の吸収を阻害するように作ってあったりするんだよ。そしてその効果の確認は便に含まれる脂質の量で確認するわけ。で、便に脂肪が多ければ排便しやすい、と。

故にダイエットに役に立つ、故に便秘の解消に役に立つ・・・ということなんですな。

 

地味だけど効果は絶大だからね。身体に優しい下剤と言ってもいい。

これは完全に余談だったか。

 

運動不足の解消

最後のピースは運動だ。これとても大切ですからね。

これは便秘に有効な運動が云々ではなくて、単純に運動不足と言うのは身体の機能をおかしくして下痢や便秘を誘発するということです。

確かにハードな運動っていうのは内臓に負担をかけてそれはそれで困るけれど、運動不足は運動不足で駄目だ。代謝が悪くなるんだね。

 

 

代謝というとエネルギー消費ばかりが注目されるが、その本質はあらゆる生命活動の根幹よ。当然ここが駄目だと身体の全部の機能が駄目になってくる。もちろん消化系・・・便秘にも大きな影響が出てくるわけだ。

 

これ皆注目してないけど、身体に関わる全てに影響する超重要な要素だかんね。

やる気や活力、健康、美容、アンチエイジング・・・もはや挙げ出したらキリがありませぬ。

その代謝に大きな影響を及ぼすのが運動不足の解消というわけじゃよ。非常に良くない!

 

オススメはなんといってもウォーキングだね。これはわざわざ特別な時間を用意しなくてもある程度できる上に、辛さと効果のバランスが神がかっている最強の運動の一つよ。やり方はこちらを参照。

参照:ダイエットの運動はウォーキングで決まり!超効果的。

 

腹筋も使うので弛緩性の便秘の特効にもなる隙の無さ! 

これは最早便秘じゃなくてもやってほしい。最強だから。最高だから。

 

あとがき 便秘なんて悪影響しかない 早く解消しなさい

やあ、なんとも面白みのない内容になってしまいましたな!

結構当たり前のことですな。真新しい情報でもない。

 

でもこのあたり前のことを知っているか否かってのは大きいし、便秘なんて最早病気レベルの悪循環っぷりだからね。悩まされているんならマジで一刻も早く解消したほうが良い。

便秘なんていうのはざっくり言ってしまえば「便通がない」だけよ。字面だけ見れば大したことなさそうだ。ちょっと溜まってるからってなんなんですか?といいたくなる。

 

でも現実はちがいますぞ。

まず「便秘になるような身体である」というのが問題だよね。

 

確かにお通じが悪いかな・・・なんてことは良くある話だけど、慢性的な便秘の人っていうのはそれじゃ済まされぬ。

栄養の吸収という超重要な役割を担う「腸」がおかしいんだから。

 

だから? と思うかもしれないがそこに問題があるってことは栄養の配分にも影響が出る=身体の機能が全部おかしくなるってことですからね。

髪や肌、脂肪のつきやすさ、頭の働きや集中力、病気のかかりやすさ・・・上でもチラっていったけど、代謝機能の一つが死ぬってことは皆道連れで駄目になるということなんじゃよ。

 

便秘になるような身体の状態っていうのはその時点で結構ヤバイんだ。

もちろんそこまで凶悪な悪影響が出るわけじゃあ無いが、「本来プラスになるもの」が全部ナシになると考えればこんなもんさっさと解消したほうがいいと思わんかね?

 

 

そして一度便秘になればそれがそのまま身体に悪影響を及ぼしてきますね。

便が溜まっているというだけで悪い菌が繁殖し続け腸内の環境をひどいことにするし、毒ガスだって発生する。

不快感はそのままストレスになって自律神経のバランスを乱して別の便秘を誘発したり、他の内臓をおかしくしたりしてしまう。

 

どうかな? 

ただ便秘というだけで根本的な問題が2つもスパイラルしてしまうんですぞ。便秘を許す身体と、便秘そのものによる影響のダブルパンチだ。負のゴールデンコンビ。

だが逆に言えばそれを治すだけで今まで残念だった部分が一気に復活するということでもある。上で書いた悪影響が全部いい影響に書き換わるわけだ。素敵!!

 

内臓の状態の大切さはいろんな記事で叫んでいるけどこの記事でも同じだ。

さっきからちょいちょい言ってるように、ダイエットとの両立は少し難しいが、積極的に攻めていってほしい部分ですな!

 - 俺のダイエット, 俺の美容, 知識の泉 , , , , ,

01

01

Comment

  1. 鈴木 より:

    ありがとう。
    減りました。
    私は55才の更年期真っ最中の女性です。
    今までは有酸素運動と筋トレで減らせたのですが、年齢のせいか、単に生ぬるかったからか半年経っても減りませんでした。
    一日一食を試して、一ヶ月で4キロほど落ちました。
    体調も良く、更年期でもこのメソッドは有効です。
    今後も布教を続けて下さい。

    • 嫁入り より:

      お役に立てて何より! はじめまして、嫁入りです。

      年齢で人間の身体は大分パフォーマンスが変わりますからね・・・極端な話、成長期の中学生には食事制限をする必要すらありません。動きまくればなんとかなります。

      私は昔食事制限はダイエットに置いて悪手だと思っていました。食べなければ不健康だと。
       

      しかし大人になり、内外の活動量が減ってからもうびっくりするくらい痩せませんからね笑

      食べ過ぎで動かない・・・痩せなくなるのも当然です。ダイエットしても痩せないのは食べてるからですからね。もう若い時の手は通用しない。
       
       
      55という年齢ですら効果が出る・・・ これを確認できて非常にありがたいです。

      バシバシ広めていきたいと思っております! 近道があるのに使わないのはもったいないですからね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ダイエット 運動 ウォーキング
ダイエットの運動はウォーキングで決まり!超効果的。痩せる方法シリーズ。

  ダイエットに効果的な運動と言ったら何を思い浮かべるかね? &nbs …

青汁 影響 飲み方
青汁をしばらく飲んでみて・・・。飲み方と影響。一食でも便秘にならない!

  先日青汁について書かせてもらいましたな。 最近の俺のトレンドよ。今 …

女子中学生 ダイエット2
中学生女子のためのダイエット方法を兄さんが教えてやろう。楽だし痩せる!

追記:すごく評判がよくて感無量。成功した方々にはこの場を借りておめでとうといいた …

食事制限 危険
食事制限は危険?健康のリスク、間違った2つのやり方。注意点

  食事制限は危険であり、健康を害するリスクが有る・・・ と言うのは完 …

代謝 影響 いいことしか無い
代謝を上げる、戻すとは? 体重や肌の影響。痩せるし綺麗になるしでいいことしかない。

  代謝を上げると~ とか 代謝が戻ることで~ とかよく見るじゃん? …

寝付けない 眠れない
夜寝付けない、眠れない。解消方法を教えてやろう。睡眠のリズムの作り方。

  夜なかなか眠れなくて・・・ 寝付きが悪くて生活習慣が乱れがちなんだ …

寒い 痩せる
冬のほうが痩せる、寒いほうが痩せる理由を知りたいかね?

冬の方が痩せる!いやいや、夏の方が・・・と言うのはいつだって話し合われてきたな。 …

ダイエット成功 5kg 体験談
ダイエット成功?もう5kg落ちた。やったこと、気をつけたこと。間食・飲酒あり!

  ダイエットに成功したぜ!簡単!楽勝!速攻! と言っても俺はそんなに …

Illustration of a person holds a red heart
恋愛のコツを経験から語る。男性向け。学生から社会人まで。

  恋愛のコツ・・・いい響きだね笑 男性なら(女性でも)気になるところ …

暑い 夏 痩せる
夏のほうが痩せる?暑いほうがダイエットにいい?むくみと汗。

  夏のほうが痩せる!暑い時のほうがダイエットにいい!私はそうだった! …